FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

光がまったく届かない地底で光合成細菌が発見される。予想外の生存メカニズムの発見で、火星生命体への期待度アップ
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

0_e0


 これまで、光合成によるエネルギーで繁殖していたと考えられていた地球最古の生物の一種、シアノバクテリアが、太陽の光が届かない地底深くで発見された。



 定説をくつがえすこの発見に、科学者らは地底には思いもよらぬ生物が存在している可能性を示唆した。そう、地球外生命にも関係のある話だ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ゲーム感覚で本物の教えを学び、現実世界で6つの自由を手にすることが可能になる教育プログラム。

早稲田大学卒業生が開発した働く人の副業・イノベーション支援システム「IROAS(イロアス)」です。

    ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ダーク・バイオスフィアに存在していた、在るはずのない生物



 “ダーク・バイオスフィア”とも呼ばれる地下環境は、地表から数百メートルも続いており、まったく光の届かない場所だ。



 今回、このダーク・バイオスフィアで発見されたのは、シアノバクテリア(藍色細菌・原核生物)の一種で、これまで生きるために日光が必要だと考えられていた細菌である。



936-cyanobacteria-spain-life-dark-biosphere-1_e
赤い蛍光色の部分が岩石に付着したシアノバクテリアの細胞を示す
image credit:F. PUENTE-SANCHEZ/PNAS 2018


なぜここにいる?光のない場所に光で生きるシアノバクテリアが



 シアノバクテリアが発見されたのはまったくの偶然だ。



 スペインの国立生物工学センター(National Centre for Biotechnology)の微生物生態学者であるフェルナンド・プエンテ=サンチェス氏は、別の細菌を探すために613メートルの地下から採取した岩石標本を調べていた。



 それなのにシアノバクテリアが見つかってしまったために、最初はとんでもないミスを犯したのではと心配になったそうだ。「博士号が台無しになってしまう!」



 シアノバクテリアは少量の太陽の光さえあるところなら、地球のどこででも見ることができる細菌だ。



12_e
シアノバクテリアが付着していたダーク・バイオスフィアの岩石
image credit:F. PUENTE-SANCHEZ/PNAS 2018


水素濃度と関連性が?



 だが、それが見つかったのは、光など絶対に届かない、完全な闇の世界からだ。一体どのようにして生きることができたのか?



 答えは水素と関係しているようだ。



 遺伝子解析によって、地中のシアノバクテリアは、カロスリックス属、クロオコッキディオプシス属、ミクロコレウス属と関係していることが判明。また岩石を採取した場所は水素濃度が減少していることも分かった。



 プエンテ=サンチェス氏らの見解では、シアノバクテリアは水素を使って日光と酸素のない環境でエネルギーを得ている。水素電子を地下に存在するさまざまな電子受容体に送り、その過程で少量のエネルギーを生じさせるのだ。





光合成に変わる事実上の生存メカニズムの発見か?



 この電子輸送システムは、これまでもほかのシアノバクテリアで発見されたことがある。しかし、今回の場合は、光合成に変わる事実上の生存メカニズムではないかと推測されている。



 現時点では仮説でしかないが、この能力は、砂漠や海中のような極限環境で生存するうえでも役に立つのではと考えられている。



 「このメカニズムはシアノバクテリアの系統で受け継がれている可能性があります。それは光合成を行わない祖先の生活を反映したものかもしれません」とプエンテ=サンチェス氏は説明する。





火星にも生命体が?期待が高まる



 そして、このことは地球だけでなく、火星のような場所の生命についても示唆に富んでいる。



 「これまで知られていなかったシアノバクテリアの生態的ニッチは、その起源や進化モデルを示唆しているとともに、地球以外の天体における現在や過去の生態圏をも指し示しているかもしれません」とプエンテ=サンチェス氏は話す。



 もちろん彼は、火星の地下にシアノバクテリアが潜んでいると言っているわけではない。しかし、未知の環境で生命が生きられる方法について理解を広げてくれたことは確かだ。



 この発見は『PNAS』に掲載された。



References:sciencenews / pnas/

☆バクテリアレベルならおるやろな!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

スポンサーサイト

火山噴火から着想。ジオエンジニアリングで気温を下げられることが判明。ただし副作用あり(米研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

cloud-143152_640_e


 人類は、大気汚染とそれによって引き起こされる環境問題に気付くまで、数十年という月日を費やした。



 現在、気温上昇による気候変動は着実に悪化している。それに対応すべく生み出されたのがジオエンジニアリング(地球工学)だ。



 今回、アメリカ・カリフォルニア大学のバークレー・グローバル・ポリシー研究所が発表した研究によると、大気中に硫化カルボニルを放出することで気温を下げることができることがわかったという。



 これは火山噴火により気温が低下したという事例から着想を得たアイディアだ。



 ただしこの方法には副作用があるという。局地的な極端な寒冷化が起こり、農業に影響を与えるというのだ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ゲーム感覚で本物の教えを学び、現実世界で6つの自由を手にすることが可能になる教育プログラム。

早稲田大学卒業生が開発した働く人の副業・イノベーション支援システム「IROAS(イロアス)」です。

    ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

火山噴火の事例から気温を下げる方法を発見



 ジオエンジニアリング(地球工学・気候工学)は、人工的にに雲を増やしたり、地球を冷やす為の微粒子を撒いたり、宇宙に太陽光を反射する鏡を設置するなどといった技術である。



 今回、カリフォルニア大学のバークレー・グローバル・ポリシー研究所は、大気中に硫化カルボニルを放出することで大気硫酸塩エアロゾルの上昇を引き起こし、地球温暖化を防ぐ事が出来ることを発見した。



 この研究は、火山噴火という自然現象からアイデアを得た事が画期的な点だ。



 火山噴火により地球の気温が低下する現象は、1991年、フィリピン諸島で起きたピナトゥボ山噴火が良い例だ。



0_e7
ピナトゥボ山噴火 image credit:Richard P. Hoblitt



 この噴火で、約2000万トンの二酸化硫黄を大気中に放出され、これによって発生した大気エアロゾル粒子により、太陽光が通常よりも2.5%多くはじき返された。その結果、地球全体の気温がおよそ1ファレンハイ(およそ摂氏0.5°)下がったという。



 バークレーのチームはこの研究を確固たるものにするため、二酸化硫黄が噴き出した可能性のあるすべての火山噴火を調べてデータにまとめた。



10_e


 更にサンディエゴ、スタンフォード、コロンビア大学らのチームと共同で105ヶ国のトウモロコシ、大豆、米と小麦といった農業の分野が1979年から2009年にどう変化したのかを調べた。





気温を低下させても農業に影響を与え相殺されてしまう



 その結果分かった事は「火山噴火によって引き起こされた太陽光の低下は農業分野に悪影響を及ぼし、地球温暖化を防ぐための利点を相殺してしまう」という点だ。



 折角気温を下げることができても、農産物の不作を招いてしまっては意味がない。



 ジオエンジニアリングはメリットもあるが、そのリスクは未知数であり、様々な危険をはらんでいるようだ。



 実用化する前に、更なる調査と研究を重ねる必要があるだろう。



 この研究は論文は『Nature』に掲載された。





ジオエンジニアリングの歴史



iStock-1032721976_e


 「ジオエンジニアリング」という単語は、1965年、第36代アメリカ大統領リンドン・ジョンソンの科学諮問委員会で初めて使われた言葉だ。



 その中で、二酸化炭素の排出で引き起こされる地球の気温上昇を食い止めるために「大気圏に微粒子を散布し、熱を反射させ地球全体を冷やす」という作戦が提案された。



当時は「ばかばかしい」、「ありえない」と相手にされなかったが、それから約30年後の1996年、アメリカ空軍はこの作戦について考慮しだした。



 そしてそれが、超常現象や陰謀論を取り上げるAMラジオ「レイト・アート・ベル、コースト・トゥー・コーストAM」で取り上げられた。



 散布される微粒子には有害物質が含まれているに違いない。政府は国民に毒を吸わせようとしていると、国民の不安感情を増大させていくこととなった。これが「ケム・トレイル」と呼ばれる陰謀論である。



 気候を人為的に操作するというのは神の領域である。



 すでに雲を発生させ雨を降らせたり、台風の進路を変えたりといった気候操作は行われていて、それなりの成果を収めているが、今後どんなリスクが降りかかってくるかは未知数だ。



References:eurekalert / nature/

☆富士山に原爆落として噴火させたらええんやな!

Youtube版もご覧くださいませm(__)m

サウロンの目かな。新たに公開された土星のオーロラ写真(ハッブル宇宙望遠鏡)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

0_e4
image credit:ESA/Hubble, NASA & L. Lamy (Observatoire de Paris


 夜空に輝く光のカーテン…一生に一度は見てみたいロマンチックなオーロラだが、それは地球以外でも見ることができる。



 美しい輪をまとった土星も美しいオーロラを見ることができる星の一つだ。



 まるで宇宙を見つめる青い瞳か、はたまた漆黒の宇宙を見つめるサウロンの目のような青白い光を放つ土星のオーロラが、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した土星のオーロラ



4
image credit:ESA/Hubble, NASA & L. Lamy (Observatoire de Paris


 裸眼でも見ることのできる地球のオーロラと違い、土星のオーロラは主に水素が反応して発生するもので、紫外線カメラでないと写すことができない。



 ハッブル宇宙望遠鏡に搭載されたSTIS画像分光器を用い、2017年に7ヶ月間、土星のオーロラが最も見えやすい土星の北半球の夏至前後に撮影が行われた。

 

紫外線で撮影された土星のオーロラ

1_e10
image credit:ESA/Hubble, NASA & L. Lamy (Observatoire de Paris


 紫外線で撮影された画像に可視光線で撮影されたものを薄茶色の土星に合成してできたのがこの画像だ。



0_e4
image credit:ESA/Hubble, NASA & L. Lamy (Observatoire de Paris




太陽系で見られるオーロラ



 オーロラは土星だけでなく、太陽系内では木星、土星、天王星、海王星で見ることができる。



 太陽系外惑星でも発生するようで、今年8月には地球から20光年離れたところにある木星質量の12.7倍の惑星「SIMP J01365663 + 0933473」でオーロラが観測されている。



 地球のオーロラの場合、太陽から地球へと太陽風として飛んできた荷電粒子が、地球の磁気圏にすでに溜まっている陽子や電子などの荷電粒子を電離層に降り注がせる



 これが地球の磁力線に沿って移動して極から流れ込み、地球の高層大気の酸素や窒素分子と反応し光子(オーロラ)を放出する。


☆オーロラ見付けてなんになんねん!

Youtube版もご覧くださいませm(__)m

ロシアが開発中のスペースデブリを破壊するレーザー砲。運用中の人工衛星まで破壊可能としてアメリカ政府が懸念を示す
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

2_e1


 現在ロシア政府が支援する企業が地球を取り巻く人工衛星全てを破壊し、蒸発させることの出来る技術を開発しようとしているという。



 このレーザー砲の開発計画はロシアの宇宙開発企業「ロスコスモス」の子会社である「Scientific and Industrial Corporation ‘Precision Instrument Systems’(通称:NPK SPP)」の研究者がロシア科学アカデミーに提出したものだ。



 その目的は地球を取り巻くスペースデブリを破壊することだが、運用中の人工衛星の特定とその破壊すらも可能だとしてアメリカ政府は懸念を抱いている。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スペースデブリを特定し、レーザー砲を用いて破壊



 NPK SPPによって提出されたこの技術は宇宙に漂う「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」を地球から破壊する事が可能だが、同時に悪用されれば光学検出システムを導入した個体レーザーを用いた人工衛星の特定と、それに加えたレーザー切除・溶解が可能になるという。



 レーザーは当たった物体を熱し、ゆっくりと蒸発させることが可能なのだそうだ。



 噂によると、このレーザーを導入するための3メートルほどの大きさがある天体望遠鏡はすでに完成していると言われている。



4_e0




運用中の人工衛星も破壊できることの懸念



 アメリカはこのレーザーが宇宙のゴミや塵だけでなく、人工衛星の盗聴や全世界で使用されている人工衛星をも落としてしまう可能性がある事から強い懸念を抱いているという。



 国務審議員であるイリム・ポブレッティ氏はジュネーヴで開かれた国連軍縮会議において、この懸念をロシア政府に対して持ち上げた。



 国連軍縮会議では現在、宇宙開発競争の上で国家間の軍事的介入が無いように慎重な距離感を保つ努力がなされている。



 だが衛星を特定し破壊することの出来るロシアの新技術は、「不穏であり、悪意が見えかくれしている」というのがポブレッティ氏の見解だという。



5_e0


 ポブレッティ氏は「ロシアの行動は彼らの言動と一致していない確たる証拠だ」として今回の新技術に批判的だ。





早急に対応を迫られるスペースデブリ問題



 しかしロシアは公式釈明として「このレーザー技術は地球を取り巻くスペースデブリを破壊するだけのものだ。このままでは数十年後、人類はスペースデブリのせいで宇宙探索もできなくなるだろう」とコメントしている。



 確かにこれは正論だ。



 実際に宇宙にはおよそ1.7憶ほどの宇宙ゴミが地球を取り巻いていると言われているが、その中で特定されているのはたったの2万2000個だという。



 これらのデブリは人工衛星を打ち上げた時の部品、ロケットから切り離された部品、金属や石など、およそ7千トンあまりの宇宙ゴミとなり地球という惑星を周回している。



 地球をとりまくスペースデブリ(1957年から2016年)



Space Debris 1957 - 2016 | Watch this Space - Episode 5





 現在、携帯電話、テレビ、GPSや気象関連情報を提供するサービスなどは全て人工衛星を介して行われている。



 デブリだけならともかく、運用中の人工衛星を撃ち落とされてしまったら大変なことになる。アメリカ側の懸念が強いのも納得できる。



 アメリカのNASAもこのスペースデブリ問題は無視できる問題ではないとしており、各国が協力体制でこの問題に挑まなければならないことは確かだ。



 両者の言い分も理解できるが、同じ地球船の乗組員として共同で問題に挑むことができればよいのだが。

☆中国も開発を進めとるんや!

Youtube版もご覧くださいませm(__)m

完全な異性愛者は存在しない(米最新研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

5_e19


 男なら女しか、女なら男しか愛せないという、昔から信じられてきた模範的な異性愛だが、そんなものは存在しないということが最新の研究で明らかとなった。



 女性が性的な映像を見た時の反応を調査したところ、本人の自己申告とは無関係に、異性にも、そして同性に対しても身体が大きく反応していることが分かったそうだ。


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 アメリカ、コーネル大学のリチャード・C・サビン-ウィリアムズ博士の研究は、文化に深く根付いた固定観念を揺るがすこととなった。



 同博士が採用する基本的な手法は、瞳孔の拡大の有無を観察して、性的指向を評価するというものだ。彼らによれば、自分がストレートであると信じている女性でも、通常は男性に性的な関心を示すが、いざ運命の女性が現れれば同性であっても求愛するかもしれないのだ。



5_e20


 一般的な考えでは、性的指向は異性愛か同性愛に明確に区別できると思われている。ごく最近まで両方を愛することができる両性愛(バイセクシャル)が取り上げられることはなく、はっきりと揺るぎない性的指向という観念が社会に刷り込まれていて、それが文化的な性的役割を決めている。個人が自分の欲求を正直に伝えようとしないのも、こうした社会的な規範があるからだ。



 かつて、本研究のような同性に対する反応は、女性のみに特有のものであると考えられてきた。しかし、女性が自分自身に性的な行為をする写真を見て異性愛者として反応する男性に対して、男性が自分自身に性的な行為をする写真を見せた時もまた瞳孔がやや拡大することが確認されている。すわなち心理学的には、男性であっても完全な異性愛者は存在しないということだ。



2_e27


 19世紀の婦人参政権運動から20世紀半ばに沸き起こった種々の社会正義運動まで、アメリカの政治活動家は構造的不平等を解きほぐそうとしてきた。一見無害に思える社会規範でさえ、性の格差を維持する上で大きな役割を果たすことがある。サビン-ウィリアムズ博士らが目指すのは、こうした規範が科学的な事実であるという誤解を変えることだ。



 性の境界は、男性にとっても女性にとっても緩まりつつある。サビン-ウィリアムズ博士は、こうした傾向はおそらく好ましいことだろうと評価する。子供たちにより多様な意見が育まれ、選択肢も増えるからだ。



 彼らは何が何でもそこに合わせなければならないとは感じなくなるだろう。異性愛の人々にとっても、性的役割とあるべき振る舞いという観点において、異性の領域に足を踏み入れやすくなるはずだ。



 LGBTや性同一性障害の人は、不当な社会差別や偏見に晒されているかもしれないが、人間としては、同性愛者であることが特権と言えるのかもしれない。なぜなら、その人物には、異性愛というアイデンティティを押し付ける規範に対して疑問を抱くきっかけが与えられるからだ。



 抑圧的な性文化は、同性愛側に生まれついた人々が遭遇する深刻な危害の原因であるかもしれないが、そうした境界によって人間性の探求が制限されているのはそこで暮らす全員だ。



via:broadly



 本能に正直な動物の世界ですら同性愛は確認されているのだから、理性や社会的規範を取っ払ってしまえば、人間も完璧なストレートとはいいがたく、本当に心惹かれた人はたまたま同性だったという場合だってあるってことだ。

☆この研究は絶対に間違っとる!

Youtube版もご覧くださいませm(__)m
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.