環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

太陽系外惑星「HAT-P-26b」の大気に大量の水蒸気が発見される(NASA研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e


 昨今続々と地球に似た環境の惑星が発見され話題を呼んでいるが、またしても興味深い惑星の正体が明らかとなった。



 海王星と同じくらいの大きさの太陽系外惑星から大量の水(水蒸気)が発見されたという。その惑星の名は「HAT-P-26b」。430光年先の恒星をぴったりとした軌道で公転する2011年に発見された惑星だ。

 ある惑星が恒星を公転している場合、惑星が前を通過するために恒星の光が定期的に陰る。これが惑星が存在する証拠になる。そして通過するとき、光は惑星の大気を通り抜ける。その光を分析することで、大気の組成を知ることができる。ハッブル望遠鏡でHAT-P-26bの4度の通過を観測した結果、そこに大量の水が含まれていることが判明したのである。



1_e


暖かい海王星、「HAT-P-26b」



 地球以外の惑星の大気から水が発見されたのはこれが初めてではない。実際、木星・土星・海王星・天王星という太陽系内の巨大ガス惑星のいずれからも発見されており、太陽系内ではかなり一般的だ。



 しかし太陽系外惑星の大気から水を検出することはその距離ゆえに難しい。通常、外惑星の大気データを得られたとしても、それは木星のような大きな惑星のものだ。



 HAT-P-26bの場合、もっと小さいという点で画期的である。海王星と同じくらいの大きさと質量で、恒星にずっと近いことから、いわば「暖かい海王星」と例えることができる。





HAT-P-26bは巨大ガス惑星



4_e


 海王星と同じく、HAT-P-26bは巨大ガス惑星だ。ゆえに水が存在したとしても、おそらく生命はいないだろう。



 しかし水分の含有量から惑星大気の組成も窺うことができる。そして、どうやら重元素(水素とヘリウムよりも重い元素)があるようなのだ。



 重元素の豊富さのことを金属量といい、そこから惑星形成の手がかりを得ることができる。それによれば、HAT-P-26bは今よりも恒星に近い場所で形成されたようである。



 惑星の大気に含まれる重元素の豊富さを表すためによく太陽が引き合いに出される。太陽よりも重元素を含む惑星なら金属量が多い。その反対なら少ない。HAT-P-26bの場合、太陽の4.8倍の重元素しか持たず、太陽系の金属量の標準よりもかなり少ないと考えられる。

 

5_e


HAT-P-26bの金属量は木星に近い



 意外にも木星や土星のような巨大ガス惑星は太陽より重い元素をそれほど多く持たない。木星の金属量は太陽の5倍、土星は10倍である。一方、海王星や天王星のようなより小さな巨大ガス惑星の金属量は太陽の100倍。HAT-P-26bの金属量は木星に近いことになる。



 このことから、HAT-P-26bはそれが属する恒星の側で形成されたと推測される。太陽が誕生したとき、その周囲は回転する熱いガスと瓦礫の円盤に囲まれていた。円盤の太陽から離れた部分は非常に温度が低く、やがて氷となる――この氷はより重い元素が豊富であった。



 このために海王星や天王星のような太陽から遠く離れた巨大ガス惑星は、金属が豊富な氷を大量に含んでいる。おそらくより太陽に近い場所で形成されたと思われる木星と土星は、そうした氷が少ない。HAT-P-26bも後者に似ていると考えられる。



 だが、これはあくまでHAT-P-26bの大気で観測された水の量に基づく推論である。それだけで金属量を推測するには注意が必要であると主張する専門家もいる。かならずしも間違っているわけではないが、確証を持つには至らないかもしれない。





大気の研究が異星人遭遇のカギ



 それでも水の量は有力なデータで、太陽系外惑星の大気を詳細に調べることで、その表面についても理解を進めることができる。HAT-P-26bは生命を宿す環境ではないかもしれないが、それに適した他の惑星があるかもしれない。大気の研究を進めるほどに、生命に適した大気とその組成を持つ太陽系外惑星の発見に近づくのだ。



 太陽系外惑星の見つけ方は確立されている。それはもうルーチン作業になっている。次の段階は、そこに大気があるかどうか知ることだ。現時点において、それは木星のような惑星ではルーチン作業である。次の段階は、もっと小さな惑星での作業をルーチン化することだ。



 そのための強力なツールがもうじき手に入る。来年、NASAはハッブル宇宙望遠鏡の後継機とみなされるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を打ち上げる。これが稼働すれば、これまでは不可能だった太陽系外惑星の詳細な観測を行うことができる。HAT-P-26bの大気について、さらなる詳細なデータも入手されるに違いない。



7_e
via:spitzerspacerefexpress.thevergeなど

☆この手のネタはキリがない!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

映画オデッセイのように、火星でジャガイモを栽培することはできるのか?(共同研究)
パソコンのスキルアップをしたい方はここをクリックしてね!

0_e5


 ジャガイモ・火星。と聞いて連想するものは?と問われたら、こう答える人はおおいだろう。そう、火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士、マーク・ワトニーの生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描いた2015年公開の映画「オデッセイ 」である。



 では実際に、火星でジャガイモを育てることは可能なのだろうか?


 このプロジェクトはペルーのリマにあるインターナショナル・ポテトセンター(CIP)が発表したものである。昨年CIPは、NASAの支援を受け、「地球上で最も火星に等しい」とされる地形があるアタカマ砂漠より土壌のサンプルを採取した。



 その土をキューブサット(CubeSat)と呼ばれる火星の気候・気圧・大気を模倣した箱に入れ、数品種のジャガイモの種をまいた。





火星でジャガイモを栽培することは可能だった。



 その結果、ジャガイモは火星での過酷な環境下に耐えられる生命力を持つ事が判明した。塊茎は地面の底で育ち、土壌では発芽が見られたそうだ。



 ジャガイモのサンプルの中で、最も成長力を見せたのは亜熱帯低地に順応するように改良された耐塩性のジャガイモだったという。



2_e5


 今回の結果で得られた物は将来の火星ミッションに有意義になる情報なだけでなく、ジャガイモが地球での過酷な気候変化に耐えうるかを判断するものであるという。



 CIPによるとジャガイモは特に気候変化に強い植物なのだそうだ。



4


 公式サイト、potatoes.space/marsでは、ライブストリームやジャガイモが育つ様をタイムラプス映像を見る事が出来る。



 今回の研究に参加したSETI学会員でありNASAのエイムズ研究センターのジュリオ・ヴァルディヴァシルバー氏はこう語る。



農作物を火星の環境下で育てられるかどうかを調べる実験は非常に重要です。キューブサットは火星の環境を模しており、そこで生き延びられるということは、火星で栽培が可能である事を示唆しています。



私達は今後も幾つかのジャガイモの品種を試してみる事で、火星の環境に最も適したジャガイモを探しあてるつもりです。また、その上でジャガイモが育つのに必要な最低限の環境は一体何なのかを調べるつもりです




1_e5




なぜジャガイモなのか?



 CIPのジャガイモブリーダー、ウォルター・アモロス氏によれば、ジャガイモの遺伝子は、過酷な環境下でも育ち、豊富な栄養価を持っているからだという。もちろん映画「オデッセイ である。」効果も少なからずあるだろう。



 だからと言って火星に降り立った未来の人々がジャガイモを植えたところで、直ぐに育つわけではない。CIPによればまず土壌を緩くする必要があり、十分な栄養を与え、塊茎に十分な酸素と水分を与えなければ、今回の結果は望めないと言う。



 いつの日か人類が火星に降り立った時、本当にジャガイモが育つのかどうかを確かめることができるだろう。そう遠くない未来に。





CIP /NASA /UTEC Potatoes in Mars

via:Yes, You Can Grow Potatoes On Mars

via:iflscience.

☆絶対に無理。熱でやられる!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

月にエイリアンの建造物がある?ぶっとびの証拠写真が公開された件を検証する
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e3


 月にエイリアンの基地があるというとんでもない説が注目されている。



 UFOの真実を探し求めている人たちは、人類は再び月に行くことはできないとずっと主張している。その理由は、すでに月はエイリアンに占領されているからだという。月の影のエリアに彼らの作った建造物が存在するというのだ。





WHOA! Proof Of Mobile Alien Bases On The Moon? 3/12/17



月には可動式のエイリアンの建造物がある?



 ユーチューバーのタイラー・グロックナー(@SecureTeam10)は、月に建造物が存在する証拠を発見したと言っている。しかもそれは可動式になっているかもしれないという。



 アップされた画像は、NASAの月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービターが撮影したもので、そこには確かになにか建造物のようなものが写っているように見える。



1_e5


 月面に円形の物体が多数見られることをグロックナーは指摘する。



月面の物体は、長い煙突がついた原子炉の一部によく似ている。パラボラアンテナのようなものだな。月面にこんなに大規模な建造物があることを示す驚きの証拠写真だ




2_e3


 さらに、以前にもUFOのようなものが月のまわりを回っているのがわかるビデオ映像も撮影されているとグロックナーはいう。彼は月には可動式の建造物があると信じている。





SHARE NOW!! LEAKED GOV VIDEO OF ALIEN SHIP LEAVING MOON & CLOAKING ITSELF 2015





もちろんNASAは全力で認めていない



 一方NASAはというと、月のミッションやほかのどんな写真にも、エイリアンが存在する証拠は断固として認めていない。



 月面の基地のように見える写真も、鮮明な写真ではクレーターであることがはっきりわかる。



10_e3




ただのパレイドリアなのか?



 懐疑主義者たちは、これはパレイドリアにすぎないと反論する。パレイドリアとは、岩肌などの模様が、見慣れたもの、例えば人の顔のように見える目の錯覚現象のことだ。



 つまり、人は自分が見たいと思っているものを見てしまう傾向があるため、この画像を見た人たちがこれはUFOの基地だと信じやすいというのだ。



 グロックナーのチャンネルは、多くのUFO関連要注意サイトに登場している。捏造写真を使ったり、ただの岩だとわかっているものをエイリアンや宇宙船だと吹聴しているとしてグロックナーは非難されている。



 だが、グロックナーはこれを全面否定し、自分は献身的なUFO研究家だと主張している。





これがクレーターであるという証拠も



 捏造UFOバスターのスコット・ブランドは、さっそくこの新たな映像の嘘を暴いたという。



 グロックナーの投稿した映像の構造物のようなものはただのクレーターで、正確にはグリーブス・クレーターというらしい。



 ブランドはこのクレーターが写っているNASAのより鮮明な写真を提供し、グロックナーの写真は解像度が低く、画質が悪いという。



 ufoofinterest.orgというサイトを運営しているブランドは言う。「クレーターはパラボラアンテナのように見えることがよくあるが、それは単なる目の錯覚だ。それにクレーターは凹状ではなく凸状に見えることもある」



 ブランドは後で自分の発見についてツイートした。

ufoofinterest.org:月のエイリアン基地の証拠だって? @SecureTeam10はいつだって捏造がお得意だ。これはグリーブス・クレーターだよ。


1_20170327120057efd.jpg

☆なんやねん!

↓↓安い!!初月300円で学べます!↓↓
ここをクリックしてね!

ここをクリックしてね!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

新大陸が登場か?陸塊が衝突し超大陸「パンゲア・プロキシマ」が誕生する(米研究)
BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
↑ ↑ ↑ ビットコインがタダで手に入ります!クリックしてね(^O^)

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e10


 2億5,000万年後には世界の隅から隅まで歩いて行けるようになるかもしれない。大陸を形成している陸塊が融合するからだ。



 かつてのパンゲア超大陸のように、分裂し、現在ある形になった地球を覆う陸塊は、将来的にその古代のルーツを再現するかもしれない。

新大陸、パンゲア・プロキシマ



 その形状について、米ノースウェスタン大学の地質学者クリストファー・スコテーゼ(Christopher Scotese)氏は、「パンゲア・プロキシマ」と呼ぶ。



 「今から5,000万年後に、オーストラリアは東南アジアと広い範囲で接するようになるでしょう」と同氏は予測する。



1_e9


 スコテーゼ氏は予想される変化をアニメーションでマップ化した。そこでは南極が北上してアフリカの隣まで移動し、さらに南アメリカと衝突する様子が映されている。大陸は常に移動を続けており、お互いの衝突は不可避であるように見えるという。





Future Plate Motions & Pangea Proxima - Scotese Animation



 「プレートで構成された世界において、プレートはゆっくりと、しかし着実に進化し、その1つは大陸の衝突といった地殻の大変動を迎えるでしょう」



 こうして、プレートテクトニクス体制が本質的な変化を迎えることになるという。



将来的な大陸の移動



 大陸の移動は、1世紀ほど前にドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーによって提唱された。地球の大陸はそれぞれ異なる速度で移動している。年間に3センチ移動する大陸もあれば、その5倍の速度で突進する大陸もある。



 最近では、こうした大陸の移動は人工衛星によって追跡されている。アメリカ地質調査所の地震学者スーザン・ハフ氏はこれを、「スープの大釜のようなもの」と説明する。プレートはスープの表面にできた薄い膜に似ているのだそうだ。



2_e8


環太平洋火山帯とは?



 しかし実際のプレートを分ける断層はそのように可愛いものではなく、凄まじい地震・噴火・津波が頻発する。こうした自然災害のために、無数の人々が犠牲となってきた。ときには前触れなく突然発生することもあり、コミュニティ全体を破壊してしまう。



 世界には地震や噴火が集中するホットスポットがあり、悪名高い環太平洋火山帯もその1つだ。この危険ゾーンは、オーストラリアから日本東部の沿岸地域を通り、北アメリカ西部の海沿地域、南アメリカ大陸へと伸びている。





 2億5,000万年後の世界なので今を生きる我々にとっては未来すぎる事案なのだが、陸地の大変動は人類にどのような影響をもたらすのだろうか?ちょっとそれだけは知りたい事案ではある。


☆それまで人類が地球におるかどうかが問題じゃ!

↓↓安い!!初月300円で学べます!↓↓
ここをクリックしてね!

ここをクリックしてね!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

約40億年前、地球最古の化石から生命が存在したことが判明。他の惑星でもたやすく生命が誕生する可能性がある
BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
↑ ↑ ↑ ビットコインがタダで手に入ります!クリックしてね(^O^)

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e17


 カナダで発見された地球最古と言われる40億年前の化石に、地球に生命が存在したことを示す”直接的な証拠”があるという最新論文が発表された。



 これは他の惑星においてもたやすく生命が誕生する可能性を示唆している。

地球は最初期にすでに生命を宿していた



 カナダ、ヌブアギツク・スプラクラスタル・ベルト(Nuvvuagittuq S

upracrustal Belt)で発見された微化石は、地球のものとして知られるものの中で最も古い堆積岩を含んでおり、37億7,000万年~42億9,000万年前のものと推定されている。



 地球が誕生したは45億年前。微化石の年代が正しければ、地球は最初期にすでに生命を宿していたことになる。



 小さな微化石の幅は人間の髪の毛の半分ほどで、長さは最大0.5ミリ。赤い菅の糸状構造をしており、鉄を食べる海生バクテリアによって形成された。



2_e16


 その年代は、「太陽系が形成されてから数億年内」のことであるとユニバーシティ・ロンドン・カレッジのドミニク・パニノー (Dominic Papineau)教授は話す。



 推定される年代範囲の最も控えめな見積もりにおいてさえ、これまで最も古いとされたものより3億年も古いということになる。





World's oldest fossils unearthed (UCL)



熱水噴出孔が地球上における最初期の可住環境



 石英構造の中に閉じ込められていた微化石は、かつて海底の熱水噴出孔だった場所の周囲で発見された。このことは、熱水噴出孔が地球上における最初期の可住環境であったという仮説を後押しする。



 一方、最初期の生命を研究する分野において、今回発見されたような有機炭素が生物学的なものなのかどうか、未だに議論されるところである。単なる鉱物の形成ではないのかという意見もあるのだ。



 論文の筆頭著者であるマシュー・ドッド(Matthew Dodd)氏らは、この疑問に答えるため、レーザーイメージングなどの方法によって、有機物に関連する鉱物を解析。2つの鉱物(アパタイトとカーボナイト)の存在が、生命であることの有力な証拠であると結論づけた。



 さらに微化石の構造が、鉄が豊富な熱水噴出孔の近くに生息する現代のバクテリアによく似ている点も指摘される。



 堆積物が形成されると同時に温度と圧力が変化して微化石が形成された可能性も検証されたが、これも棄却されている。



3_e13


初期生命の証拠を否定する理由は一切ない



 おそらく今回の発見で最も素晴らしいのは、別の地域で発見された初期生命の証拠を否定する理由が一切ないと判明したことだろう、とドッド氏は話す。



 「40億年前の火星に生命がいた証拠が見つかることも期待できます」とドッド氏は、地球と火星の表面には同時期に液体があったことに触れながら話す。



 「仮に地球の生命がこれほどまでにも早く登場したのであれば、他の惑星でも起こりうるような単純なプロセスなのではないかと推測できます」



 これ以前に知られていたもので最も古いとされていた化石は、西オーストラリアで発見された34億6,000年前のもとされるものだ。しかし起源が生物学的なものであるかどうか、完全な決着はついていない。



 今回の結果は、『ネイチャー(Nature)』誌に掲載された。



via:naturertatlasobscuraなど

☆よう見つけたなぁ!

↓↓安い!!初月300円で学べます!↓↓
ここをクリックしてね!

ここをクリックしてね!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.