環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

殺人ロボットの開発は来てるところまで来ている。もはや制御不能(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e4


 イーロン・マスク氏やスティーブン・ホーキング博士が人工知能が人類と敵対する危険性について懸念していることは有名だ。



 現実に米国防総省はロボット兵器開発の予算として180億ドル(1兆9,600万円)を計上しており、ヒューマン・ライツ・ウォッチをはじめとする非営利団体は、その開発を食い止めるために活動を行なっている。



 様々な兵器が戦争で利用され続けてきたが、その用途を選ぶのは人間であった。しかし、今やその選択権を手放し、生殺与奪の決定を機械に委ねてしまう可能性が現実のものとなっている。



 今後殺人ロボットの開発を禁じてもすでに手遅れであり、一時的な解決にしかならないと話すのがニューヨーク州立大学バッファロー校のテロ・カルッピ助教である。

 「私たちは”殺人ロボット”という用語をより小さな文化的技法に解体しなければなりません」と話す彼は、自動化、人工知能、システムの失敗に関する専門家だ。



 「機械学習、パターン認識、予測モデルの歴史やこれらが着想される方法に立ち戻って調べる必要があります」と主張するカルッピ氏は、「自動化システム構築の原理やイデオロギーは何か?」と問いかける。



 「人類はロボットよりも優れた意思決定を行えるのか? もしそうでないのなら、人間とロボットを分けるものは何か? ロボットとは何か、ロボットは何をするものなのかを定義するなら、現在の文化や社会で暮らす人間に対してロボットが意味することも定義しなければなりません」



 「これまで人類は戦場で引き金を引く代理人を利用してきましたが、この代理人がロボットになった場合は一体どうなるのでしょうか? それは非常に複雑なことであり、私たちには特定の決定が特定の状況で下された理由を突き止めることすらできません」



12_e1


 彼は機械に倫理感をプログラムすることが鍵になると主張する。



 だがソフトウェアや倫理システムが特定のルールに則って機能するとはどういうことだろうか? また入力される倫理感は誰のものを採用すればいいのだろうか? 例えば、無人自動車は交通法規に従って、走行、停止、右左折といった行動をとるだろう。



 だが自動兵器ならば敵と味方の区別を行わねばならない。そして、さらに重要なことに、例えば敵が降伏したようなケースで、敵であっても攻撃してはならないこともある。あるいは兵士と民間人、人間と機械、生存者と死者の区別も必要であり、これをロボット任せにすることはできない。



10_e1


 カルッピ氏は殺人ロボットについて二つの要素を解きほぐす必要があると話す。つまり何が技術的に可能であるかではなく、技術の発展を推進するイデオロギー的、文化的、政治的な動機について焦点を当てるべきだというのだ。



 この発言は、レヴァーヒューム未来知能センター(Leverhulme Centre for the Future of Intelligence)の設立を記念するケンブリッジの講演でなされたものだ。



 ホーキング博士は人工知能の発達によってそれ自身が意思を持ち、人類と敵対するようになる可能性についてかねてから懸念を表明している。 



3_e2
 

 それは強力な自動兵器や少数が多数を支配する手段の先触れとなるかもしれない。だが、こうしたリスクを避けるための研究が十分に行われれば、病気や貧困を根絶するという人類の悲願を実現する助けになるかもしれない。



 火の利用や農業から宇宙の理解まで、文明による偉大な業績はすべて人間の知能の賜物である。その業績という意味では、それを成し遂げる主体が生物学的な脳であれ、コンピューターであれ、大きな違いはない。



 現在、人口知能は急激に発展しており、莫大な投資が行われている。その潜在的な恩恵は計り知れず、これまで工業化によって自然界が受けたダメージを修復してくれる可能性もある。

 

 ホーキング博士は人工知能の登場が人類の文明史上最大の出来事であるかもしれないと語っている。それが人類にとって福音となるのか、災厄となるのか、それはまだ分からない。




☆俺が生きている間に、現実化しそうじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

映画「マトリックス」世界がついに実現?脳に直接磁気刺激を与え仮想空間に入り込むことに成功(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e3


 映画『マトリックス』シリーズでは、キアヌ・リーブスが脳を仮想世界に接続して、人類を奴隷にしている知覚の世界で戦った。この作品はディストピア的世界を描いたフィクションであるが、米ワシントン大学の研究者は、脳の直接刺激を通じて人間が仮想世界に潜り込む第一歩を示した。



 11月16日に『フロンティアーズ・イン・ロボティクス・アンド・AI』にオンライン掲載された論文では、シンプルな2Dゲームを素材に、脳の直接刺激による入力のみでガイドを与えた実験が紹介されている。そこでは視覚、聴覚、触覚といった通常の感覚による手がかりは利用されていない。





Playing a Computer Game with Brain Stimulation

電脳装置で空想世界へ



 被験者たちには21種類の迷路が与えられ、「前進」と「降下」の二つの選択肢だけで内部を進むよう指示された。



 このとき被験者はゲーム画面を見ることは許可されていない。代わりに研究者は経頭蓋磁気刺激(磁気コイルを頭蓋骨の側に設置し、脳の特定部位を直接的かつ非侵襲的に刺激する)で眼内閃光を作り出して、被験者に迷路の内部に関する情報を伝えた。簡単に言うと、眼内閃光が出現する場合としない場合の2種のサインで、目の前に壁があるかどうかを伝えたのだ。



1_e3


 「最近話題のVRはディスプレイ、ヘッドセット、ゴーグルによって作られますが、究極的に現実を作り出しているのは脳です」と上席著者のラジェシュ・ラオ(Rajesh Rao)教授。



 「私たちが答えたかったそもそもの問題は、脳に直接送信される未知の人工情報を用いて、脳が感覚的入力なしで仮想世界を移動したり、有効なタスクを行うことができるか、ということです。答えはイエスです」



2_e3


脳から受け取った情報を頼りに仮想世界を動き回れる



 5名の被験者は、直接脳刺激から受け取った情報に応じて、92パーセントの精度で正しい動きを行った(指示入力なしの場合は15パーセント)。また被験者は次第に上達した。つまり人工刺激の検出スキルを学習できることを示している。



 本実験は、人工的なセンサーあるいはコンピューターによって作られた仮想世界から送られるまったく新しい情報をきちんとコード化したうえで、非侵襲的に人間の脳に送信し、タスクを実行できることを実証している。



 「私たちはつまり人間に第六感を与えようとしているんです」と主筆者である学習脳科学研究所のダービー・ロージー氏。「神経工学の分野では、脳が発信する情報解読に大きな努力が払われています。ですが私たちは脳に情報をコード化して送信する方法に興味があります」



3_e3


視覚障碍者に光を



 現実においては、こうした極シンプルな情報であっても、視力に障害がある人が移動する際には大いに役立つことだろう。



 理論的には、人体にカメラ、赤外線、超音波、レーザー測距器といった各種センサーを搭載させることで、周囲のものや接近してくる人などの情報を直接脳刺激装置に伝え、行動のガイドとなるインプットを作り出すことができる。



 現段階では非常に大きな装置を利用しなければならないため実用段階にはないが、いつの日かは気軽に使用できるものが開発されることだろう。



 ワシントン大学の研究者は外部の専門家と提携し、ニューベイ(Nuebay)というスタートアップ企業を設立。今回のアイデアの商業利用のほか、神経科学や人工知能の知見をVRやゲームなどに応用することを目指している。



via:journalsciencenewslinesciencedailyなど

 そんなのちょっともう、現実の世界がうんざりなので電脳世界に逃げ込もうと思ったらそこにいられるわけとかいう?というかもうどこからが現実でどこからが仮想世界かわからないっていう?



 とにかく技術革新は相当すごいところまできているっていうことだ。

☆もうじき、自分の好きな世界が作れてその中で生きていけるっちゅうわけじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

急死してしまった親友をどうしても忘れることができない。そこでプログラマーは親友を人工知能ボットで蘇らせた(ロシア)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

4_e0


 大好きだった人との別れはつらい。特にそれが突然の死別だったようなときはなおさらだ。昨日まで元気に笑って話していた友が、次の日にはもうこの世にはいない。



 残された者の耐えがたい心の痛みはこれまで、時間がゆっくり緩和していくとうのが流れだったが、AI(人工知能)の急速な進化により、死が二人を分かつことがなくなるかもしれない。



 ロシアのAIスタートアップ企業ルカ社の共同創立者でありCEOのユーゲニア・クイダ(Eugenia Kuyda)さんは、大切な友を亡くしたが、AIチャットボットとして蘇らせたのだ。

 クイダさんは、2015年11月に親友であり、起業仲間であったロマン・マズレンコさんを交通事故で亡くした。まだ33歳という若さだった。あまりにも突然のことでその死を受け入れることができなかった。悲しみの渦に飲み込まれないよう、何も考えずに半年を過ごしたが、それでもどうしても忘れることができなかった。そこで・・・



彼の残したデジタルの記録からAIを作ることを決意



 若きプログラマーである彼女は、写真、ニュース、投稿、彼が彼女に数年間で送ってきた無数のSMSのテキストメッセージなど、ありとあらゆるデジタルの記憶をニューラルネットワークに入力して、誰もがロマンそっくりだと口にするようなAIの作成を決意した。



 在りし日のロマン・マズレンコさん

2_e0
image credit:theverge




 「身近で起きた初めての死でした。どう反応すればいいかわからず、一切合切を心の奥深くに押し込めて、何も感じないよう努めました。それから半年経ちましたが悲しみは消えません。ここ1、2ヶ月で、ルカのチームはニューラルネットの上にある小さなデータセットを使って会話モデルを作成しました。彼との間でやり取りした写真や、彼に関する記事などの文章をすべて合わせて、ロマンAIを構築しました」



 彼について訊いたり、日常会話のようなチャットテキストを送信すると、生前のロマンと同じように返事をしてくれるという。



 ロマンさんとクイダさん

0_e
image credit:theverge


 ロマンさんボットがどのように機能しているのかを知りたければ、iOS対応アプリ「Luka(ルカ)」をダウンロードし、あとは@Romanと追加するだけで、ロマンさんのデジタルアバターと英語かロシア語でチャットすることができるそうだ。



 質問をすると返事をしてくれたり、オプションメニューで彼について知ることもできる。ルカを使用してロマンさんとチャットをした家族や友人、あるいは彼と面識のない人たちからはこのAIに関して賛否両論が出ている。



3_e0


AIボットに賛否両論



 マズレンコさんの友人の多くは、AIとチャットをしてドキッとするほど彼だと話す。癒されると感じる人もいれば、不気味で不自然だと述べる人もいる。



 マズレンコさんの両親でさえ、AIについて意見が一致しないようだ。彼の母親は、こうした技術があって幸運だった、彼の回答から我が子の知らない面に触れることができたと話す。一方、父親は、本人のように話すコンピュータープログラムに話しかけることに抵抗があるようだ。そして、時折間違った回答が返ってくると彼が本当にいなくなってしまったのだと実感するのだという。



 @Romanの製作者であるクイダさんは、今後も個人的にボットに話しかけて、悲しみを癒すつもりだと話している。



 「これまで伝えたメッセージはすべて愛情をこめたものか、生きているときに伝えることができなかったものです。本人ではありませんが、それを伝えられる場がありました。さみしいとき、そう伝えることができます。そして、きちんと返事が返ってきます」と彼女。「天国へ向けてメッセージを送っているんです」



via:thevergeodditycentra

☆これ、英語の勉強に持って来いじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

マジかよ隊員かよ。ウルトラマン科学特捜隊の「流星バッジ」 ハンズフリー通話機能を搭載して予約販売中
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e0


 胸につけてるマークは流星。なのである。ウルトラマンシリーズ放送開始50周年を記念して現在予約販売中なのが、科学特捜隊がつけていたあの流星バッジなのである。



 しかもただのバッジじゃない。bluetoothでスマホと連動させハンズフリー通話が可能となるのだ。そのスイッチも科学特捜隊たちがやっていたように、アンテナを伸縮させることでオンオフを切り替えると言う。デジタルながらアナログの要素も兼ね備えた、原作に忠実に再現された流星バッジなのである。





流星バッジ



 さらに着信音も忠実に再現。隊員同士が連絡を取り合う時に流れていたあの音のままだ。科特隊隊員がやっていた、アンテナを伸ばして通話するという技法も取り入れられている。



3_e


 スマホと連動させ、通話スピーカー・マイクとして使えるほか、スピーカーとして使ったり、本体に装備されたイヤフォンジャックから別のイヤフォンやヘッドフォンをつなげて音楽を聴いたりすることもできる。



 大きさは22×70×28mmで重さは約30グラム。

 連続動作4時間で連続待受時間は200時間となっている。



3_e28


 予約は8月26日から9月下旬まで行われており、実際に商品が届くのは2017年2月下旬だそうだ。気になるお値段は2万円+消費税。う~ん。欲しいけどちょっとお高めだ。だがリアルタイムウルトラマン世代の人なら射程圏内の価格設定なのだろう。



 予約は以下のサイトから。



科学特捜隊 流星バッジ 特集ページ 

2_e1


 2000円台のハンズフリーイヤフォンに飼い慣らされている世代としては心の中の自分へのご褒美会議が必要になるだろう。

☆こんなんおもろいの初めだけやで!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

なんかかわいい。フェンスも登るしドアも開ける。小型犬みたいな四足走行ロボット「ゴースト・ミニター」
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

4


 テケテケ歩いてカシカシ登る。その動きが愛くるしくてたまらない四足走行のロボットが開発されたようだ。飛んだり跳ねたり走ったり回転したり。フェンスや階段も登れるし、ドアを開けることもできるよ。





Ghost Minitaur Intro



 このロボット「ゴーストミニター(Ghost Minitaur)」を開発したのはアメリカ、ペンシルベニア大学ロボット工学部の科学者たちが設立したGhost Robotics社だ。

 

 ゴーストミニターの大きさは、長さ40cm、幅28cm、重さ6kgと小型犬と同じようなサイズだ。活動可能時間は約20分だそうで、時速7.24kmで歩くことができる。また最高で0.48mジャンプすることができるそうだ。荷物は3kgなら積むことができる。



1


 止まっていると4つの棒がついた金属の箱にしか見えないのだが、動き出すとなんかかわいい。何ともいえない味のある仕草に見えてくるから困る。



 テケテケ歩くよ



3


 高性能なマシンビジョンシステムを搭載しており、モニターから地形の情報を瞬時に解析し、脚の動きを制御している。

 

 フェンスにも登れるよ

 前脚カシカシがかわいいよ



5


 階段だって登れるしー



6


 ドアだって開けられちゃうんだから



7


 既にゴーストミニターは1台1万ドル(約100万円)で販売されているそうだが、今後更なる改良とコストダウンを図り、1台1500ドル(15万2500円)くらいで販売したいそうだ。



 ついでにAIつけてくれたら今はなきAIBOに変わるロボットとして高齢者が喜びそうだな。一緒に散歩もいけそうだしな。



via:Adorable robot bounds like an excited puppy: Ghost Minitaur can run, jump, open doors and even climb fences

☆動力源はなんだろう?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.