FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAが国際宇宙ステーションの商用利用を許可。民間人の「宇宙旅行」が実現可能に。宿泊費用は一泊380万円ほど
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!
iss-11114_640_e


 先日NASAが国際宇宙ステーション(ISS)の商業利用を認める方針を発表した。



 これまで民間の組織に許されていたのは研究目的に限っての利用だったが、今回は商業利用まで含むもの。



 その狙いは、収益をISSの運用費用に充て、今後の宇宙開発計画に注力することだそうで、早ければ2020年にも「商業宇宙旅行」が認められることになる。


国際宇宙ステーションの宿泊費用は一泊380万円程度



 この商業宇宙旅行とは、NASAのいう「プライベート宇宙飛行士ミッション」のことだ。NASAでは、毎年2回12人程度の短期プライベート宇宙飛行士ミッションをサポートする予定だとのこと。



 年間2回12人程度とかなり人数が限られているので、でもお高いんでしょう? とお考えのことだろう――うん、確かに安くはない。


 まず宇宙に行くからには生命維持装置やトイレが絶対に必要だろう。そのお値段は1人あたり1日11250ドル(120万円)。



 食料などの補給品はさらに高額で1日22500ドル(240万円)。このオプションには「食料、空気、クルー支給品、物資、医薬品、運動器具」が含まれるのだが、ご覧の通り空気が含まれているのだから外すわけにはいかない。



 これに電気代やら貨物費用やら諸経費を合わせると、1泊で35000ドル(およそ380万円)程度になるという。



 確かにお安くはないが、一泊数百万なんていう超高級ホテルもあるわけで、それに比べればべらぼうに高いわけではなさそうだ。


 だが肝心なのは運賃である。これに運賃を加算しなければ国際宇宙ステーション(ISS)に到着することはできないし、地球に戻ってくることもできない。

international-space-station-67774_640_e
<

気になる往復運賃は?



 ISSへの往復は、スペースXなどの民間企業がアメリカで開発中の宇宙船が使われるそうだが、お値段は約5800万ドル(62億円)


 ――むう、やっぱり普通の人では無理なようだ。



ISSでの製造とマーケティング活動の許可



 NASAではISSでの商業目的の製造・生産とマーケティング活動を認めるという新指令も発表している。



 だが、なんでもかんでも好き勝手にやっていいというわけではなく、NASAのミッションと関連性がある、低軌道経済を促進する、あるいは実際に無重力環境を必要としている、といった条件を満たしていなければならない。



 ちなみにISSまで荷物を運ぶために一番お手頃な貨物オプションは1キロあたり3000ドル(約32万円)。さらにそれをISSで廃棄しようと思えば、同じだけの料金がかかる。



 もし持ち込んだ荷物が大切なもので、地球に持って帰りたいというのなら、お値段はその倍、1キロあたり6000ドル(64万円)。そのときに電力や生命維持装置を必要とするならば、さらに追加料金を支払わなくてはならない。



1_20190611145943c0a.jpg


NASA

低軌道の経済活動へ向けて



 NASAは、産業にISSを利用してもらい、新しい低軌道居住環境が開発されることを望んでいる。



 そのためにISSのノード2モジュール「ハーモニー」には民間企業向けのドッキングポートが作られている最中だ。



 また2017年には、ノード3「トランクウィリティ」に、貨物利用限定で民間エアロックのドッキングを認めた。



 こうした商業活動には、ISSが持つ年間リソース(宇宙飛行士の時間と積載量を含む)の5パーセントまでが割り当てられるそうだ。



References:NASA is opening the ISS to commercial business and more private astronauts - The Verge/



☆今のところ、宇宙なんか行っても全然おもろないぞ!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
スポンサーサイト

33億年前の火山岩から宇宙が起源の有機体が発見される(南アフリカ)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

0_e


 南アフリカに横たわる33億年前の岩石の中から、宇宙が起源とされる有機分子が発見されたそうだ。



 メタンからアミノ酸まで、有機分子が宇宙に存在することはすでに知られている。そして、おそらくそれらのいくつは炭素を含む隕石に乗って地球に持ち込まれたことだろう。



 だが今回発見されたものは、そうした地球外分子のサンプルとしては最古のものである可能性があるという。

火山岩の堆積層から地球外の有機分子



 南アフリカ東部とエスワティニ(旧スワジランド)にかけて、マコニワ山脈やバーバトン緑色岩帯と呼ばれる小さな山脈が横たわっている。



 そして、そこにある7~20メートルも堆積した33億年前の火山岩層を「ジョセフダル・チャート(Josefdal Chert)」という。

 

 『Geochimica et Cosmochimica Acta』に掲載された研究によると、その火山灰の層の間には、火山活動があまり活発でなかった時期に積もった、どこか岸辺のように水の影響を受けたような炭素の層があるという。



 研究チームは、そこで採取された切手くらいの大きさのサンプルを薄くスライスして、そこにある電子がゆっくりと変化する磁場にどのよう反応するのか確かめてみた。



 するとスライスの中からいくつか異なるシグナルが発見された。そのほとんどは地球上で見られる炭素シグナルだったが、スライスの1枚からは炭素を含んだ隕石(つまり有機物)を思わせるシグナルが見られた。



1_e0
バーバトン緑色岩帯の衛星画像:NASA


いかにして33億年を耐えたか?



 そこに地球外を起源とする物質があったこと自体は驚きではない。現在でもそうであるように、古代の地球でも、小さな隕石が落下して、有機炭素分子が持ち込まれることはあっただろうからだ。



 やや意外だったのは、33億年が経過しているというのに、こうした物質がいまだに検出できるだけ十分に残っていたことだ。



 その説明として、おそらく隕石が衝突して大気中に塵の層を作り出し、それが落ち着いてから解析された地層が形成されたのだろう、と仮説が立てられている。





Extraterrestrial Organic Matter Discovered In 3.3-Billion-Year-Old olcanic Rock



地球外生命の痕跡なのか?



 これはたった1つの証拠に過ぎないし、33億年前に堆積した文字通りの分子というわけでもない。それでも、こうしたものがあるのだと知っておくことは重要だ。



 研究者たちは、火星をはじめとする他の惑星にかつて生命が存在したのではないかと調査を進めている。すべての生命体は主に水と有機物で構成されているために、彼らもまたこれらを探している。



 注意が必要なのはこの点だ。隕石が作り出した堆積物に有機物が含まれているのならば、それが生命の痕跡に見間違われる恐れがあるのだ。



 したがって生命の痕跡を探す研究者は、それが隕石に由来するものなのか、本物の生命の痕跡なのか、きちんと見分けなければならないということだ。





パンスペルミア仮説なら?



 だが別の考え方もあるかもしれない。それは、こうして隕石によって運ばれてきた有機物が本当に生命の起源だったという可能性だ。



 これを「パンスペルミア仮説」という。



 この仮説は、有害な宇宙線が飛び交う宇宙空間に生命のタネが存在するはずはないと否定されてきたが、最近では隕石の中なら宇宙線から守られることや、大気圏突入の負荷に微生物が耐えられることを示した研究もあり、ただの与太話ではなくなってきている。



 いずれにせよ、地球に存在する岩石が、それ自身の歴史の記録であるばかりか、じつは太陽系全体の壮大な歴史の記録でもあると分かるだけでも驚きだろう。



References:Extraterrestrial Organic Material Discovered In 3-Billion-Year-Old Rocks | IFLScience/

☆どっちの説も正しいような気がするが・・・!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

地球外生命体が発見される日はすぐそこまで来ている。早ければ2021年にも(オーストラリア研究者)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

science-fiction-1545307_640_e


 地球外に生命体はいるのか?いるならなぜ出会えないのか?

 人類が宇宙について知れば知るほど、その謎は我々の心を惹きつけ、フェルミのパラドックスなど、様々な説が提唱されてきた。



 だがもしかしたら、その問いに答えが出る日は案外近いかもしれない。



 オーストラリア・メルボルン大学のキャタル・オーコネル博士は「地球外に生命体を発見する日は着実に近づいており、その時代はすぐそこまで来ている」と話している。

ハビタブルゾーンに宿る生命体



 天文学者たちによるとハビタブルゾーン(宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境と考えられている天文学上の領域))に存在する地球のような惑星は400億存在すると言われている。



2_e0
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた26万5000の銀河 image credit:NASA




 太陽系から最も近い恒星と言われる「プロキシマ・ケンタウリ」はその一つである。たった4光年先のプロキシマ・ケンタウリは近い将来、私たち人類の移住先として候補に挙がっているのだ。

 地球が誕生した後、比較的はやく生命を生み出した事を考えると、他の銀河系でも同じようなことが起きていてもおかしくないと、オーコネル博士は考えている。



生命という物は神秘ではあるものの、化学の世界から見たら何ら特殊な事ではないのです。炭素・水素・酸素などの元素が集まる事で生命は出来ており、それらの元素は宇宙でも多く見つけることが出来るからです。



更に構造的に難しいアミノ酸などの痕跡も彗星から見つかっており、火星の土や6500光年離れた惑星間にあるアルコールガスからは別の物質も見つかっているので、生命が他の惑星に宿っている可能性は十分にあると言えるでしょう


 初の太陽系外惑星は1995年に発見され、その後天文学者たちによって数多くの惑星が発見されることとなった。



globe-2150324_640_e


火星に生命体がいる可能性を示唆



 また彼はまたオーコネル博士は私たちの太陽系にも他の生命がいると考えている一人である。



 彼は火星の地下にはまだ水が存在していると強く信じている。火星に地球と同様のメタンガスが発生していることがその証明になるという。



 メタンガスの多くは生命体から発せられる場合が多く、火星のメタンガス濃度が季節によって上下している事を考慮すると、火星に生命体が存在する可能性は十分にあると言えるのだそうだ。



 オーコネル博士によると、火星の生命体は欧州が主導している火星探査計画「エクソマーズ」によって早くとも2021年には発見されるだろうと語っている。





Rosalind, pronto il laboratorio di ExoMars


References:express

☆発見したとて、たいした話題にならん程度の生物じゃ!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

fantasy-4164735_640_e


 アメリカ国防総省(通称ペンタゴン)の報道官が「未確認大気現象(UAP :unidentified aerial phenomena)」に触れながら、UFOの調査を行っていたことを認めたそうだ。



 それは「高度航空宇宙脅威識別プログラム(Advanced Aerospace Threat Identification Program)」の一環として行われたもの。



 同プログラム自体は2012年に終了していたのだが、ペンタゴンはその後も引き続きUFOの目撃情報を調査しているのだという。

国防総省報道官が軍によるUFO研究の存在に言及



 報道官のクリストファー・シャーウッド氏は、ニューヨークポスト紙に対して次のように語っている。



国防総省は、管轄区域内にあるあらゆる航空機をはっきりと識別し、自国にとって脅威となる可能性がある外国の能力を特定することに常に関心を払っている。



 国防総省は、国土の防衛と敵国による戦略的奇襲に対する備えを確実なものにするため、通常の手続きに則り、米軍飛行士が遭遇した未確認航空機の報告について、引き続き調査を行う。


ufo-2144920_640_e


この暴露話の裏にはイギリスの影響も?



 この件について、UFOや陰謀論の著名なイギリス人研究家ニック・ポープ氏は、「驚くべき暴露話」だと次のようにコメントする。



従来の公式声明は曖昧で、懐疑論者が主張するように、高度航空宇宙脅威識別プログラムの関心が、ただ単に航空機・ミサイル・ドローン等の次世代航空脅威についてのものという可能性を残していた。



 だが今回の発表によって、彼らが本当に世間でUFOと呼ばれるものを調査していたことがはっきりした。



 また、それはイギリスの影響も匂わせる。というのも、UAPという用語は、イギリス国防省がUFOという用語に染み付いたポップカルチャー臭を抜き去るために利用していたものだからだ。


 UFOという用語は、先日海軍が空で目撃されるミステリアスな物体に関する報告処理手続きを正式に改定したことを受けて、未確認大気現象(UAP)という用語に言い換えられている。



landscape-1328858_640_e


UFOに関する近年の米政府の動向



 じつはここ数年、米政府はUFOに関心があり、調査をしていることを認めることにやぶさかではない。



 2017年、元国防総省職員のルイス・エリゾンド氏が、2200万ドル(約24億円)が投じられた高度航空宇宙脅威識別プログラムの存在を暴露しニュースになったことは記憶に新しい。



 同プログラムは、米軍の監視網や人々の目撃談を通じて報告されたUFOの正体を特定し、それが国防上の脅威になる可能性があるかどうかを判断することを目的としたものだった。



 そうしたUFOの一例としては、米軍の戦闘機スーパーホーネット2機のパイロットが訓練中に目撃したものが有名だ。





2004 USS Nimitz Tic Tac UFO FLIR footage



 パイロットによれば、謎の飛行物体は全長12メートルほどの楕円形で、白っぽく、地面の上に浮いていたという。



 煙のようなものは出ておらず、翼もプロペラもなかった。それなのに移動速度は秒速1.6キロにも達しており、パイロットらが接近を試みるとあっという間に逃げて行ってしまった。



References:.unilad / dailymailなど/

☆向こうからわざわざ会いにこんやろなぁ!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

エイリアンとか何かやってる?彗星67P(チュリュモフ・ゲラシメンコ)から発生する奇妙な音の正体は?
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

top


 今からおよそ5年前、探査機ロゼッタによって有益な観測や発見が行われたことで知られる67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。



 当時のサンプルなどから、この彗星に微生物の可能性を示唆する説も浮上してるが、ネット界隈ではそれどころじゃない突飛な説も浮上している。



 その主張はなんと「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星はエイリアンのメッセージを流している」というもの。

 

 も一つおまけにあのアヒルっぽい形の彗星が「エイリアンの像」だというから驚きだ。一体どういうことだってばさ。

再生時音量注意

Comet P67 slowed down singing. UFO Sighting News.





「彗星が出す音」を聞きやすくした動画



 動画はエイリアンの専門家を名乗るスコットCウォーリングが投稿したもの。彼はこの彗星がエイリアンの放送媒体だと主張する。



この音はエイリアンからの通信…なのか?

スクリーンショット-(927)


 また音の出所については「P67彗星の歌声を私たちが聞き取れるように速度を落としました」と説明している。



 詳細は不明だが「彗星の歌声」とは、2014年に欧州宇宙機関が公開した、ロゼッタがとらえた彗星の振動データの周波数を人間が聴けるように変換処理した音を指しているようだ。



ESAが公開した彗星の歌(音量注意)





 つまり、もう聴けるようになっている「彗星の歌声」をちょっといじっただけっぽい気もする。それは何を意味するのだろう?





音はエイリアンのメッセージで形はエイリアン



 さらにウォーリングはこう続ける。



「この音はエイリアンが作って彗星に乗せたメッセージです。目的はテリトリーの誇示か、特定のレベルに達した種のテスト、もしくは調査です」



 つまりチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星はエイリアン所有の放送局のようなもので、なにがしかの生物の実験農場でもある…のか?



 また彼によると「彗星が発する信号は発信者の身元を明かすと同時に、受信者側の情報などを完全に把握できるようになっている」らしい。



スクリーンショット-(929)


 これだけでも驚きだが、ウォーリングの主張はまだ続く。



 「初めて明かすことだと思いますが、この彗星はエイリアンの胸像です」



 まさかエイリアンそのものを表す像だとは…灯台下暗しとはこのことか。





衝撃の主張にコメントが殺到



 次々とぶち上げられるウォーリングの主張にコメントが殺到。そのなかには彼の主張を支持する声もあった。



 ・スコット、素晴らしいよ!これは世界的なニュースに値する。

 ・誰かが曲にすべき見事な音だ。


 一方で、皮肉なコメントも見受けられた。



・おめでとうスコット!君が科学の専門家かどうかは全くわからないが、多くのユーチューバーは十分な科学的知識が無い普通の人たちなんだよな。





太陽系で最も炭素の豊富な天体



 2014年、欧州宇宙機関の探査機ロゼッタは10年の長旅を経て、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星にたどり着いた。



2014年8月に撮影されたP67彗星

1_e
image credit:ESA


 その後2年にわたり彗星を周回し、貴重なデータを集め続けた。



2_e
image credit:ESA


 それを分析したロゼッタチームは彗星から放出される塵のおよそ半分が有機物質と明かすなど、重要な発見で世界に衝撃をもたらした(関連記事)。



 この分析に携わったある科学者は「我々の知る限り、ロゼッタの彗星は太陽系で最も炭素の豊富な天体です」と述べている。



3_e
image credit:ESA


 まあ、この彗星がエイリアンの農場という線も無くはないかもしれない。というかエイリアンの像っていろんな意味ですごいぞ!と思う今日この頃だ。



References:express / youtubeなど

☆最近彗星関係多いが、地球に衝突せんやろな!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.