FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)
Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m

iStock-840530492_e


 この宇宙は目に見えない光で満ちている。可視スペクトルを超えた範囲で見てみれば、宇宙は太陽のフレア、崩壊しつつある星、爆ぜる磁場、うねる塵の雲、ブラックホールなどから放たれた電波やマイクロ波で色鮮やかに飾られている。



 だが不可解な光もある。数十億光年を隔てた深宇宙より届く、起源不明・原因不明のミステリアスな超強力なエネルギーのスパークだ。



 こうした謎のパルスは、わずか数ミリ秒しか続かないことから高速電波バーストと呼ばれている。



 7月25日の朝、そうしたミステリアスなバーストが、カナダ、ブリティッシュコロンビア州の山間部に設置された電波望遠鏡アレイで捕捉された。



 それは、これまで検出された中で、最も珍しい電波周波数の1つだった。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ミステリアスな信号「FRB 180725A」



 アストロノマーズ・テレグラムで発表された声明によると、ミステリアスな信号(FRB 180725Aと名付けられている)は、580メガヘルツという低い周波数で送信されていた。これはそれまで検出された高速電波バーストより200メガヘルツ近くも低い。



 「これらのイベントは昼夜生じており、その到着時間に既知の現場活動などの発生源との相関は見られない」とカナダ水素強度マッピング実験(Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment/CHIME)のプロジェクトマネージャーを務めるパトリック・ボイル(Patrick Boyle)氏は報告している。



10
image credit:Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment


電波を探ることで宇宙の謎に迫れる



 パルスの速さと低い周波数は、それが極端に明るく、宇宙のどこかにある異常なほど強力な発生源から生じていることを示唆する。



 これを研究すれば、こうした銀河系外の電波がどのように形成され、またそれがどこから届いているのかを知る手掛かりになるかもしれない。



 ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのアヴィ・ローブ氏(発見には不参加)によると、信号の発生源として”人工物(例えば、地球外知的生命体)”の可能性を検討する価値はあるという。



 また別の可能性としては、超新星、超大質量ブラックホール、パルサーなどの強力な電磁気放射源が考えられるそうだ。



iStock-679762610_e




高速電波バーストは実は定期的に発生している?



 高速電波バーストは天文学者にとって完全なる謎に包まれているが、地球外生命体を探す人たちからは常に注目されている。

 信号はきわめて短く、非常に遠い宇宙を旅してやってくる。それゆえに発生源をピンポイントで突き止めることは簡単ではない。



 しかも、これまで地球で検出された高速電波バーストは2007年の初検出以来40回かそこらでしかないために、研究も思うようには進まないのが現状だ。



 しかしそれが比較的珍しい一方で、おそらくは定期的に発生している、とノッティンガム大学のクリストファー・コンセリーチェ教授(発見には不参加)は話す。



 もしかしたら、毎日数千回は届いているのに、それを検出できるだけの装置がないだけという可能性すらあるという。



 最も新しい信号を検出したカナダ水素強度マッピング実験で使用されている電波望遠鏡アレイは最新の電波望遠鏡で、スケボーのハーフパイプのような形状をしている。



11
image credit:Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment


それは宇宙がまだ赤ちゃんだった頃の、60億から110億年前の古い電波を検出するために設計された。



 まだ稼働してから1年しか経っていないが、注目すべき高速電波バーストをいくつか検出している。



 2016年に建設を開始したスクエア・キロメートル・アレイは集光面積1平方kmの電波望遠鏡で2020年から科学観測を開始する予定となっている。



 今後も続々と宇宙の謎に迫っていくことだろう。



References:astronomerstelegram / chime-experiment/

☆きりが無いで!

Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m
スポンサーサイト

人間を人工冬眠させて火星に送る?NASAが火星有人探査計画の一環として、コールドスリープを検討中
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20141017151458051.jpg

 オバマ大統領の下で2030年代半ばの有人火星飛行実現というビジョンが提示されているが、そのコストを大幅に削減する画期的な方法として、NASAでは人工冬眠が検討されているらしい。人工冬眠には既存の医療技術が利用され、宇宙飛行士の代謝機能を低下させることができるそうだ。目が覚めたらもう、そこは火星とか・・・

 米アトランタに拠点を置くスペースワークス・エンタープライジズ社の航空宇宙工学者マーク・シェーファー氏によれば、医療に応用可能な冬眠の理論は1980年代頃に提唱され、2003年からは重傷患者の治療にあたって必要不可欠な技術となっている。大きな病院なら大抵の場合、医療用冬眠を患者に適用する手順を有しており、治療がなされるまで命をつなぎ止めるうえで欠かすことができない。


医療現場で使用されている冬眠システム The body cooling system

 この手法に点滴による栄養補給を組み合わせれば、宇宙飛行士を冬眠させたまま最短で片道180日を要する火星まで送ることが可能となる。

 ただし、現在のところ、医療の現場で患者が冬眠状態でいられるのはおよそ1週間が限界だ。これは医療においては7日以上冬眠を保つ必要性がないためであるが、火星有人探査計画においてはこの期間を90日、その後は180日へと延長させなくてはならない。

1_20141017151829ba2.jpg

 コスト面での恩恵は非常に魅力的だ。調理場や運動器具のほか、水、食料、衣服といった物資をこれまでより減らし、宇宙船も小型化できる。そうした小型化可能な設備の中には、骨や筋肉の減少を防ぐため回転して低重力を発生させる居住空間も含まれる。

 NASAが出資したスペースワークス社の研究では、冬眠中の乗員のスペースは5分の1、食料や水などの消耗品の量は3分の1に削減可能であるとしている。基準ミッションでは、全体量を約440トンから220トンまで削減できるそうだ。これは重量物打ち上げロケット1機分にも相当する。

1_20141017151904e5c.jpg

1_20141017151949a52.jpg

2_201410171519496ab.jpg

 この人工冬眠の研究では、入眠と覚醒の双方が実験されている。入眠については、鼻孔から冷却剤を吸入することで行われるが、これはどうやらあまり快適なものとは言えないようだ。しかし、外部の冷却パッドを用いた方法よりも望ましい方法だ。と言うのも、身体の外部から冷却した場合、震戦や細胞組織損傷の危険性が高まるからだ。

 このライノチル・システムで冬眠状態となる31.6~33.8度まで体温を下げるには6時間もかかる。一方で、冬眠中の人間を目覚めさせるには、冷却剤の循環を止めるだけでいい。ただしスペースワークス社では、緊急事態に備えて覚醒を促す加熱パッドも研究されている。

 また乗員全員を冬眠させる代わりに、2、3日の起床期間と14日間の冬眠期間というスケジュールを組み、乗員のシフトをずらすという手段もある。こうすれば常に1人は起きており、実験や機内のメンテナンスに当たることができるのだ。

1_2014101715205102c.jpg

 シェーファー氏の説明によれば、人工冬眠は心理面での利点もあるそうだ。180日間狭い母船の中に閉じ込められるよりは、眠っているうちに目的地へ到着した方が気持ちも楽だろう。

 長期間、安全に人工冬眠を行うにはまだまだ今後の研究が必要であるが、これまでのところ結果は上々だ。健康面でも、技術面でも今のところ大きな問題はないそうだ。

via:io9

☆絶対に生身の人間が行く事はないだろう。映画アバターみたいになるに違いない!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

日本時間9月8日午前3時18分。新たに発見された小惑星「2014 RC」が地球に大接近、約4万km上空を通過。
☆☆☆ 今日は特別公開です。見れた人ラッキー! ☆☆☆

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140907135059ff6.jpg

 日本時間で9月8日月曜日の午前3時18分(米国東部現地時間”EDT”だと7日14時18分)、直径約18mの小惑星「2014 RC」(通称:ピットブル)が地球に大接近することが判明した。地球からの距離は約4万kmと予測されており、これは地球から月までの距離(384,400km)の約10分の1にあたる。

 この小惑星は8月31日にアリゾナ州ツーソンにほど近いカタリナ・スカイサーベイで発見されたばかりで、その軌道は一部の人工衛星よりも地球に近い軌道を通過する。NASAの発表によれば、地球に衝突することはないとのことなので安心して欲しいとのことだ。

 2014 RCはニュージーランド上空を通過する際、地球に最も接近するそうで、その距離は地上から約34,000km。通信衛星や気象衛星の高度は36,000kmほどなので、こうした衛星よりも地球に近い地点を通過することになる。

1_20140907135155cee.jpg
2014 RCは日本時間の8日(月)午前3時18分に大接近。青はその軌道で、緑は人工衛星のもの

 残念ながら、小惑星は肉眼での観察は難しいそうだが、視等級は最高で11.5に達すると見られている。天候次第では家庭用望遠鏡でも十分に観測可能となるそうだ。天文学者にとっては小惑星研究の絶好の機会となるだろう。

 また当日はウェブサイトのスルー・コミュニティ・オブザーバトリー(日本時間9月7日午前11時放送開始)とバーチャル・テレスコープ・プロジェクト(同日午前7時放送開始)で通過の様子が中継される予定なので、興味のある方はこのチャンスをお見逃しなく。

 なお2014 RCは将来的に再び、地球へ戻ってくると予測されており、将来的に地球に衝突する可能性がないかどうか、引き続き追跡調査が行われるそうだ。


Newly found asteroid to pass close to Earth Sunday

via:.livescience

 ということで天体望遠鏡を持っている人は、早朝3時18分、夜空にロックオンだ。持ってない私たちは中継放送にロックオンだ。

☆☆☆ 今日は特別公開です。見れた人ラッキー! ☆☆☆

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

黒すぎてブラックホール。史上最高の黒さを誇る新素材「超黒」が開発される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20140721141956fcd.jpg

 黒すぎて亜空間につながる穴が開いているような感覚に陥ってしまいそう。まさに底の知れないブラックホールみたいな漆黒の新素材が開発されたようだ。

 「ヴァンタブラック(Vantablack)」または「超黒」と呼ばれるこの光吸収素材は、光の吸収率99.965%、つまり光を0.035%しか反射しない、世界一の黒さを誇る。あまりに黒すぎて空洞にしか見えない。まさにブラックホールなのだ。

 ”超黒”は英国のナノテクノロジ―企業、サリー・ナノシステム社のカーボン・ナノチューブを元に開発された。同社が低温度を維持したままのカーボンナノチューブを金属基板上に密着し成長させる技術を開発し、これにより”超黒”の驚くべき可視光吸収能を実現できたそうだ。

1_20140721142037658.jpg

 カーボン・ナノチューブは人間の髪の毛の1万分の1の細さで、チューブ内でギャップを通らない限り光を通さない素材である。”超黒”は鉄より10倍強く、熱伝導率が銅よりも7.5倍良い。

1_20140721142118ab9.jpg

 サリー・ナノシステム社が公開した写真では”超黒”がアルミホイルの上でまるで成長しているかのように見える。アルミホイルは平らではなく、しわくちゃなのだが、”超黒”で覆われている表面は、光の吸収によって滑らかに見える。

 ”超黒”のその底知れぬ黒さは、人間の視覚では対象を正しく識別できないほどだという。例えばこの素材でブラックドレスを仕立てたら、ドレスの形をした穴から人間の頭や手足が浮いているように見えるのではないか?などと言われている。

1_20140721142147578.jpg

 サリー・ナノシステムの主任技術担当者のベン・ジャンセンは「”超黒”を使えば、宇宙望遠鏡のような超精密光学機器でも、余分な光を効率的に吸収・シャットアウトし、最も暗い天体も見えやすくなり、人工衛星の黒体校正システムも小さく軽くすることが出来る。”超黒”の超低率の反射率によって、陸地、宇宙、空中などの計装感度も改善される。」と述べた。

1_20140721142217329.jpg

 ”超黒”は主に、望遠鏡、赤外線スキャンシステム、天体カメラのために作られた。今週ファーンボロー国際航空ショーでお披露目される予定だそうだ。

比べてみてほしい。左が”超黒”で、右側が一般的な黒のCanonのカメラレンズキャップである。
1_20140721142301c5b.jpg

via:elitedaily eandt

☆たしか黒色は、日本人数種類しか区別できへんねんなぁ、外人は数十種類区別できるらしいでぇ、瞳の色の違いらしい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.