環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「ワレワレハ、ヒトリデハナイ」NASAが新たに10個の地球型惑星を発見
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e


 NASAが運用するケプラー宇宙望遠鏡は、今月19日、太陽系の外にある恒星を回る惑星「系外惑星」とみられる天体219個を新たに見つけたと発表した。この中には、地球とほぼ同じ大きさで恒星からの距離が水が存在できる範囲である岩石の惑星が10個含まれている。



 液体の水は生命にとっては欠かすことができない素材である。



 「重要な問いは、『我々は独りか?』というものです」とケプラープログラムの科学者マリオ・ペレス氏は説明する。



 「多分、今ケプラーが間接的ながら伝えていることは、我々は独りではないということでしょう」

独りじゃないって素敵なことね?



 ケプラー宇宙望遠鏡は2009年にNASAによって打ち上げられた。その目的は地球型の惑星が宇宙において一般的なのか、珍しいのか調査することだ。



 ケプラーが集めたデータの最終的な分析に基づき、今後科学者は『我々は独りか?』という問いに取り組むことになる。地球以外にも生命が存在する可能性を評価する重要なステップである。



3_e


 4年間のミッションで2,335個惑星が発見・確認され、ほかに1,699個の惑星候補が見つかっている。その中で大きさと気温が地球と同程度であるものは約50個ある。



 さらにケプラー以外の望遠鏡による調査も合わせると、太陽系外惑星は3,500個近く存在が確認されている。



4_e


 ケプラーのデータは、惑星が地球のように硬い表面を持つのか、それとも海王星のような大部分がガスでできた惑星であるのかを評価するうえでも役立つ。



 地球のような惑星であれば、生命が発見される確率は高まるだろう。



 これについて、大きさが地球の1.75倍以下の場合は岩石、2倍から3.5倍の場合は海王星のようなガスに覆われている傾向が判明している。



 現時点で、こうした”スーパーアース”や"ミニネプチューン"と呼ばれる惑星は、太陽系内では見つかっていない。しかし冥王星の遥か先に9番目の惑星が存在する可能性が示唆されており、その探索が行われている。



via:.nasa/aljazeera/ theguardian

☆見つけるだけやのうて、実際に行かにゃあかん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

惑星を食い散らし、地球へ赤外線を放射するモンスターブラックホールが観測される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e0


 米テキサス大学サンアントニオ校の研究者はNASAの遠赤外線天文学成層圏天文台(Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy/SOFIA)を使いモンスターブラックホールを観測している。



 「すべてではないとしても、ほとんどの大型銀河の中心には超大質量ブラックホールがあります」とNASA広報官。



 「宇宙にあるそうしたブラックホールの多くは、天の川銀河にあるもののように、比較的平穏で不活発です。しかし超大質量ブラックホールは今現在引き寄せられた大量の物質を消化し、膨大なエネルギーを放射しています」

膨大なエネルギーを排出するブラックホール「活動銀河核」



 こうしたブラックホールは「活動銀河核」と呼ばれる。研究からは、その周囲にある塵が従来考えられていた以上にずっと圧縮されていることが判明した。



 また、これまでどの活動銀河核も基本的に同じ構造をしていると考えられてきたが、これに関連して、超大質量ブラックホールの周囲を塵がドーナツのように囲んでいる構造、すなわちトーラス構造であることも示唆されている。



5_e0


 研究チームはSOFIA望遠鏡微光天体赤外線カメラ(Faint Object infraRed Camera for the SOFIA Telescope/FORCAST)で、1億光年以上先にある活動銀河核の中に存在する11個の超大質量ブラックホール周辺の赤外線放射を観測し、各トーラスの大きさ、不透明度、塵の分布を測定した。



 『マンスリー・ノーティシズ・オブ・ザ・ロイヤル・アストロノミカル・ソサイエティ(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)』に掲載された論文によれば、トーラスは予測よりも30パーセント小さく、赤外線放射のピークも推定よりも長い波長を有していたという。



 これは中央のブラックホールをとりまく塵が、これまで考えられていた以上に圧縮されていることを示唆している。さらに、地上からは大気の水蒸気に吸収されてしまうために観測できない波長において、ほとんどのエネルギーを放射していることも窺える。



3_e
image credit:youtube


 SOFIAはボーイング747-SPを改造して約2.5メートル望遠鏡を搭載した、NASAとドイツ航空宇宙センターの共同開発による空飛ぶ天文台である。



 地球に存在する水蒸気99パーセントの上空を飛行して、今回のように遠赤外線波長におけるトーラス型塵構造の特性を把握することを可能にした。



7_e
SOFIA



 今回観測されたものがすべてトーラスを起源としているのか、それとも何か別の要素が存在するのかどうか判断するには、さらなる観測が必要になる。研究チームの次の目標は、SOFIAを用いてさらに多くの活動銀河核を観測するとともに、より長い波長を観察することだそうだ。



via:physMonthly Notices of the Royal Astronomical SocietySOFIA Science Centerなど

☆次から次へと出てくるなぁ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

早ければ2022年。地球衝突やばいんかーい!“潜在的に危険”な小惑星が新たに10個発見される(NASA)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e8


 地球を宇宙から脅かす危険を絶え間なく監視しているNASAは、”潜在的に危険”な小惑星を新たに10個発見したと発表した。



 この発見は地球近傍天体広域赤外線探査衛星(Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer/NEOWISE)によるものだ。

発見された10個の小惑星



 NEOWISEの主任研究者であるNASAジェット推進研究所のエイミー・メインザー氏は、NEOWISEは未知の小惑星を発見しただけでなく、既知のものについても素晴らしいデータを収集したと説明する。



 「宇宙に設置された赤外線天文台は、地球近傍天体の発見やその特徴づけに使われる洗練された完璧な技術を扱ううえでの貴重なツールです」



1_e13


衝突危険な97個の岩石と彗星活動



 また発見された10個の小惑星に加え、97個の岩石と説明できない彗星活動の急増も確認された。



 「いきなり大出現する彗星は滅多に見つかりません。でも、これは本来珍しいからというよりも、性質上活動が突然起きるものであるからなのかもしれません」とジェット推進研究所のエミリー・クマラー氏。



 「大出現の活動は短い間しか起きませんから、その彗星データを見れるなんて天文学者冥利に尽きます」



2_e12


早ければ2022年に衝突の可能性



 本発見がなされたのは、地球を一掃する恐れがある小惑星の破片がおうし座流星群に潜んでいるとの警告がチェコの研究グループから発せられて間もなくのことだ。



 このことは、毎年訪れるおうし座流星群に紛れる巨大な岩石を手遅れになるまで発見できない可能性を示唆している。



 チェコ科学アカデミー天文学研究所(Astronomical Institute of the Czech Academy of Science)の研究グループによれば、破片の1つは2022年、2025年、2032年、2039年のいずれかの年に地球に衝突する可能性があるそうだ。



3_e8


 数十から数百メートルの小惑星は、仮にそれが脆いものであったとしても地球にとっては大変な脅威となる。地球は数年毎におうし座流星群の新しい支流に遭遇しているのだから、その分衝突の危険が高まる。



 さらに調査を続け、潜在的に危険な天体の実際の発生源を突き止めることが極めて重要であると専門家は主張する。




☆地震は来る言うとるし、ミサイルは飛んで来るはで、さっぱりわややで!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

アメリカ・ニューメキシコ州北部の森林で謎の石柱が発見される。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e0


 これはいったい?

 ニューメキシコ州最初の入植者からのメッセージ?とでもいうのだろうか?

 

 同州北部の森林で発見された石柱が謎を呼んでいる。石柱には歴史の古さを窺わせるシンボルが掘られているが、その歴史についてはっきりしたことは誰にも分からない。





Mysterious stone pillars emerge from northern New Mexico forest



石柱に刻まれたシンボルの意味は?



 この石柱の謎の解明に挑んでいるのがルイス・セルナさんだ。彼は偶然発見した石柱の模様を見て、その謎に取り憑かれてしまった。彼によると、石柱は「ロスルナス十戒石」にも匹敵するニューメキシコ州で最も興味深い謎であるそうだ。



 「何者かに対するメッセージだと思うんだが、最大の謎はそれが誰に宛てたものかってことだね」



3_e0




ホテルに展示されていた謎の石柱



  ことの発端は2013年7月7日に宿泊したシマロンのセントジェームズホテルである。



 「ロビーで面白いものを見つけたんだ」



 ホテルのロビーの片隅に白い石柱が置かれていたのだという。



 「私は中東にいた経験があるんだが、そのおかげでシンボルを一目見て、ニューメキシコのものじゃないと気がついたよ」



 フロントに石柱について尋ねてみると、「サンタフェ・トレイル(西部開拓ルートの1つ)の標識」と説明された。



1_e2


石柱の起源は中東?



 そんなはずはないと思った。この一帯で土地の払い下げは普通に行われていたが、土地の境界を記したものに見えなかったからだ。



 そのとき撮影された写真からは、石柱に十字軍の十字架らしきものが彫られていることが確認できる。ここから石柱の起源は中東にあると推測された。理由は不明だが、ここまで運ばれてきたようだった。



 またニューメキシコ州に入植してきたヨーロッパ人が石柱を作ったわけではないとも考えている。



 「十字軍の十字架だから、中東のエルサレムを示しているんじゃいかな。ソロモン神殿のことだよ」





謎の石柱はいったいなぜホテルに持ち込まれたのか?



 セルナさんは石柱の謎を解く一環として、そもそもそれがなぜセントジェームズホテルに持ち込まれたのか調査してみた。



 幸いにもホテルの前所有者エド・シッツバーガーさんと連絡がとれ、当時の話を聞くことができた。彼によると、石柱は1987年に付近の森の中で発見した農場主が持ち込んだのだという。



 「シマロンには大きな牧場がいくつもあるが、その1つを所有していたのがマクダニエル家さ。当時の経営者はミルトン・マクダニエルだね」



 そのミルトン・マクダニエルは当時、牧場にする土地を求めてヴァジェ・ビダルを訪れていた。そこで正体不明の持ち主も分からない石柱を発見したので、トラックに乗せてホテルまで運んできたのだという。そして話の種としてロビーのオブジェに置かれることになった。以来、石柱はそこに飾られている。



4_e0




石柱は家の敷地内で発見されたものだった?



 しかし今年3月23日にこの話がテレビでオンエアされると、マクダニエル家からクレームが入った。その人物によれば、そもそも石柱はヴァジェ・ビダルで発見されたのではなく、マクダニエル家の敷地内で発見されたのだそうだ。



 しかし彼の主張にもかかわらず、具体的な発見の経緯については明かされていない。



 結局、石柱が発見され、ホテルに持ち込まれた経緯について確かなことは分からずじまいとなっている。





2つ目の石柱が発見され、その謎は深まるばかり



 4年間の調査にも関わらず、シッツバーガーさん以外はほとんど協力を得られなかったとセルナさんは疑問を抱き始めた。



 ニューメキシコ大学の考古学者、ニューメキシコ州歴史担当局、土地管理局、はてはフリーメーソンのような地元の宗教組織にまで協力を依頼したが、関心を示す者は皆無であった。



 「現状維持されているか、しかるべき場所で保管されているのでない限り、連中は興味を示さないよ。でっち上げかもしれないからね」



 しかし農務省林野部に問い合わせたとき、謎をさらに深める事実が明らかとなった。カーソン国有林クエスタ地区の考古学者が2つ目の石柱を森林の中で発見したことが判明したからだ(保存するため、現時点で具合的な場所は非公開)。その大きさはほとんど同じで、同じようなシンボルが彫られていた。



00_e0


 「彼らによれば、小型の墓地だそうだ」



 第二の石柱は暮石らしき石に囲まれているというのがその根拠らしいが、セルナさんは墓地説に懐疑的だ。



 「そんなはずはないね。そもそも名前も生年月日も享年もないんだから」



 セルナさんの考えでは、周辺に置かれていた石は迷信によって説明できる。かつての入植者や狩人が石柱は聖地の目印であると考え、やがてその周囲に人を埋葬するようになったというのだ。



 「すべてが中東に起源があると伝えているよ」



 そう話すセルナさんによると、石柱のシンボルは宗教的なもので、それと同じものがソロモン神殿の胸壁に見られるという。





第二の石柱には八芒星が?



 セントジェームズホテルの石柱の片側面には杯らしきものが彫られているが、これはメノラー(9本枝の大燭台)だと推測されるという。



 あるラビから聞いた話では、初期のメノラーにはロウソクが2本しか立てられていなかったのだそうだ。また上部へ放射しているような円はエジプトの太陽か、プロビデンスの目(神の全能の目)だと思われる。



 第二の石柱には八芒星が彫られている。これは古代のシンボルで、十字軍の神殿騎士が記章に使用していたものだという。



 こうしたことを総合的に勘案して、セルナさんは石柱は誰かへ向けたメッセージなのではないかと考えている。1つに植民化の作業との関連が考えられるが、確証まではないという。



 「自分は考古学者じゃないけど、専門家は興味を示さないしね。だから自分なりに考えてみたのさ。自分ももう若くないから、死ぬまでに謎が解けるといいね」



 こう語るセルナさんは、専門家による正式な調査を期待している。



via:beforeitsnewsredditkrqeなど

 まああれだ。最近でも未来人に向けての壮大なギャグを刻んだ石柱が埋蔵されたわけだし、もしかしたらするってーと、古代人が未来人にかました壮大なギャグなのかもしれないわけだし、もうちょっと本気で調べてみてほしいものだ。

☆何もわからんままに、人類は滅びると思うのだが・・・!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

大迫力!NASAの探査機が撮影した木星の台風
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e_e


 NASAの探査機ジュノーが木星への接近を果たした。接近は合計で12回以上を予定しており、今回はその最初のものである。



 そこでジュノーが目にしたのは、木星の北極と南極の上空で吹き荒ぶ直径1,400キロという巨大な台風である。



 また大気上部から内側へ向けてジュノーの視界ギリギリまで数百キロも伸びるアンモニアの帯も検出された。その帯の外には、ガスが均質に混ざった惑星とは思えない姿が広がっていた。





View of Jupiter from NASA's Juno spacecraft



 「木星は驚きの塊です」とコメントするのは、米サウスウエスト研究所のスコット・ボルトン(Scott Bolton)氏だ。「とてもエキゾチックですよ」



 事前調査では、木星にはどの高度でも風が吹いており、予想もしない発見があるだろうと推測されていた。そして予想通り、かなり均一だと考えられていた雲の下の実際の姿は、固形物が回転しているようには見えない意外なものであった。



 今回の調査結果は、木星の極から4,200キロの上空を通過したジュノーが収集したデータに基づくものだ。



1_e0


 7月11日に予定される次回のフライバイでは、ジュノーは大赤斑という赤道の南側に何世紀も存在する巨大な台風の真上を通過することになる。



 台風がいつまでも消えない仕組みやその根底に物質があるのかどうかを知るための手がかりを得られるのではないかと期待されている。



2_e0


 ジュノーは数ヶ月間その楕円軌道を維持し、53日間隔で急降下しながら木星内部のマップを作成する予定である。こうしたデータから木星の形成過程やその場所を推測することが可能になる。



 木星は太陽と同じく、そのほとんどが水素とヘリウムでできている。また他にも炭素、窒素、酸素などの元素にくわえ、有機物やガスも有している。木星の進化について知ることは、地球(もしかしたらそれ以外の惑星も)が生命の素材を手に入れた仕組みを解き明かすヒントを手にすることなのだそうだ。



via:nasa

☆何もわからんままに、人類は滅びると思うのだが・・・!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.