環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙人が存在する場所は、ガス惑星を公転する衛星かもしれない(米天文学者)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

no title


 科学者らは近年、私たちの太陽系にあるような土星や木星といったガス惑星を公転する衛星に地球外生命体が生息している可能性を探っているという。



 ただしそれは太陽系ではない。ガス惑星とされる土星や木星は太陽から離れており、エウロパやエンケラドゥスといった惑星は気温が低すぎる為、生命がいる可能性は限りなく低いと考えられる。



だが、カリフォルニア大学リバーサイドの天文物理学者スティーブン・ケーン氏によると、太陽系外には121種のガス惑星が存在すると推測されるそうで、これらの惑星の中には、生命が居住可能だと言われるハビタブルゾーンに位置しているものもあるという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

惑星だけでなく衛星も要チェック



 我々の地球のある太陽系内には8つの惑星を公転している衛星が175個存在しているという。その衛星の殆どが土星と木星を衛星しており、太陽から遠すぎる為、生命が宿る可能性は低いそうだ。



 だが、土星や木星のような惑星が遠い宇宙にも存在していて、それらは太陽にもっと近い場所に存在している可能性もあるという。



 地球外生命体を探すのならば、惑星だけに絞らず、衛星も含める事でその可能性が大幅に上がるという。



astronomy-2061581_640_e




太陽系外惑星の衛星は観測しづらいのが難点



 こういった太陽系外惑星の衛星を観測する場合、衛星は公転している惑星と合わさった時に発生する影のみしか、地球からは観測できない。



 地球に届くほどの大きい影はそれだけ巨大な衛星によってしか得られない。こういった理由から太陽系外惑星の衛星というのは非常に観測しにくいものだという。



 サウザンクイーンズランド大学のミッシェル・ヒル氏は今回の発表について前向きにとらえている。ハビタブルゾーンにある惑星とその衛星の存在を探ることが、地球外生命体の発見につながることがわかれば、より精巧な望遠鏡の開発を後押しするであろうと語っている。



☆最近、宇宙人なんか見つけてどうすんねんと思う!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト

不妊と関連するかもしれない、まったく新しい構造の精子が発見される(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e11


 昨今、精子は困難な時代に直面している。1回の射精に含まれる精子の数は年を追うごとに減少し続けている。



 2017年の研究によると、欧米人男性の場合、約40年の間(1973年~2011年)に、精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少したという。



 また、日常的な家庭用製品の化学物質が精子を劣化させているという報告もあった。精子の数の減少や劣化は男性不妊の原因の1つと考えられている。



 科学者はいつの日かそれの代用となるかもしれない人工精子を開発しているそうだが、今回、更にそれに追い打ちをかけるような研究結果が報告された。

  

 不妊や流産、出生異常など、あらゆることに部分的に関連するまったく新しい精子の構造が発見されたのだそうだ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

精子に存在する異型中心小体



 生物学の授業で、「細胞の細胞質内にある中心小体という構造が細胞分裂を助ける」と教えられたことを憶えているだろうか。



 アメリカ・トリード大学、トマー・アビドー=レイス氏率いる研究チームが発見したのは、精子には彼らが「異型(atypical)中心小体」と呼ぶ、第二の中心小体があり、いくつもの変わった特性があるということだ。



 まず、両者は同じ機能を有しているが、見た目はまったく違う。



Centriole3D_e
中心小体の三次元構造 image credit:wikipedia/creativecommons


 「異型中心小体の形成と機能における異常は、原因不明の不妊となり、治療方法がない夫婦の根底にあるものかもしれません」とレイス氏は述べた。



 「それはまた初期の妊娠損失や胎児の発育不全においても役割を果たしているかもしれません」





最初から精子の中にあった第二の中心小体



 機能する中心体を作るには2つの中心小体が必要だが、これまで精子が卵子に与える中心小体は1つだけで、受精後に複製されるのだと考えられていた。



 「母親の卵子は中心小体を提供せず、父親の精子で特定されているものは1つだけだったため、受精卵の2つめの中心小体がどこから来るのか知りたいと考えていました」



 「これまで見過ごされてきたのは、構造とタンパク質の組成という点で、既知の中心小体とはまるで異なっていることが原因でした」とレイス氏。



 第二の中心小体は重複されるのではなく、最初からそこにあったのだ。

 だが変わった見た目だったために誰も気が付かなかった。



 異型中心小体は、タンパク質のすべての補足物の小さなセットを保有しており、これによって受精後に完全かつ機能する中心小体を作り出すことができる。



iStock-637414116_e




異型中心小体が必ずしも原因かどうかはわからない



 果たして、この構造が不妊に関する全問題の元凶なのだろうか?



  今のところ先走るわけにはいかない。第二の中心小体は、これまで原因不明だった不妊、流産、出生異常について新しい研究分野となることだろう。



 だからといって、異型中心小体が必ずしも原因であるとはかぎらない。



 研究は『Nature Communications』に掲載された。

References:media.utoledo / nature/

☆見逃しとっただけかい!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


異星人は気象変動によって滅んだ。人類も同じ運命をたどるかもしれないという研究結果が報告される(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

iStock-665571894_e


 我々が探し求めてきた異星人はすでに気候変動によって滅んでしまったのかもしれない。そして、人類もまた同じ運命をたどるかもしれない。



 とする研究結果が、アメリカ、ロチェスター大学の天体物理学者アダム・フランク教授らの研究チームにより報告された。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

異星人文明の興亡をシミュレート



 『Astrobiology』に掲載された論文では、人為的な気候変動について「1万光年」の視点で取り上げている。



 かつて地球上に実在したが、滅亡してしまった文明を基にした数学モデルを用いて、文明が天然資源をエネルギーに変えるという前提で、様々な異星人文明の興亡をシミュレートした。



 我々人類が築いたようなエネルギー集約的な文明を築いたいかなる若い文明も、物理法則によって、惑星からフィードバックを得ることになる。



 この宇宙の文脈における気候変動を調べれば、今地球に何が起きているのか、これに対してどのように対処するのか大切な洞察を得られるという。



end-time-2310776_640_e




文明がもたらす惑星へのダメージは思った以上に深刻



 その結果は、概ねかなり陰鬱なものだ。エネルギー集約的な文明における一般的な4つシナリオのうち、3つまでが滅亡した。



 生き残れたのは、文明が自らに起因する惑星へのダメージを認識し、それに適切に対処した場合のみだ。



 ただし、正しい行動を起こしたとしても、もたもたしていた場合は手遅れとなり、やはり崩壊する。



hands-864037_640_e




異星人文明の結末、4つのシナリオ



 シミュレーションのモデル作りは、イースター島から始まった。



 イースター島はこうした目的にはうってつけの事例が豊富で、しばしば世界の持続可能性に関する教訓として取り上げられるほどだ。



00


 論文によれば、イースター島の居住者は資源を枯渇させ、それによって飢餓が発生し、文明が崩壊した、と多くの研究から指摘されているという。



 イースター島の人口減少と資源枯渇のモデルから、有限な天然資源に制約された異星人文明の結末には4つの可能性があることが発見された。



1. Die off(大量死)

1_e15
image credit:youtube


 1つめは「Die off(大量死)」のシナリオである。



 文明の人口が短期間で急増し、エネルギーが大量に消費されるとともに、温室効果ガスが排出され、それに応じて惑星の気温も急激に上昇するというものだ(なお本研究における気温は、温室効果ガス汚染が地球の居住可能性に与える人為的な影響から推定されている)。



 しかし気温の上昇によって生存が難しくなるにつれて、汚染速度は突如として減少する。やがて汚染は一定に落ち着くが、その時点でそれまでの人口の一部しか残っていない。フランク教授によると、この種の変化を複雑な技術文明が生き残れるのかどうかはっきりしないという。



2.Sustainability(持続可能) 

2_e15
image credit:youtube


 2つめは、「Sustainability(持続可能)」シナリオだ。



 人口と惑星気温は急激に上昇するが、現在の資源管理では自然への悪影響が大きいと文明が認識した時点で、気温は安定する。



 この均衡に達するには、原油のような惑星に負荷のかかる資源から、太陽光エネルギーのような持続可能な資源に転換しなければならない。これなら文明は生き残ることができる。



3. Collapse without resource change(資源転換なしの崩壊)

3_e15
image credit:youtube




 3つめは、「Collapse without resource change(資源転換なしの崩壊)」と呼ばれるものだ。



 人口も気温も短期間で劇的に上昇するが、このシナリオの場合、基本的資源の枯渇によって人が死に始めると、それまでの住民は絶滅してしまう。文明が徐々に死ぬか、完全に崩壊してしまうかは、環境の感度と人口増の速度による。



4. Collapse with resource change(資源転換ありの崩壊)

4_e14
image credit:youtube


 文明が環境のダメージに気がつき、持続可能資源への転換を図ったとしても手遅れである場合がある。それが4つめの、「Collapse with resource change(資源転換ありの崩壊)」だ。文明は一時的に人口減少を停滞させることができるが、結局は滅亡する。





手遅れになる前に



 持続可能な未来と滅亡とを分けるものは、そこで暮らす者の予測能力だ。



 自分たちが惑星を破壊していることに早い段階で気がつき、それを速やかに行動に移すことができるのか、それが問題なのだ。フランク教授は、人類はこの違いを真剣に受け止めねばならないと話す。



 さあ私たちは今どのシナリオをたどっているのだろうか?





Could Alien Civilizations Predict the Fate of Our Planet?


☆諸説ありやで・・・!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


宇宙に咲く薔薇のよう。渦巻銀河「NGC 3256」を撮影した驚くべき写真
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スクリーンショット-(1446)


 人類にとって宇宙は死をもたらす罠でもある。一度かかったら最後、私たちの脆弱な肉体は無数のブラックホールと有毒ガス渦巻く嵐に切り裂かれてミンチにされそうだ。



 しかもその工程時間は光速よりも短い時間で済むかもしれない。



 だが先月末、そんな恐怖すらどうでもよくなるほど美しい銀河、 ほ座(Vela)にある渦巻銀河「NGC 3256」の画像が科学者によってもたらされた。



 比類なき「宇宙のバラ」と称されネットを駆け巡る魅惑の銀河。ハッブル望遠鏡がとらえたその姿にズームインだ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



Zoom-in on NGC 3256



宇宙の花のようなスパイラル銀河



 上の動画は暗い宇宙に開花したゴージャスな渦巻銀河NGC 3256の映像だ。



top
image credit:youtube


 その光景は地上から夜空に浮かぶ「ほ座」を構成する星々に焦点を当てた視点で始まり、光学望遠鏡の詳細な観測データに基づいて拡大され、欧州宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡がとらえたNGC 3256の画像で終了している。



nowwwjpg_e
image credit:ESA/Hubble, NASA


 宇宙に咲き誇るバラにたとえられているNGC 3256。地球の外に咲き誇るこの銀河は、大規模な銀河の衝突の証でもあるという。





銀河の衝突で生まれた高光度赤外線銀河



 「ほ座」からおよそ1億光年離れた位置にあるその銀河は、およそ5億年前に2つの銀河がぶつかり合って形成された。



スクリーンショット-(1442)
image credit:youtube


 数千億の星団が恒星状天体の群れともつれあって融合し、天の川に匹敵する途方もない大きさの銀河を生み出したのだ。



スクリーンショット-(1443)
image credit:youtube


 なお、NGC 3256は高光度赤外線銀河に分類されている。それは太陽の千億倍明るく、生まれて間もない星たちが育つ場所を意味する。





ガスや塵から生まれる光のショー



 2つの銀河が融合するとき、その星たちが衝突しあうことはめったにない。それらは途方もなく離れているからだ。



 その代わり、2つの巨大な星系のガスや塵が数珠つなぎになり旋回し始め、結合がもたらした驚異的な重力がこの銀河を支え始める。



 その結果、このように白くまばゆい光のショーが開催されるという。



171927web-1jpg_e
image credit:ESA/Hubble, NASA


恒星の一生を教え、宇宙の怖さを忘れさせる銀河



 NGC 3256の中央には1000以上もの明るい星団がみられる。それだけでも驚きだが、それぞれの星のガスや塵のすべてがさらに多数の星を生むという。

 

 そして天文学者はこの特殊な銀河から恒星のライフサイクルを学ぶのだ。



 地球上では息絶えた生物が、他の生物の糧となりその成長を促すが、宇宙で死んだ2つの銀河は結合し、宇宙で最も美しい花々を開花させる。



スクリーンショット-(1445)
image credit:youtube


 しかし油断は禁物だ。いくら息をのむほど美しい「花」を咲かせても、人間の息の根を実際に止めてしまう宇宙の恐ろしさは変わらない。



 きらめく星々にかたどられて渦を巻く見事な銀河。それは画面の向こうだからこそうっとり眺められるのだ。



References:inverse / youtubeなど

☆別に驚かへんねんけど・・・!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


神経科学者が人間の予知能力の証拠を発見?(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

no title


 未来が見える予知能力は、長い間、神話や伝承、SFのテーマのひとつだった。遥か遠くの出来事をその場にいないのに見通す行為はフィクションの中だけの話とする一方で、予知や予言のようなものがありえるかもしれないことをうかがわせる科学的な研究もある。



 2016年のオーストラリア研究では、人間にはいわゆる直感や第六感と呼ばれるものが存在し、それが物事を決断するときに役立っている可能性があるという



 最新の研究によると、研究者たちが予言的先行行動(PAA)と呼ぶ現象の科学的証拠が発見されたという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

未来を予知するということ



 量子物理学、四次元の時間結晶(タイムクリスタル)、予言的な人工知能システムの進歩が、未来を予知する時間と能力についてのわたしたちの理解を込み入ったものにしつつある。





 だが、時間を歪めるこうした方法はすべて、技術の進歩や素材頼みだ。人間の真の予知能力、つまり霊的な能力だけで未来を見通し予言する能力は、まだファンタジー世界のものだという域を出ない。



 これまで、直近の未来を予測したかに見える人々の話や報告はたくさんあるが、これらは説明のつかない変則事項か、確証バイアス(都合のいい情報ばかりを集めて反証情報を無視する傾向のこと)の結果だと言われることが多い。 もしくは、広く一般的に考えられている概念や推論をベースにした、安っぽい隠し芸だとされた。



 しかし、『Frontiers in Human Neuroscience』に発表された新たな研究は、研究者たちが予言的先行行動(PAA)と呼んでいる現象の科学的証拠を報告している。



third-eye-2886688_640_e




過去のデータから人間の予知現象を分析



 これをはっきり予知と呼ぶところまではいっていないものの、この現象が予知(なにかが実際に起こる前にそれが起こることを意識的に知っている)に似ているものらしいことに注目している。



 論文を発表した神経科学者チームは、この30年以上の間に発表された研究を吟味したメタスタディ(過去の研究の問題点を見いだし、新しい視点から次の研究へと発展させていく方法)を行って、似たような予知現象を調べたという。



 完全に無作為に選ばれるため、予測不能な未来の出来事を予言する、予言的先行行動(PAA)は、30年以上にわたって調査されてきた。最近の保守的なメタ分析でも、この現象は本物だということうかがえる。



iStock-690224006_e




予知現象は起こりえるという結果



 神経科学研究者同士が互いに評価し合う最前線の出典『Frontiers in Human Neuroscience』のような雑誌にとっては、これはかなり厳しい発表だった。



 論文の著者は、予知現象はまだよく理解されていないとしながらも、分析の結果は、この発見が問題ある研究行動(QRP)や生理学的産物、脳スキャンに影響を与える可能性のある被験者の肉体が起こす行動などによって、説明できるものではないことを示している。



 QRPでも、期待バイアスでも、生理学的産物でも、PAAを説明できないようだ。



iStock-694005100_e




量子プロセスの影響か?時間対称性の影響か?



 PAAの根源的なメカニズムはまだはっきりしていないが、実行可能だが試験が難しいふたつの仮説がある。



 量子プロセスが人間の生理に関与しているか、物理的な世界に固有の基本的な時間対称性を反映しているというものだ



 人間の予知能力の証拠は、ちりぢりになった異質なデータの中にわかりやすい状態で隠れていたということなのだろうか? それはありえる。



 もちろん、論文の著者はそのやり方を疑問視する懐疑主義者からすでに批判されている。



 だが、この研究は、その正当性が証明されたとどれだけ主張しても、研究の輪の主流に取り込まれている超常現象研究の大きなトレンドの一部にすぎないようだ。



 とはいえ、巨大な学界の象牙の塔が、説明のつかないものにやっと真剣に関心をもつようになったといえるだろうか? 



References:ncbi / psycnet / mysteriousuniverse/

☆確証バイアスいうのが曲者じゃ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.