FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

なぜ「エリア51」と呼ばれているのか?その名前の謎を探る
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

格安AV集をどうぞ!

iStock-998892102_e


 UFOにまつわる陰謀論で有名な米ネバダ州グルーム・レイク空軍基地、通称「エリア51」は、2013年に機密文書が公開され、かつて極秘の実験施設だったことが明らかにされた。



 だが、それでもなお未だにはっきりしない疑問点がいくつかある。



 そうした疑問の中でも、どうでもよさそうで、それでいて謎めいているものが、その名称だ。



 はたしてなぜエリア51という名称で呼ばれるようになったのか?

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一般的なユダヤ人は平均18歳で経済的な自由を達成し、働かなくても生活することができます。

一方、一般的な日本人の老後は貧困か破産です。

この違いがもたらされる恐るべき秘密が暴露されています。

詳しくは説明文を確認してください。

経済的自由

     ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


 その名の由来については諸説あるが、特に有力なのは、核兵器実験場として指定されていたことにちなむという説だ。



前身はラスベガス爆撃・射撃訓練場



 エリア51があるのは、米ネバダ州南部の砂漠地帯に設置されたネリス試験訓練場(Nellis Air Force Range)の敷地内の一画だ。



 そこはネバダ核実験場から見れば北東に位置し、周囲にはトノパー試験場(Tonopah Test Range)をはじめとする、20世紀においては世界でもっとも重要だった兵器試験場が存在する。



Tonopah_Test_Range_Airport_-_1990_e
トノパー試験場 image credit:wikipedia public domain


 隔離された場所もさることながら、ほかにも極秘裏に実験や訓練を行うには都合のいい条件が揃っている。



 たとえば、乾燥した気候のおかげで飛行テストがやりやすいし、変化に富んだ地形は兵器実験場にはぴったりだ。



 さらにいざとなればグルーム・レイクをはじめとする乾燥湖に不時着することもできる。



 こうした好環境ゆえに、1940年代初め、一帯は国有地に指定され、以前よりあった私有地は接収したうえで、ラスベガス爆撃・射撃訓練場(Las Vegas Bombing and Gunnery Range)を開設。第二次世界大戦を通して、アメリカ陸軍航空隊の訓練場として利用された。



 これがネリス試験訓練場とトノパー試験場の前身である。





Tonopah Test Range





冷戦期、核実験場として転用



 冷戦期に入り、核兵器開発の必要性が認識され始めると、エリア51周辺のあまり人のいない地域は、そのためにうってつけな場所とみなされた。



 こうしてラスベガス爆撃・射撃訓練場南部の広範な区域は、ネバダ核実験場として生まれ変わった。





Color footage of soldiers being exposed to high levels of radiation



 その南東の境界からラスベガスまではわずか100キロという距離である。



 だが、エンリコ・フェルミに言わせれば、「住人は、医療の専門家が言う絶対に安全な量よりもほんの少し超えた程度の放射線を浴びる」にすぎなかった。



 とにかく、1951年1月27日、核実験場の南東に位置するフレンチマンフラットという場所で核実験は始まった。



 そして4度の一連の実験が行われたのち、それ以降のほぼすべて(いくつかの例外がある)の実験区画は通し番号で呼ばれるようになる。



 その最初が1951年10月から11月にかけて実施されたバスター・ジャングル作戦が行われたエリア7であり、この慣例が現在まで続くこととなった。





核実験エリアとナンバリング



 ネバダ核実験場の公式資料によれば、エリアの番号は実験区画に指定されたときに振られたそうで、その位置は資料の地図で確認できる。



 「どのエリアを実験場に指定するかは、パターン化するのを防ぐために、無作為」に行われたらしいが、それを行なったアメリカ原子力委員会の担当者はかなり合理的な精神の持ち主だったようで、番号は1~30で始められた。



USGS_NTS_detonations_e
image credit:wikimedia commons




 地図をよく見てみると13、21、24、28が欠けていることが分かる。



 じつはこれらの番号も核実験場の名称としてきちんと使用されている。ただ、ネバダ核実験場の外にあるのだ。



 たとえば、エリア13はネバダ核実験場外の北東部にあり、エリア24は国家核安全保障局のネバダ州支局が管理するラスベガス施設のことだ。



 またエリア28は核実験場南西部のエリア25と27の隣に指定されていたが、やがて両エリアに合併された。



 エリア21は特定が難しい。



 ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所に「テクニカル・エリア21」という場所があるのだが、同研究所でも別の通し番号を使用しているために、ここがネバダ核実験場のエリア21であるかどうかは疑わしい。



alien-2480637_640_e
pixabay


核実験場外でのナンバリング



 エリア21の場所ははっきりしないが、ネバダ核実験場の外部で実験が行われたのは確かなことで、その実験にも独自の番号が振られていた。



 たとえば、エリア13で1957年4月24日に実施された、核弾頭が核爆発ではない爆発で自壊するかどうか確認するための実験は「プロジェクト57」という。



 同様に、1963年5月と6月にトノパー試験場の「エリア52」で、核兵器の”非核爆発”を検証するための場外実験が4度実施された。

 

 さらに1963年10月26日、ネバダ州ファロン近郊の「エリア58」では、12キロトンの爆弾を地下360メートルで爆発させたショール実験が行われた。これは地震の影響を調べることを目的としたものだ。



 確実な話ではないが、エリアの番号が50番台まで存在するという事実は、「エリア51」もその一環であるという推測と矛盾していない。

 

 またトノパー試験場のエリア52がエリア51に近いことも自然だ。





AREA 51: The REAL Area 52 - Tonopah Test Range





天然資源防衛協議会の核実験リスト



 さして意外でもないことに、極秘だったエリア51で核実験が行われたという直接的な記録はない。



 だが、1945~1992年にかけての核実験を網羅した天然資源防衛協議会のリストには、面白い記録がある。



 このリストにおいて、エリア番号で特定できないネバダ核実験場関連の実験は、フレンチマンフラットでの実験以外に6つある。



 エリア52の「NV州爆撃訓練場」と記載されている4つ、「NV州ファロン」とエリア58のショール実験の2つ、そして1962年5月10日の「a third」だ。



 最後の実験は、兵器関連装置のシャフト実験で、ネバダ核実験場で行われたものとされているが、エリアや具体的な場所の記載はない。



 しかも、実験を行なった研究所や爆発の規模に関連する記録すらなく、クエスチョンマークまで添えられている。



 その名称はローレンス・リバモア国立研究所で実施された同時期の実験と一致しているようだが、それでも興味深い。



 エリア51がネバダ核実験場に近いことやトップシークレットだったこと、周囲のエリアと番号が続いていること、その実験がエリア52の実験が始まる1年前に実施されていること……。



 これらはいずれも、エリア51がネバダ核実験場によって付けられた通し番号であることを示す状況証拠であるように思えるが、真相はいかに?



So....why is it named Area 51? - Neatorama / Amaze and Amuse: So....why is it named Area 51?/

☆UFOや宇宙人関係ないんかいな!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

スポンサーサイト

太陽系内の惑星が一直線に並ぶ「惑星直列」のピークは2018年12月21日。アラスカで発生した地震とも関連性があるのか?
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

格安AV集をどうぞ!

iStock-865884602_e


 惑星の整列という科学的には認知されていない手法で地震を予測する研究家がいる。惑星と月の位置が地球のテクトニックプレートの動きに影響を与えるのだそうで、「惑星直列」の時は注意が必要なのだという。



 2018年11月30日、アラスカ州アンカレッジでM7.0の地震が発生した。



 太陽系では水星、金星、地球、火星、木星がほぼ一列に並ぶという「惑星直列」がはじまっている。果たして関連性はあるのだろうか?

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一般的なユダヤ人は平均18歳で経済的な自由を達成し、働かなくても生活することができます。

一方、一般的な日本人の老後は貧困か破産です。

この違いがもたらされる恐るべき秘密が暴露されています。

詳しくは説明文を確認してください。

経済的自由

     ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


地震発生の予兆



 アラスカ地震によって30万人の人々が暮らす州都には甚大な被害が発生。道路、建物、インフラ施設がいくつも破壊された。



 一方、幸いにも死者や大怪我の報告はなく、現在は余震に備えて警戒態勢が敷かれている状態である。





Scenes of chaos as 7.0 earthquake rocks Alaska



 その地震に先立つ11月11日、地震学者らが世界中で謎めいた低周波の地震波を検出した。



 さらに、水星、金星、地球、火星、木星が一列に並ぶという「惑星直列」が始まっており、大きな地震が発生するサインであると警戒が促された。



 地震波の原因はまだ判明していないし、惑星直列がピークを迎えるのは2018年12月21日のことだ。



 それでもこれらを結びつけ、地震が起きるという主張は止まなかった。



 たとえば、惑星の配列から地震を予測するオランダの非営利団体Ditrianumの創立者フランク・フーガービーツがいる。

 

 彼は、Ditrianumのサイトで次のように地震の発生を予報していた。



予報――2018年11月30日20時51分(UTC)更新 ここ数日は地震活動が続くと予測される。震度は最大6~7になる見込み。ここ1週間の状況がよくない。特に7~10日には、マグニチュード8以上の甚大な被害をもたらす地震が起きるかもしれない。


 この予報はアンカレッジ地震が起きたまさにその日、投稿された。



 偶然だろうか?



FivePlanetsModel_e
image credit:Derek Bruff/flickr, CC BY-NC


果たして惑星直列と地震に関連性はあるのか?専門家の意見



 予報で言及されている惑星直列は、2018年10月中旬からアメリカの西の空で観察されているもので、2019年まで続く。



 非常に長い期間で、どちらにしろいくつもの地震が発生していたことだろう。



 はたして、その期間中に起きる地震の中で、惑星直列に起因して生じるものはあるのだろうか?



 フーガービーツは2017年2月にも、同様の地震予測をしている。



 天文学者のフィル・プラットはこうコメントした。



はぁ、またか。惑星直列が地球上に地震を引き起こすわけがない。文字通り不可能だ。以前、これについて計算したことがあるのだが、理想的な条件で全惑星が並んだときに生じる最大の重力は、月が地球に与える重力よりもずっと小さいものでしかなかった。その月が地震に与える影響は、あったとしてもせいぜい微弱なものでしかない。


 さて、今回のアラスカ地震は、惑星直列の間に地震警告を出し続けるフーガービーツの予測がたまたま的中したのだろうか?



 フーガービーツは特に12月7日~10日に被害をもたらす地震が起きる可能性があると発言している。更に2018年の惑星直列のピークは12月21日だ。



 12月中に大きな地震がきたら全てフーガービーツの予測があたったことになってしまうわけだが、とりあえず万全の対策だけはしておこう。



References:Massive Alaskan Earthquake Blamed on Planetary Alignment | Mysterious Universe

☆前にもあったけど、何も起こらなんだぞ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final


地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

desert-749692_640_e


 干ばつ地域での雨は恵みとなる。渇きに苦しんでいた生命は水分によって蘇っていく。だが、地球上で最も乾燥し、なおかつ最古の砂漠では事情が異なる。



 恵みどころがそれが災いとなるようだ。



 チリに広がるアタカマ砂漠では、滅多にない雨が降ると災厄がもたらされる。そもそも渇きに苦しんでいる生命は既にそこには存在していない。



 雨が超乾燥状態に適応するよう進化してきた生命を殺してしまうのだ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一般的なユダヤ人は平均18歳で経済的な自由を達成し、働かなくても生活することができます。

一方、一般的な日本人の老後は貧困か破産です。

この違いがもたらされる恐るべき秘密が暴露されています。

詳しくは説明文を確認してください。

経済的自由

     ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


アタカマ砂漠に降った突然の雨で大量絶滅



 アタカマ砂漠は1500万年もの間、事実上ずっと超乾燥状態にあった。過去500年で、まともな雨が降ったという記録は一切ない。



 それがここ数年で急激な変化に見舞われている。2015年の3月と8月にとんでもなく珍しく雨が降ったかと思えば、昨年6月にもまた降雨が観測されたのだ。



 これによって大昔から続く乾燥状態が崩れた

 ――そして同時に、他の部分まで崩れてしまった。



 そこに生息する生命は超乾燥状態に適応するよう進化してきたのだが、突然の雨に対応できるようには進化していなかったのだ。

 

 「アタカマ砂漠に雨が降ったら、花々が咲き乱れ、砂漠に生命が芽吹くと期待していました」と米コーネル大学の宇宙生物学者アルベルト・ファイレン氏は話す。



 「ところが逆のことが起きました。極端なまでに乾燥したアタカマ砂漠に降った雨のおかげで、ここの固有種である微生物のほとんどが絶滅してしまったのです。」



iStock-664753364_e
istock


火星のモデルとして利用されてきたアタカマ砂漠



 生命にとっては過酷な環境が広がるアタカマ砂漠は、火星の環境に似ているとして、火星での生命誕生シナリオを研究するためのモデルとして利用されてきた。



 ここから考えれば、火星には迂闊に水を持ち込んではいけないのかもしれない。



 雨が降る前に砂漠の中心にあるユンガイ地方から採取した土壌サンプルからは、16種の微生物が発見されていた。



 ところが、滅多に降らない雨によって乾燥しか知らない砂漠に水たまりができたあと、そこの土壌サンプルを調査した結果、それらの75~87パーセントが消え去るという大量絶滅が発生したことが判明したのだ。



 「雨が降った後、そこでは2~4種の微生物しか発見されませんでした」とファイレン氏。しかも、そのうち2種が生存しているという証拠はかなり希薄なものだという。



iStock-915662270_e
istock


絶滅の原因は突然の水による浸透圧ショック



 「この結果は、ひどく乾燥した場所でかすかな水分を抽出するよう適応してきた微生物にとって、大量の水は浸透圧ショックによって死ぬ危険があるという初の証拠です。」



 浸透圧ショックは、細胞周囲の液体に溶けている物質の濃度が急激に変化し、水の細胞膜越しの流れ方が突然変わった場合に起きる。



 こうした急性ストレスに対して、生物はそれぞれの防御メカニズムを進化させてきたが、乾燥状態がずっと続いてきたアタカマ砂漠では、それがあまり進化してこなかった。



 破滅をたどった微生物にとっては気の毒なことであるが、こうした知見から、同じように極限まで乾燥している地球以外の惑星にいるかもしれない生命について新しい洞察を得ることができる。



 そうした場所にいる生命は、それでも元気に生きているかもしれないということだ——濡れさえしなければ。



 「アタカマ砂漠の結果から、火星に液体の水がもたらされれば、仮にそこに生命が存在したとしても、それらは死んでしまう可能性が窺えます。それによって微生物が再び活力を取り戻すわけではないようです。」



 この研究は『Scientific Reports』に掲載された。

References:cornell / eurekalert

☆そう言われれば、そうやなぁ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

月すげぇ!NASAが高画質4Kの月面ツアー映像を無料ダウンロード公開中
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

格安AV集をどうぞ!

top


 今月9日、NASAが公開した美しい月の動画が話題になっており、地球の喧騒とは無縁の穏やかな眺めに癒される人が続出している。

 

 「月のバーチャルツアー」と呼ばれるこの動画は、NASAの月周回衛星がとらえた9年間の記録を編集して4K映像にしたものだ。



 そこでは月の姿をひたすら楽しめるよう、色々な視点からの眺めや北極や南極、特に興味深い地点、また地形に関する情報なども紹介されている。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一般的なユダヤ人は平均18歳で経済的な自由を達成し、働かなくても生活することができます。

一方、一般的な日本人の老後は貧困か破産です。

この違いがもたらされる恐るべき秘密が暴露されています。

詳しくは説明文を確認してください。

経済的自由

     ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-




Tour of the Moon in 4K



周回衛星のデータで月のリアルな風景を動画に



 この動画は月周回無人衛星が長年にわたってとらえた記録を基にNASAが編集したものだ。



月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)

スクリーンショット-(1126)




月の様子をさまざまな手段で視覚化



 ここでは月の姿をひたすら楽しめるよう、色々な視点からの眺めや北極や南極、特に興味深い地点、また地形に関する情報も明かしている。



 オリエンタル盆地や南極エイトケン盆地などの古いクレーターのほか、ティコ、アリスタルコス といった新しいクレーターもとらえられている。



オリエンタル盆地(クレーター)

スクリーンショット-(1099)


その重力マップ

スクリーンショット-(1100)


南極エイトケン盆地(最大かつ最古のクレーター)

スクリーンショット-(1107)


ティコ (クレーター) 中央の突出部分は丘や堆積物でモノリスではないらしい

スクリーンショット-(1111)


アリスタルコス(クレーター)の鉱物組成

スクリーンショット-(1114)




 極付近で常に影になってる部分は撮影が厳しかったが、高度データで表すことができたそうだ。



北極

スクリーンショット-(1121)


南極(地表の水氷の痕跡)

スクリーンショット-(1101)


南極付近にあるシャクルトン氷河(数値標高モデルに基づいた等高線)

スクリーンショット-(1104)


 アポロが着陸した赤道付近のいくつかの地点は、1ピクセルあたり25cmの高解像度で撮影されている。



タウルス=リットロウ谷(アポロが到着した地点周辺)と月面車の軌跡

スクリーンショット-(1124)


拡大すると月面着陸船ランダーと探査ローバーが見える

スクリーンショット-(1125)




 なお、BGMはFrederik Wiedmannの「Never Looking Back」、Benjamin Krause & Scott Goodmanの「Flying over Turmoil」を使用。



映像は無料でダウンロード可能



 うれしいことに、この動画に使用した映像はパブリックドメインであり、NASAのScientific Visualization Studio からダウンロード可能だ。



 至近距離から見た精緻な月を眺めて、ふと夜空に浮かぶ月を仰ぎ見ると、宇宙の途方もない広さがしみじみ味わえる。



スクリーンショット-(1123)


 にしても、月の影の部分まで細かく分析できるなら、そろそろ何か出てきてくれてもいい気がする。その辺ちょっと期待してもいいのかな?



References:boingboing / svs / laughingsquid / youtubeなど

☆ここまで見れたら、行かんでもええやんけ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

男の動画をどうぞ!

asteroids-1017666_640_e


 今から3700年ほど前、中東上空に飛来した隕石、もしくは彗星が、死海北部にあるミドルゴール(Middle Ghor)という地域を吹き飛ばしていた可能性があるそうだ。

 

 その驚異的な衝撃波はミドルゴールを吹き飛ばし、熱を持った死海の海水が流れ出し土壌が荒廃していったという。



 そうした破壊された都市の1つが、ヨルダンの古代都市トール・エル・ハマムである。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
一般的なユダヤ人は平均18歳で経済的な自由を達成し、働かなくても生活することができます。

一方、一般的な日本人の老後は貧困か破産です。

この違いがもたらされる恐るべき秘密が暴露されています。

詳しくは説明文を確認してください。

経済的自由

     ↑ クリックしてね m(__)m
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


激しい衝撃波と高熱の海水で壊滅状態に



 そのときの様子について、米国オリエント学会(American Schools of Oriental Research)に提出された論文には次のように説明されている。



 「衝撃波で死海北部の500km2にあった都市や町の100パーセントが一瞬で吹き飛んだだけでなく、かつては農業に適した土壌までも剥ぎ取り、凄まじい熱で熱せられた死海の無水塩入りの海水がミドルゴールに浴びせられた。」



 「考古学的証拠によれば、土壌の荒廃と汚染から十分に回復し、ミドルゴール東部に再び文明が発生するようになるまでには、少なくとも600年はかかった。」



ヨルダンの古代都市トール・エル・ハマム

2_e0
image credit:tallelhammam.com




陶器から発見された異常な破壊の形跡



 考古学者が証拠として挙げるものの1つが、トール・エル・ハマムで発掘された見た目が異常な3700年前の陶器だ。



 その表面がガラス化していたのだ。さらに陶器に含まれていたジルコンがガス化していることも判明した。これが生じるには4000度以上もの高温が必要になる。

 

 だが、凄まじい熱量でありながら、その高温は陶器全体を燃やし尽くすほどは長引いておらず、陶器表面の下のほうは比較的無傷なままだった。



space-2406425_640_e
pixabay


隕石あるいは彗星による空中爆発の影響か?



 トール・エル・ハマム発掘プロジェクトの考古学者フィリップ・シルビア(Phillip Silvia)氏によると、こうした異常な破壊が起きうる自然現象は、隕石による空中爆発よりないという。



 1908年のシベリアで発生したツングースカ大爆発など、こうした爆発は地球上でときおり生じている。 



 周辺地域の発掘調査からは、3700年前に生命が突然消失したらしいことも示唆されている。



 現時点で付近からクレーターは発見されていない。またその原因が隕石だったのか、彗星だったのかもはっきりとしない。



 だが500km2しか吹き飛んでいないということは、空中爆発の高度は低く、おそらくは地上から1km未満で生じたものだという。



 比較してみると、たとえばツングースカ大爆発の場合は高度5~10kmで隕石が爆発したと考えられており、2150km2の範囲にわたって甚大な被害が出ている。



 なお、こうした発見は予備的な調査によるもので、研究は現在も進行中である。



References:ancient-code/

☆中国も吹き飛ばしてくれ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.