環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ボイジャー打ち上げ40周年記念で、NASAがダウンロードフリーのポスターを公開
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

tn


 1977年、NASAは2台の探査機を打ち上げた。ボイジャー1号と2号である。



 人類の宇宙探査に大きく寄与したボイジャーの打ち上げ40周年を記念して、NASAから3枚のポスターが公開された



 1枚はシンプルかつモダンなデザインのもの、残りの2枚はレトロで、1枚は70年代の「ディスコ・コンサートのチラシのような」もの、もう1枚は「大衆向けSFのカバーのような」ものだ。ポスターサイズ、高解像度で、まとめてダウンロードすることもできる。

 NASAのサイトでは、3枚のポスターそれぞれに説明文がつけられている。それを読んでいけば、ボイジャーミッションの概要が分かるようになっているのだ。



ボイジャー:星へ到達



Reaching_for_the_Stars
image credit: NASA/JPL-Caltech


 1977年に打ち上げられたボイジャー探査機2台は、銀河系の他の部分に向けての我々の大使であり、地球との連絡が途絶えた後も、何十億年も銀河系の中心を周回し続けるよう定められている。



 2012年8月25日、ボイジャー1号は、星間空間に到達した最初の人工物体となった。ボイジャー2号も数年以内に到達する予定である。打ち上げから40年、ボイジャー2台は、最も遠く、また最も長く稼動しているスペースクラフトであり、今でも多くの発見をしている。



 このポスターは、探査の精神を捉えたものであり、外惑星とさらにその先を目指す野心的な旅を続けるエネルギーの源泉である、宇宙の広大さと不思議を表したものだ。




ボイジャー・ロック・オン



The_Voyagers_Rock_On
image credit: NASA/JPL-Caltech


 ボイジャーのおかげで、音楽は真にユニバーサルなものとなった。2台それぞれが、地球の風景、音楽と歌の入ったゴールデン・レコードを運んで銀河系を旅しているのだ。ボイジャーが打ち上げられた1970年代後半は、古典的ロック時代であり、このポスターは、ミッションの大ヒットを讃えたものである。



 40年間の探査で最もすぐれた発見としては、木星の衛星イオの火山、土星の衛星タイタンの窒素の大気、海王星の衛星トリトンの冷たい間欠泉などがある。



 さらに、ボイジャー1号は、海王星より遠くから「ペール・ブルー・ドット(青白い小さな点)」である地球の姿を送ってきた最初の探査機であり、2012年8月25日には、星間空間に到達した。ボイジャー2号も、数年以内に星間空間に到達予定である。



 40年経った今でも、ボイジャーのヒットは届き続けているのだ。




グランド・ツアー:JPLトラベル・ポスター



The_Grand_Tour
image credit: NASA/JPL-Caltech


 NASAのボイジャー計画は、太陽系のグランド・ツアーのため、175年に一度しかない外惑星の直列の時期を捉えたのである。



 2台のスペースクラフトは、木星、土星、天王星、海王星の詳細を暴いた。それぞれの惑星の重力を用いて、次の目的地へと送られたのである(スイングバイ航法)。木星へのガリレオ、土星へのカッシーニといった野心的なミッションのための舞台を整えたのだ。



 今日でも、2台のボイジャーは価値ある科学的データを太陽系の最果てから送り返してくるのだ。

※JPL: Jet Propulsion Laboratory (ジェット推進研究所)




 SF映画『スター・トレック』の世界では、300年後の未来にもボイジャーの名は記憶されている。ボイジャーからの電波が途絶える日がいずれ来るだろうが、現実世界においてもその名を記憶にとどめておきたい。



via: NASA / Atlas Obscura など

☆ボイジャーなんか忘れとったわい!
スポンサーサイト

ゴムのように伸縮自在の人工皮膚でロボットの触覚を実現(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e4


 ロボットに触覚を与えることで医療や危険物の察知、ロボットの歩行サポートなどに役立てようという研究が進んでいる。



 前回、3Dプリンタを利用した触覚生体スキンの開発に関するニュースをお伝えしたが、また新たな技術が開発されたようだ。



 まるでゴムのようで、最大50パーセント伸ばすことが可能な電子機器センサーである。それは人間の皮膚と同じように捻れ・圧力・温度を検出することができ、ロボットの人工皮膚としての利用が期待できるという。

伸縮自在のゴムのような素材でロボットに触感を



 米ヒューストン大学のツンジャン・ユー(Cunjiang Yu)博士によると、ラバー電子機器センサーは生体インプラントやウェアラブルデバイスへの応用など様々な用途が考えられるという。



 この半導体は最初液状であるため、型に流し込んで成型したり、大きくしたり、さらにはそれを3Dプリンターで使うある種のインクとして用いることまでできるそうだ。



2_e3


 ラバー電子機器センサーは、極小の半導体であるナノフィブリル(人間の髪の毛の1,000分の1の細さを持つナノ繊維構造物質)をジメチルポリシロキサンというシリコンベースの有機ポリマーに混ぜることで作る。



 この溶液を60度で乾燥させると、電流を流す無数のナノワイヤーが組み込まれた伸縮自在の素材が完成する。





ロボットと共存する未来への第一歩



 特に面白い応用法はロボットへの利用だろう。将来的に人間とロボットが共に暮らすような状況を想定するなら、安全のためロボットには周囲の状況をきちんと認識してもらわなければならない。



 そこで今回のラバー電子機器センサーを人工皮膚として応用し、人間に怪我をさせたりしない柔軟かつ柔らかい触覚を持つロボットの制作が考えられる。



 実験ではユー博士らはこの電子皮膚を使って、コップに入れた水の温度を正確に感知したり、ロボットの手に信号を送り、それに応じてジェスチャーでアルファベットを示したりさせることに成功した。



1_e4


 コンピューター回路を構成する半導体の硬さは、電子機器やロボットに制限を加える要因だ。ほとんどの電子機器に伸縮性が欠けているのはこのためである。



 柔軟性を有した電子機器の開発は世界中で試みられており、小さなトランジスターを組み込んだものや、伸縮性のあるポリマー半導体などが存在する。



 現時点で最大の問題は、大量生産が難しすぎるか、できたとしてもあまりにもコストがかかりすぎることだ。また、ほかにも電子の伝達効率に劣るという欠点もある。



 ユー博士によると、今回の最新機器はそのどちらの問題にも対応しているという。高度なポリマーを一から発明するかわりに、低コストで普通に流通している代替品を用いて、安定した半導体として機能しつつも伸縮性のある素材を開発。このため大量生産にも向いているとのことだ。



via:uh.edu / sciencedaily / advances/

 ヒューマノイド的ロボットが触覚をもって体温も持って人間と同じように握手したりタッチしたりとか、また妄想が一歩進むじゃないかおい。


☆生物の最終形はいったいどんなものになるのだろうか?

ロボット戦争:AIの進化が世の中に社会不安を引き起こす(専門家)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e


 先日、人気オンラインゲーム『ドータ2』の世界大会で催されたエキシビションマッチで、AIをオープンソース化する非営利研究機関「OpenAI」の作り上げたAIが人間のトップランカーを見事に打ち破った。これを受けて、このプロジェクトを支援していたイーロン・マスク氏は次のようにツイートしている。



 「AIの安全性について関心がないなら、意識を向けるべきだ」

 「AIは北朝鮮よりもはるかに高リスクである」

人間を超えた知性を獲得しつつあるAIは脅威の存在になりうる



 BBCの放送で、AI問題について論じていたサイエンスミュージアムのロボットの専門家ベン・ラッセル氏もまた、こうしたコメントを認め、創造主である人間を超えた知性を獲得しつつあるAIは、我々にとって「生存の危機」であると警告している。



長期的には、人類を上回る知性を持つ存在を作り出せば、生存の危機が生じる。概して、私の関心はそうした知性を持つ存在が物理的な形でなす作業に向けられている。それが今よりも日常的なことになったとき、揚げ足を取られるかもしれない。



我々は世界を当たり前のように思っている。しかし彼らは世界とどのように関わろうとするだろうか? 彼らはきわめて難しいことに気がつくだろう。そこに問題がある。AIはわずかに違う存在なのだ(ラッセル氏)
 

2_e




AIが社会不安を引き起こす



 作家でジャーナリストのミシェル・ハンソン氏も同じ様な不安を吐露する。彼女が特に恐れているのはロボットによって仕事が奪われてしまうことだ。



お店の店員はすでに奪われつつある。ブーツ(ドラッグストア)に行くと、暇そうに突っ立っている人がいる……やることがないのだ。仕事と言えば、ただ顧客に機械の使い方を説明することだけだ。



彼らが数多くの仕事を奪っても、人々にベーシックインカムが与えられるのならばそれでも構わないと思う。だがそれは雀の涙ほどで、気前のいいものではないだろう。そしてやることもなくテレビの前に座る人が無数に出現する。それは社会を不安定にするのではないだろうか?(ハンソン氏)


3_e


 専門家は120年以内に労働力がロボットによって完全に取って代わられると考えている。オックスフォード大学の研究者が専門家350名からの回答を基にした調査結果は次の様に今後を予測する。



 2027年までにAIがポーカーの世界大会で優勝、2049年までにロボットがベストセラーを執筆、また人間の外科医の技量を凌駕するのはたったの4年後のことだ。「45年後、AIがあらゆる作業において人間を上回っている可能性は50パーセント」と彼らは見積もる。



via:ROBOT WARS: AI advancements to cause 'SOCIAL UNREST' – and we’re to blame

☆2048年に人類はコンピュータに抜かれるんじゃい!

はじまっちゃった?人工知能(AI)が人間に理解できない独自の言語を生み出し会話を始めた(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

3_e2


 フェイスブック社が脳からの直接入力が可能になる心を読むテクノロジーの開発に取り組んでいるということはちょっと前にお伝えしたが、人工知能(AI)を使った様々な研究が進行中だ。



 フェイスブック人工知能研究所の報告書によると、人間との会話をシミュレーションする開発中のAIチャットボット、”会話エージェント”に機械学習を用いて交渉のやり方を教えていたところ、最初は非常に順調に進んでいたのだが、ある時点でそれらの調整をせざるを得なかったという。



 なぜなら途中からチャットボットが、人間には理解できない独自の言語を作り出し、その言葉を使って交渉をし始めたからだ。

独自の非ヒト言語によるコミュニケーションが発生



 この実験では、2つのチャットボットに会話を行わせ、同時に機械学習で継続的に会話の戦略を反復させていた。その結果、独自の非ヒト言語によるコミュニケーションが発生したのである。



 まるでSF映画さながらのデジャヴ感がある。



 今回の研究で、チャットボットが優れたネゴシエーター(交渉者)になれるということはわかった。価値のないものに対して関心のあるそぶりを装いったり、駆け引きをしかけ、ある程度譲歩することで、相手からの妥協を引き出したりすることもできた。



 だが人間には理解できない言葉を作り出し、それで会話を行っていくという、ある意味AIの暴走ともいえるこの行為は、「良からぬことが起こるかもしれないサイン」である。



1_e4


 はっきりさせておくと、フェイスブック社のチャットボットはまだ開発段階にあり、技術的特異点が訪れた証拠ではないし、それが間近に迫ったことを意味するわけでもない。



 しかしそれは、かつて人間のみに属するとされた領域(言語など)における人の理解を、機械が再定義するやり方を示している。



 すでに、機械学習の研究では数多くの推定作業が行われている。それはしばしばニューラルネットに膨大なデータを与え、その結果を検証して、機械の思考を理解するという手順を採用する。



 しかし機械が会話において独自の非ヒト言語を作り出すという事実は、その作り主である我々ですら、そうしたシステムをほとんど理解していないということを教えてくれる。



 ホーキング博士は常々AIの危険性を力説しているけれど、まだ開発段階にあるAIですら、我々が理解できない挙動を見せるということはやはり要注意事案なのかもしれない。



via:amazonaws/newscientist/theatlanticなど

☆段々やばい事になってきよる!

殺人ロボットの開発は来てるところまで来ている。もはや制御不能(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e4


 イーロン・マスク氏やスティーブン・ホーキング博士が人工知能が人類と敵対する危険性について懸念していることは有名だ。



 現実に米国防総省はロボット兵器開発の予算として180億ドル(1兆9,600万円)を計上しており、ヒューマン・ライツ・ウォッチをはじめとする非営利団体は、その開発を食い止めるために活動を行なっている。



 様々な兵器が戦争で利用され続けてきたが、その用途を選ぶのは人間であった。しかし、今やその選択権を手放し、生殺与奪の決定を機械に委ねてしまう可能性が現実のものとなっている。



 今後殺人ロボットの開発を禁じてもすでに手遅れであり、一時的な解決にしかならないと話すのがニューヨーク州立大学バッファロー校のテロ・カルッピ助教である。

 「私たちは”殺人ロボット”という用語をより小さな文化的技法に解体しなければなりません」と話す彼は、自動化、人工知能、システムの失敗に関する専門家だ。



 「機械学習、パターン認識、予測モデルの歴史やこれらが着想される方法に立ち戻って調べる必要があります」と主張するカルッピ氏は、「自動化システム構築の原理やイデオロギーは何か?」と問いかける。



 「人類はロボットよりも優れた意思決定を行えるのか? もしそうでないのなら、人間とロボットを分けるものは何か? ロボットとは何か、ロボットは何をするものなのかを定義するなら、現在の文化や社会で暮らす人間に対してロボットが意味することも定義しなければなりません」



 「これまで人類は戦場で引き金を引く代理人を利用してきましたが、この代理人がロボットになった場合は一体どうなるのでしょうか? それは非常に複雑なことであり、私たちには特定の決定が特定の状況で下された理由を突き止めることすらできません」



12_e1


 彼は機械に倫理感をプログラムすることが鍵になると主張する。



 だがソフトウェアや倫理システムが特定のルールに則って機能するとはどういうことだろうか? また入力される倫理感は誰のものを採用すればいいのだろうか? 例えば、無人自動車は交通法規に従って、走行、停止、右左折といった行動をとるだろう。



 だが自動兵器ならば敵と味方の区別を行わねばならない。そして、さらに重要なことに、例えば敵が降伏したようなケースで、敵であっても攻撃してはならないこともある。あるいは兵士と民間人、人間と機械、生存者と死者の区別も必要であり、これをロボット任せにすることはできない。



10_e1


 カルッピ氏は殺人ロボットについて二つの要素を解きほぐす必要があると話す。つまり何が技術的に可能であるかではなく、技術の発展を推進するイデオロギー的、文化的、政治的な動機について焦点を当てるべきだというのだ。



 この発言は、レヴァーヒューム未来知能センター(Leverhulme Centre for the Future of Intelligence)の設立を記念するケンブリッジの講演でなされたものだ。



 ホーキング博士は人工知能の発達によってそれ自身が意思を持ち、人類と敵対するようになる可能性についてかねてから懸念を表明している。 



3_e2
 

 それは強力な自動兵器や少数が多数を支配する手段の先触れとなるかもしれない。だが、こうしたリスクを避けるための研究が十分に行われれば、病気や貧困を根絶するという人類の悲願を実現する助けになるかもしれない。



 火の利用や農業から宇宙の理解まで、文明による偉大な業績はすべて人間の知能の賜物である。その業績という意味では、それを成し遂げる主体が生物学的な脳であれ、コンピューターであれ、大きな違いはない。



 現在、人口知能は急激に発展しており、莫大な投資が行われている。その潜在的な恩恵は計り知れず、これまで工業化によって自然界が受けたダメージを修復してくれる可能性もある。

 

 ホーキング博士は人工知能の登場が人類の文明史上最大の出来事であるかもしれないと語っている。それが人類にとって福音となるのか、災厄となるのか、それはまだ分からない。




☆俺が生きている間に、現実化しそうじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.