FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

赤ちゃんが歩くのを学ぶのと同じように歩き方を自己学習するAIロボットレッグ(米研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

00_e
image credit:ValeroLab/youtube


 足をカクカクと震わせながら必死に立ち上がろうとする生まれたての子鹿の姿からもわかるように、生れ出た瞬間、危険なこの世へデビューする。



 歩くことすらままならない瞬間を肉食動物に襲われたら、手も足も出ない。ゆえに自然界では、多くの種が生まれて数分のうちに自分で歩けるよう進化を遂げてきた。



 これは生物学者やロボット学者をかねてから驚嘆させてきた、驚くべき進化の妙技である。



 今回、こうした自然の驚異からインスピレーションを得たアメリカ・南カリフォルニア大学の研究者が、あらかじめ定められた動作プログラムがなくとも、ランダムな動きを繰り返すことで、あっという間に歩き方を学習できるAI制御ロボットレッグの開発に世界で初めて成功した。

 この自然界をヒントに開発したアルゴリズムを使えば、何もない状態からたった5分で歩き方を覚えられるばかりか、特に新しくプログラムすることなく別の環境に適応したりといったこともできる。



現時点において、ロボットが世界を動き回れるよう訓練するには、数ヶ月や数年もかかります。そこで私たちは、自然界で見られるような、すばやい学習・適応を実現したいと思っています


と研究の最終著者フランシスコ・J・バレロ=クエバス教授は話す。





Autonomous functional movements in a tendon-driven limb via limited experience - Supplemental 1



赤ちゃんの学習プロセスを模倣



 研究チームのアリ・マルジャニネジャド氏によると、これは赤ちゃんの学習方法に似ているのだという。



 ロボットはまず「モーターバブリング(motor babbling)」という自由な動きを通じて環境を理解しようとする。足を適当に動かすことで、足と環境が作用する内部マップを構築するのだ。



 これは行動を通じた学習プロセスであって、学習の指針となるコンピューターシミュレーションの類があらかじめ設定されているわけではない。



 これが重要なのは、あらゆる状況を想定してコードを書くことなどできないからだ。事前にロボットをプログラムするようなやり方では、いずれ想定外の状況に遭遇し、きちんと対応できなくなってしまう。



 一方、似たよう経験から学習できるロボットならば、解決策を見出し、それを必要に応じて応用することができる。



 その解決策は完璧なものではないかもしれないが、それでも目の前の状況に十分対応できるだろう。



0_e5
image credit:ValeroLab/youtube


ロボットに個性が生まれる。応用の可能性もさまざま



 このボディと環境を発見するプロセスを通じて、ロボットの足はそれぞれの経験から自分にうまくいく歩行パターンを編み出す。



 「ロボットは限られた経験の中から問題の解決法を見つけ出し、それが個々にとっての習慣というか、個性になります。優美な歩き方もあるでしょうし、だらしない歩き方もあるでしょうね」とバレロ=クエバス教授は言う。



 歩行パターンを見るだけで、どのロボットなのか判別することもできるかもしれない。







Autonomous functional movements in a tendon-driven limb via limited experience - Supplemental 2





 技術の応用についてはさまざまな事柄が考えられる。だが着用者にとって直感的で、かつ個々人の癖に対応できなければならない、義足や外骨格スーツのような補助技術に特に有望だ。



 「外骨格スーツなどの補助装置は、使用者の動きを解釈して、彼らが欲していることに沿えなければなりませんからね。」



 また宇宙探査や救助活動の分野でも大いに有効だろうという。



 こうした分野で用いられるロボットは、未知の惑星や災害後の危険な状況の中で、人間の補助や監督がない状況でも必要なことをやってのけられることが望ましい。



 バレロ=クエバス教授らのロボットなら、たとえば低重力や高重力環境、あるいは大雨でぬかるみ、瓦礫が散乱するような場所でもきちんと対応できることだろう。

 

 この研究は『Nature Machine Intelligence』に掲載された。



References:A robotic leg, born without prior knowledge, learns to walk/

☆なんでも学習し始めたがな!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!
スポンサーサイト

ついに仏教の世界にも進出か?アンドロイド観音「マインダー」が爆誕!(日本)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

ai1
image credit:YouTube


 ヒューマノイドロボット・アトラスが華麗にパルクールを決めたり、女性型ロボットのソフィアさんが立ったりと、凄まじい進化をとげているロボット界。



 個性的なロボットもさまざまに登場しているが、日本にものすごいのが誕生したぞ!ということで海外で話題になっている。



 豊臣秀吉の正室・北政所ねねゆかりの寺院・高台寺(京都市東山区)のアンドロイド観音「マインダー」である。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?


↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)
https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

現代人にも分かりやすく法話を行うアンドロイド観音が誕生





アンドロイド観音がお披露目 京都・高台寺



 2月23日にお披露目された「マインダー」は、般若心経について法話を行うアンドロイドだ。プロジェクションマッピングなどを使い、現代人にも分かりやすく語るという。



 多くの人に仏教への興味を持ってもらおうと、アンドロイド研究の第一人者であり大阪大教授の石黒浩氏らの協力のもと開発された。



 サイズは台座を含めて高さ195cm、重さ約60kgとなっており、首から上と腕、胴を動かせるほか左目にカメラを装備しているとのこと。



 2017年9月から制作がスタートし、約1億円の費用をかけて完成させたらしい。



ai2
image credit:YouTube


人々に想像の余地を残すあえてのメカニカルなビジュアル



 顔や手はシリコンで覆われ人間風味だが、残りの部分は機械丸出しな「マインダー」。これは見る人に想像を余地を残すため、あえてそうしているのだとか。



 高台寺は、



観音は人々を救うためにさまざまに姿を変えるとされる。今回はアンドロイドに変身した


とコメントしている。



 「マインダー」の法話を拝聴できるのは3月8日~5月6日、高台寺「教化ホール」にて。事前予約方法などは高台寺の公式サイトで発表されるようだ。



 「マインダー」は日本語を話すんだけど、英語と中国語の字幕がスクリーンに映し出されるそうだよ。アンドロイド観音との対話で、何か気づきを得られたりするかな?



References:高台寺 / Boing boing / Telegraph / YouTubeなど

☆ついに、神も仏もありゃ~せん時代が来よった!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!

完璧なフェイクニュースを作成することも可能な高精度のAIが開発される。危険性が高すぎるため完全公開を断念
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

iStock-817128434_e
istock


 実業家のイーロン・マスク氏らが支援する非営利研究団体「オープンAI(OpenAI)」は、映像変換AI「ディープフェイク」の文章版とでも言えそうな、文章自動生成AI(人工知能)を開発した。



 その高性能ぶりはすさまじく、悪用された場合の危険性が高すぎることから、完全版ではなく、ひとまず簡易版のみの公開となったほどである。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

これまでのAIとは一線を画すナチュラルな文章を生成



 問題の「GPT2」は、数文字の単語であれ、完全な文章であれ、何らかのテキストを与えられると、そこから次に続くだろう文章を予測して、これに基づいた文章を書き出すことができる。



 その生成結果の自然さと潜在的な用途の幅広さは、これまで常識を大きく超えている。



 GPT2が元の文章の文体と主題を踏まえつつ生成した合成文章には、文章の途中で主題が忘れ去られていたり、長文で構文ミスがあったりといった、これまでのAIシステムでは散見された違和感がほとんど見受けられない。





ジョージ・オーウェル風の小説を生成



 たとえば、ジョージ・オーウェルの『1984年』から、「四月のよく晴れた寒い日だった。時計は十三時の鐘を打っていた。」という文章を入力してみる。



 するとGPT2はその近未来を感じさせる文体を認識し、次のように続ける。



私は、シアトルでの新しい仕事へ向かおうと車の中にいた。ガソリンを入れ、鍵を差し込み、発車した。その日がどうなるだろうかと少し想像してみた。



今から100年後のことだ。2045年、私は中国の片田舎にある貧しい地域の学校で教師をしていた。最初は中国史と科学史の授業を受け持った。


iStock-831433296_e
istock


新聞記事を入力すれば新聞風の文章を生成



 またガーディアン紙に掲載されていたブレグジット(イギリスのEUからの離脱)についての記事の最初の数段落を入力してみる。



 すると、いかにも新聞記事といった文体で、政治家の発言や、アイルランドの国境問題についての言及、首相のスポークスマンによる回答をたっぷりと引用してみせる。



 GPT2が生成した完全にフェイクである一節はこんな感じだ。



報道について明確にするよう求められたメイ首相のスポークスマンは、次のように述べた。『先週の女王の発言で確認されたとおり、自身の意図が可能な限り早期にEUを離脱することで、そのことが交渉目的になるということを、首相ははっきりさせている。』


専門的には2つの点で画期的



 研究者の視点から言えば、GPT2は2つの点で画期的だ。



 オープンAIの研究ディレクター、ダリオ・アモデイ氏によれば、その1つは、サイズだという。既存のAIモデルに比べて、このモデルは12倍も大きく、訓練に使用されたデータセットは15倍と、はるかに広範な範囲をカバーしているのだ。



 そのデータセットは、オンライン掲示板レディットで、投票が3つ以上寄せられたリンクから選ばれた1000万本もの記事が含まれている。40ギガバイトものデータであり、この大きさが生成される文章の質に直結している。



 2つめの画期的な点は、従来よりもずっといろいろな用途に利用できるということだ。



 入力された文章を構造化することで、翻訳や要約といった作業を行ったり、簡単な読解能力テストをパスしたりといったこともできる。



iStock-949223230_e
istock


高性能すぎて危険と判断



 しかし、そのあまりの高性能ぶりゆえに、オープンAIはGPT2の完全な公開を見送らねばならなかった。



 モデル自体はネット上で訓練されたものであるために、スパムやフェイクニュース、あるいは偏見に満ち満ちた意見や陰謀論などを生成するよううながすのもそう難しいことではないからだ。

 

 そのために、このAIを社会に広く導入する前に、その悪用の可能性について慎重に評価する必要があったのである。



iStock-584755770_e
istock


 オープンAIのポリシー担当者ジャック・クラーク氏は、「それによってできることと、できないことを明らかにするために実験を行う必要があります」と説明する。



 「モデルの全能力に見当がつかないのならば、それを確かめるためにうながしてやらねばなりません。私たちよりも悪用の仕方を考えるのが上手な人たちはたくさんいますから。」



 今回公開されたGPT2の簡易バージョンはそのためのものだ。これによって、今後1、2年のうちに可能になるであろうことに対して、世界がどのように備えるべきなのか把握するのである。



 クラーク氏は、これについて「地獄からのエスカレーター」という言葉を用いている。



 「それは必ずテクノロジーのコストや価格を下げます。テクノロジーを制御するためのルールは完全に変わったのです。なにも私たちがどうすることが正しいのか知っていると言っているのではありません。方針を立てて、こうするべきだと言っているわけでもありません。私たちが行おうとしているのは、もっとしっかりとした考え方を作ることです。そのための道を作ろうとしています。そこを進むのは私たちなのですから。」



References:arstechnica / theguardian

☆虚構新聞レベルなら許されるのだろうか?

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!

汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

iStock-1024495664_e


 中国政府は、汚職を一掃するためにAI(人工知能)を導入した。だが、これによって判明したのは、政府によって雇われている者たちの多くが、汚職を働いているという事実だった。



 30か所に導入した段階で、あまりにも汚職に関与する公務員が多すぎたため、この汚職捜査人工知能システムは、全国に配備される前にお蔵入りとなったそうだ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

人民の5パーセントを占める公務員の管理にAIを導入する試み



  中国では、6400万人が政府関連の仕事についていると推定されている。中国の人口は13.86億 (2017年)なので、全人口の5パーセント近くが官僚組織のどこかに属しているということだ。



 この巨大組織を管理するために、中国政府はハイテクツールの導入を進めている。

 

 中国が、目的の良し悪しを問わず、監視カメラと顔認証技術の利用という点で、世界の最先端を行っていることはよく知られている。



 しかし、監視カメラとAIを利用した対汚職用システムについてはやりすぎだったようだ。



iStock-508796830_e




30か所に導入した結果、驚異の摘発率



 中国科学院と共産党が提携して開発された「ゼロ・トラスト(Zero Trust)」は、150を超える政府データベースと社会的関係マップを用いて、公務員の私生活を監視・評価する、汚職捜査人工知能システムである。



 たとえば、多額の預金がある銀行口座、大きな買い物、政府と親族・知人との間で交わされた受注案件といったサインを基にして、横領・職権乱用・コネによる採用といった汚職の気配を読み取るのだ。



 その威力はすさまじかった。



 「導入された県・市が30ヶ所に限られていたにもかかわらず、すでに網にかかった公務員は8721人に上っている。」というのだ。



 中には逮捕して当然なほど重い罪を犯していた公務員もいたという。



 だが、サウスチャイナ・モーニング・ポストによれば、網にかかった公務員のほとんどは警告を受けただけだった。



 監視されている事実を知れば、これ以上の無茶はしないだろうとの想定の下、その後も仕事を続けることが許されたという。



monitor-1054711_640_e


有能すぎてシステムは停止?



 ゼロ・トラストシステムが導入された麻陽県、懐化市、澧県などの一部政府はこのシステムを停止した。



 研究者の1人は、『新しい技術に馴染めなかったのだろう』と話しているそうだが、もしかしたらゼロ・トラストの追求の手は、上層部にも及んだのではないだろうか?



 政府筋は、AIが機密データにアクセスすることを管理する法律がないことを、停止した理由の1つとして挙げている。



 しかしゼロ・トラストの技術者たちは、ほとんどの場合、システムが正しかったことは証明されており、また汚職の告発は人間がまずそれを確認してからでなければ行われないと反論する。

 

 人間が確認するということは、るまり6400万人の公務員を別の公務員が監視するということになる。 それはかえって状況を悪化させるのではないかという懸念も出てくる。

  

 別の研究者によると、ゼロ・トラストが目指したのは、ガバナンスにボットを活用することに対する「官僚たちの大規模な抵抗を回避すること」だったのだそうだ。



 が、それはまさに起きたわけだ。



 ビッグ・ブラザーとビッグAIとの取引は、中国を舞台に戦いに転じつつある。さて、勝つのはどちらの陣営だろうか?あるいは、そもそも勝者はいるのだろうか?


☆日本に導入してもおもろいことになるのに!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!

【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

3_e
image credit:NASA


 火星に吹きすさぶ大規模な砂塵嵐により、太陽光充電ができなくなってしまったNASAの火星探査機オポチュニティ。



 2018年6月10日から地球と交信できない状態が続いていたのだが、NASAの研究者たちは再び蘇ってくれることを信じていた(該当記事)。深い眠りについているだけだと・・・



 何度も再起動するコマンドを送り続けていたのだが、オポチュニティが再び目覚めることはなかった。



 2019年2月13日(現地時間)、火星を15年間探査してきた火星探査ローバー、オポチュニティの活動停止を正式に認めたNASAは、コマンド送信を打ち切った。

 

 友を失った悲しみがそこかしこから聞こえてくる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-





Opportunity: NASA Rover Completes Mars Mission



あらゆるローバーよりも長い距離を走破してきたオポチュニティ



 2004年、オポチュニティは火星に着陸し、古代の水の痕跡を探し求めて3ヶ月程度のミッションを開始。



 以来、ほぼ同じ時期に火星に着陸した1号機スピリットよりも8年長く、本来のミッション期間の60倍の長きにわたり活動を続けてきた。



 たとえるなら、短距離走を走るために設計されたはずが、マラソンを走ってしまったような感じである。



1_e
image credit:NASA


 一昨年、ミッションを終えた土星探査機カッシーニは、主要ミッションが3年の期間だったのにもかかわらず、13年間も活動した。



 だがオポチュニティはその記録を大きく上回っている。



 これまでに作られたどんなローバーよりも長い距離を走り、どんな惑星地表探査ミッションよりも長い間、調査を続けた。人類の期待に十二分に応え、粛々と任務に勤しんでくれたのである。



 その間、過酷な火星の世界を捉えたすばらしい写真を送り届けてくれた。



 100以上ものクレーター調査では、大昔、火星の地表に水が流れていた複数の痕跡を発見するというお手柄を立てた。



 また、その長い活動期間のおかげで、砂塵や雲が変化する様子を観察することができ、将来的なミッションでソーラーパネルをはじめとするインフラをどのように設計するべきか、ヒントをもたらした。



2_e
image credit:NASA


強烈な砂塵嵐によって活動を停止



 だがオポチュニティの活動を停止させたのも、その大気の変化である。



 不穏な気配が察知されたのは、急成長する砂塵嵐の写真を地球へ向けて送信した2018年6月1日のことだ。



 こうした嵐は1度吹き始めると数週間も吹き続けることがあるのだが、このおかげでオポチュニティは闇に包まれてしまった。



 ソーラーパネルがほとんど機能しなくなり、光を浴びられないまま気温が急激に低下する冬を迎えることになるのではという懸念が浮上した。



 電力不足に陥ってシステムの温度を維持できなくなれば、電気回路に致命的なダメージが生じてしまう――これは双子のスピリットが2010年に辿った運命と同じだ。



4_e
image credit:NASA


再び目覚めてくれることを信じて



 それでもNASAは諦めなかった。オポチュニティをスリープモードへ切り替えて電力を温存し、最悪の嵐が過ぎ去るのを待つことにしたのである。



 だが、それからオポチュニティからの定時連絡が地球に届くことはなかった。



 嵐は8月まで吹きすさんだ。NASAは毎朝、元気な曲付きのモーニングコール通信を送信して、オポチュニティの復旧を試みたが、返事が返ってくることはなかった。



 火曜日、眠れる王子様に最後のセレナーデが流された。ビリー・ホリデーの『アイル・ビー・シーイング・ユー』を悲しみに沈む別れの夜に添え、チームはおそらくは来ないだろう返事を待った。



1_20190218121221b87.jpg

オポチュニティの活動停止を認め、ミッション終了を告げる



 そして2月13日午後2時(現地時間)に開かれた記者会見で、オポチュニティのミッション終了が正式に発表された。



 火星では今、キュリオシティが精力的に活動を続けているし、もうじきほかのローバーも加わることになる。



 だがオポチュニティは、特別な存在として、これからもずっと私たちの心に残り続けることだろう。



 勇敢な探検家は、歴史や居住可能性など、火星に関するさまざまな知識をもたらし、今後の宇宙ローバーのあるべき姿について助言を与えてくれた。



 だが今は安らかに眠れ!

 さようなら、そして本当にありがとう!オポチュニティ!



5_e


☆火星移住なんて、まだまだ先の話じゃ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.