FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

33億年前の火山岩から宇宙が起源の有機体が発見される(南アフリカ)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

0_e


 南アフリカに横たわる33億年前の岩石の中から、宇宙が起源とされる有機分子が発見されたそうだ。



 メタンからアミノ酸まで、有機分子が宇宙に存在することはすでに知られている。そして、おそらくそれらのいくつは炭素を含む隕石に乗って地球に持ち込まれたことだろう。



 だが今回発見されたものは、そうした地球外分子のサンプルとしては最古のものである可能性があるという。

火山岩の堆積層から地球外の有機分子



 南アフリカ東部とエスワティニ(旧スワジランド)にかけて、マコニワ山脈やバーバトン緑色岩帯と呼ばれる小さな山脈が横たわっている。



 そして、そこにある7~20メートルも堆積した33億年前の火山岩層を「ジョセフダル・チャート(Josefdal Chert)」という。

 

 『Geochimica et Cosmochimica Acta』に掲載された研究によると、その火山灰の層の間には、火山活動があまり活発でなかった時期に積もった、どこか岸辺のように水の影響を受けたような炭素の層があるという。



 研究チームは、そこで採取された切手くらいの大きさのサンプルを薄くスライスして、そこにある電子がゆっくりと変化する磁場にどのよう反応するのか確かめてみた。



 するとスライスの中からいくつか異なるシグナルが発見された。そのほとんどは地球上で見られる炭素シグナルだったが、スライスの1枚からは炭素を含んだ隕石(つまり有機物)を思わせるシグナルが見られた。



1_e0
バーバトン緑色岩帯の衛星画像:NASA


いかにして33億年を耐えたか?



 そこに地球外を起源とする物質があったこと自体は驚きではない。現在でもそうであるように、古代の地球でも、小さな隕石が落下して、有機炭素分子が持ち込まれることはあっただろうからだ。



 やや意外だったのは、33億年が経過しているというのに、こうした物質がいまだに検出できるだけ十分に残っていたことだ。



 その説明として、おそらく隕石が衝突して大気中に塵の層を作り出し、それが落ち着いてから解析された地層が形成されたのだろう、と仮説が立てられている。





Extraterrestrial Organic Matter Discovered In 3.3-Billion-Year-Old olcanic Rock



地球外生命の痕跡なのか?



 これはたった1つの証拠に過ぎないし、33億年前に堆積した文字通りの分子というわけでもない。それでも、こうしたものがあるのだと知っておくことは重要だ。



 研究者たちは、火星をはじめとする他の惑星にかつて生命が存在したのではないかと調査を進めている。すべての生命体は主に水と有機物で構成されているために、彼らもまたこれらを探している。



 注意が必要なのはこの点だ。隕石が作り出した堆積物に有機物が含まれているのならば、それが生命の痕跡に見間違われる恐れがあるのだ。



 したがって生命の痕跡を探す研究者は、それが隕石に由来するものなのか、本物の生命の痕跡なのか、きちんと見分けなければならないということだ。





パンスペルミア仮説なら?



 だが別の考え方もあるかもしれない。それは、こうして隕石によって運ばれてきた有機物が本当に生命の起源だったという可能性だ。



 これを「パンスペルミア仮説」という。



 この仮説は、有害な宇宙線が飛び交う宇宙空間に生命のタネが存在するはずはないと否定されてきたが、最近では隕石の中なら宇宙線から守られることや、大気圏突入の負荷に微生物が耐えられることを示した研究もあり、ただの与太話ではなくなってきている。



 いずれにせよ、地球に存在する岩石が、それ自身の歴史の記録であるばかりか、じつは太陽系全体の壮大な歴史の記録でもあると分かるだけでも驚きだろう。



References:Extraterrestrial Organic Material Discovered In 3-Billion-Year-Old Rocks | IFLScience/

☆どっちの説も正しいような気がするが・・・!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
スポンサーサイト

1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

tree-3822149_640_e_e


 植物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する。ご存じの通りこれは光合成と呼ばれるものだ。



 人為的な二酸化炭素排出による自然環境破壊という問題に、人類は今取り組んでいるわけだが、スイスのチューリッヒ工科大学の生態学者とそのチームが、新たな研究結果を発表した。



 この地球上に新たに1兆2,000億本の木々を植えると、人間が人為的に排出する10年間分のCO2排出量が木に吸収されるというのだ。

地球温暖化により気候変動が加速している



 生態学者トーマス・クロウサー博士は、これまでの研究で世界の炭素の多くが北極圏もしくは亜寒帯地域に存在していることを発表していた。



 今回の研究では、地球温暖化により土壌が温まると、特にこれら高緯度の地域の土壌からのCO2排出量が増加し、それが放出されると気候変動を17%加速させる可能性があると明らかにした。



このままでは、温暖化が2050年までに上層地平線から55ギガトンの炭素の損失を生じさせることになるという。



 そこでこの問題の解決策として、1兆2,000億本の植樹活動を提案したのだ。



autumn-2183489_640_e


植林は気候変動との闘いにおいて、最も強力な武器



 今年、ワシントンD.C.で開催されたアメリカ科学振興協会で、クロウサー博士はチーム一同が取り組んだ研究を発表した。



 世界中の120万か所におよぶ地域から、森林目録データと衛星画像を組み合わせて調査を行ったチームは、現在の地球上には3兆本の木があると見積もった。これは、過去の見積もりデータの7倍になるそうだ。



 このように地上と地下の双方のデータを使用することで、チームは多様な生態系保全を考慮しながら、植樹活動のために優先度の高い地域を特定できるというわけだ。



 またチームは、都市や農地を含まない何百万エーカーもの放置されたスペースがあることも発見した。



forest-931706_640_e_e


この地球上には、公園や森林、廃棄された土地など植樹できるスペースはまだ十分にあります。



木は気候変動との闘いにおいて最も強力な武器であり、植樹活動は温室効果ガスの削減には最も効果的な方法の1つだといえます。



3兆本の木には、400ギガトンのCO2が貯まっています。もし1兆2,000億本の植樹が叶えば、大気から何百ギガトンというCO2が吸収されることになります。



つまり、新たに植樹される木々は、毎年人間が排出するCO2量よりも多くの炭素を吸収し、人為的に排出されるCO2の少なくとも10年分が相殺されるほどの貯蔵庫になるのです。(クロウサー博士)




国連も植樹キャンペーンを開催中



forest-2942477_640_e


 近年、植樹活動は地球温暖化防止を促進するため、そして地球上の命を守るための重要な活動として認識されている。



 国連では、既に「10億本植樹キャンペーン」を行っていたが、クロウサー博士の発表を受け「1兆本植樹キャンペーン」に変更し、これまで世界中に140億本近くの植樹に成功している。



 また、オーストラリアは、パリ協定での目標を達成するための努力の一環として、2050年前に更に10億本の木を植える計画を発表した。



nature-3294681_640_e_e


 クロウサー博士は、「都市に木があると、環境が改善されて人々を幸せにします。また、大気汚染や水質汚染、食品品質、更には生態系のバランス改善など自然に多くの利益を生み出してくれます。植樹活動は、シンプルかつ具体的で誰でも参加できる取り組みなのです」と語っている。



References:Planting 1.2 Trillion Trees Could Cancel Out a Decade of CO2 Emissions, Scientists Find - Yale E360/

☆SDGsバッジを買いましょう!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

火星で初の地震観測か?地震の振動波と思われる音が公開される。
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

0_e0
NASA/JPL-CALTECH


 NASAの火星探査機インサイトが史上初めて「火震」らしきものを観測した。かすかだが、紛うことなき火星の大地の震えである。



 分析によって、その振動が火星の内部で生じており、風などによる大気の影響ではないことが確認されている。現在は、その震源の特定が試みられているところだ。



 ではその音源テープを聞いてみよう。





First Likely Marsquake Heard by NASA's InSight



地震検出センサーを搭載したインサイト



  インサイトは2018年5月5日に打ち上げられ、2018年11月26日に火星のエリシウム平原に着陸したNASAの火星探査機である。

インサイトは、「SEIS(Seismic Experiment for Interior Structure)」という地震を検出するためのセンサーを搭載する。



 これによって記録されてきたこれまでのデータは、主に背景のノイズであるにすぎなかったのだが、4月6日についにお目当のものが発見されたのである。



1_e2
NASA/JPL-CALTECH


火星の内部を知る手掛かりに

 

 火星の地震は、地球のものと同様、惑星の内部についてくわしい情報を明らかにしてくれる。地震となれるだけの強さを持つ波は、惑星サイズの地中探知レーダーのようなものなのだ。



 地震波が地中を広まるとき、通過する物質に応じて速度が変わったり、反射したりする。これがその内部の構成を知る手掛かりになるのである。



 残念ながら、今回の地震波は微弱すぎて、火星内部のことまで知ることはできなかった。それは地球であれば、プレート運動の騒音によって検出できなかっただろう類のものでしかなかった。



 それでも今回のデータは、たとえ火星にはプレート運動がないのだとしても、地震がきちんと存在するということを証明してくれている。なんといっても、より微弱なサインならほかにも検出されているのである。





月の地震「月震」に類似



 なお4月6日のものは、それらより強いだけでなく、ほかの理由からも興味深いものだ。1969年から1977年にかけて月面の地震計によって記録された月震と非常によく似ているのである。

 

4_e
アポロ11号が設置した月震計 commons.wikimedia.


 火星と同じく、月にもプレート運動はない。



 ここにおいて震源となるのは、内部が冷却されるのに合わせて生じる、ゆっくりとしたわずかな収縮である。内部が収縮すると、それが外殻にストレスを与え、やがてヒビが入り、振動となる。



 そして火星での振動についても同じプロセスによって生じているのでは? と推測されている。今後さらに火震が検出され、分析が進めば、いっそうくわしいことが明らかになるだろう。



 とりあえず、今のところはインサイトのSEISが設計通りに機能しているということがわかった。揺れの微弱さを考えれば、すばらしい技術の勝利である。



 月の地震が「月震」ならば、火星の地震は「火震」となるのか?

 さあ、火星の地震学の始まりだ!

☆地震の観測までしとったのか!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

イギリスの河川に生息する淡水エビの体内から、コカインなどの違法薬物が検出される
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

iStock-1137484091_e
NeagoneFo/iStock


 様々な生活汚水は下水道に流れる仕組みになっているが、100%浄化できなかった場合、その汚水が海や川へと流れ、環境衛生問題に繋がる。



 今回、イギリスのサフォーク州の河川に生息する淡水エビを採取して検査したところ、コカインやケタミンなどの違法薬物や農薬などが検出されたという調査結果が発表された。

河川に住む全ての淡水エビからコカインが検出される



 キングス・カレッジ・ロンドンの研究員らは、サフォーク大学と合同で、サフォーク州周辺の15地域の河川に生息する野生生物の様々な微量汚染物質を調査した。



 調査員らが5つの川からサンプルとなる淡水エビを採取して検査したところ、全てのエビにコカインやケタミンなどのAクラス違法薬物が検出された。更には、禁止されている農薬や医薬品も検出され、専門家らを驚かせた。



crangon-crangon-57618_640_e


薬物が河川に入り込んだ経緯を詳しく調べる必要あり



 キングス・カレッジ・ロンドンのトーマス・ミラー博士は、「違法薬物などの検出濃度は微量だが、化学物質の痕跡が環境衛生に影響を及ぼし、自然生態系に何からのリスクをもたらす可能性がないとは言えない」と指摘する。



 今回、淡水エビから検出されたこれらの残留物が、英国の水道に入り込んで河川を汚染しているのは明らかだ。



 しかし、長い間国内で禁止されてきた農薬の混入経緯などが現時点では不明なため、更なる調査が行われることになるようだ。



 同カレッジのレオン・バロン博士は、違法薬物が、野生生物から当たり前のように検出された事実に驚きを隠せないという。



 ロンドンのような都市部だと、こうした現象が起こる可能性もあるが、小さな田舎の河川地域でこのような結果が出ることは想定外だったようだ。



iStock-914737428_e
iStock


目に見えない化学汚染の恐ろしさ



 サフォーク大学ニック・バリー教授は、次のように述べる。



水生動物にコカインが存在することは、サフォーク州だけの問題なのか、それとも国内全域や海外でも同様に起こっていることなのか、更なる調査を進める予定です。



環境衛生については、地球温暖化やマイクロプラスチック汚染などが世間から大きな注目を集めていますが、目に見えない化学物質による薬物汚染が野生生物の健康に与える影響についても焦点を当てていく必要があるといえるでしょう。


 結果として、今回の検出濃度が野生生物に何らかの影響を与えるか否かという点については、その可能性は低いということだそうだ。



 なお、この研究は環境科学と環境衛生専門の雑誌『Environment International』に掲載された。




☆もう安心できるところないやんけ!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)

極小のブラックホールが地球の中心に存在するという説を主張する元NASAの科学者
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

iStock-1137607393_e
Naeblys/iStock


 先日、人類が初めてブラックホールの撮影に成功したというニュースは世界中を駆け巡ったが、それでもまだ、ブラックホールは神秘に満ち溢れている。



 ブラックホールは空の向こう側だけに存在するものではない。なんと地球の中心にも存在するとする説の主張を行っているのは、元NASAの科学者だ。



 これには地球空洞説がかかわってくる。

地球空洞説からの地球内部のブラックホール説



 地球空洞説とは、地球の内部は空洞になっていて、北極と南極に開口部があり、そこが別世界へつながっているという、古くから概念として存在する説だ。



 この地球空洞説の初期の支持者には、ハレー彗星の回帰を予言した著名な天文学者エドモンド・ハレーがいるが、最近、元NASAの科学者、ルイーズ・リオフリオ氏までが似たような説を提唱するようになった。



10_e
内部世界の地図(ウィリアム・ブラッドショー著『Goddess of Atvatabar』(1892年)より)


 サンフランシスコ州立大学のリオフリオ氏は、かつて10年間ほどNASAジョンソン宇宙センターに在籍していたという経歴の持ち主だ。



 彼女の説では、地球の中心には小さなブラックホールがあるのだという。



数十億年前、地球は極小のブラックホールの周囲に形成された。それは砂粒を核として真珠が形成されるのと似ている。



このブラックホールは地球内部の熱の発生源であり、火山や地震がこれに起因するだけでなく、島の形成もまたこれによる。




ブラックホールは地球や生命にとって恩恵をもたらす



 dailystar誌が伝えたところによると、リオフリオ氏は現在、国際宇宙ステーションに原子時計を設置するプロジェクトに携わっているらしい。



 これは、光速は変化するという、彼女が提唱するまた別の大胆な仮説を検証するためのものだ――どこかタイムトラベルとも関係していそうな話だ。



 ここ最近、タイムトラベルと光速を扱ったテーマにブラックホールが登場するのが常であるが、リオフリオ氏もまた、ユーチューブチャンネルで地球の中心にあるというブラックホールについて語っている。





NASA Insider PROVES Time Travel Is REAL! Black Hole Discovered In Earth's Core? 2019-2020



ブラックホールを恐れる必要はない。それが良いものでなければ、生命が存在することも、地球が存在することもできなかったはず。



しかも将来的には、膨大な量のエネルギー源にもなってくれるかもしれない。全世紀の原子力にも匹敵する革新的なものだ。




地球の内部にあるブラックホールは極小だが月の質量を持つ



 リオフリオ氏によれば、地球のブラックホールは砂粒ほどの大きさしかないが、重量は月ほどもあるという。そして、欧州原子核研究機構(CERN)が極小ブラックホールを作っているという噂について言及する。

 

心配は無用。このテーブルの上にブラックホールがあったとしても、それが私たちを吸い込むようなことはない。



それは簡単な数学でわかることだ。安心してほしい。ただ地球の奥深くにまで沈み込んで、もともとあるブラックホールに衝突するだけのことだ。


 じつに興味深い。こうした発言や彼女の光速可変理論がほかの科学者によっても支持されれば面白いことになるだろう。



network-3537401_640_e


実際に地球内部にブラックホールは存在するのか?



 しかしリオフリオ氏について、今のところほかに情報はなく、2014年に『スピード・オブ・ライト』という未査読の著書が確認できるのみである。



 地球の中心にブラックホールがあるという仮説は、SF映画の題材としては優れているし、夢とロマンがあふれているが、それを裏付ける科学的な証拠はほとんどないのが現状だ。

References:NASA insider claims there's a black hole INSIDE Earth - Daily Star/

☆これは、素人でも嘘とわかるわい!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.