環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

多次元にもほどがある。人間の脳は最大11次元の構造を持つ可能性(代数的位相幾何学)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

3_e1


 従来の数学をまったく新しいやり方で用いて、脳の構造を覗き込んだ神経科学者がいる。そして明らかになったのは、脳は最大11次元で動作する多次元幾何構造を持つということだ。

 

 3次元による認識に慣れすぎた私たちには理解しづらいところであるが、脳という既知のものとしては最も複雑な構造を理解するうえで、本研究は大きな前進である。

 最新の脳モデルは、人間の脳をスーパーコンピューターで再現することを目的とするスイス主宰の研究イニシアチブ「ブルーブレイン・プロジェクト」の研究者が作り出した。



 同チームは、代数的位相幾何学(形状の変化にかかわらず、物体や空間の特徴を記述する数学)を用いて、神経細胞集合が”クリーク(小集団)”に接続されており、クリークの中の神経細胞の数が高次元幾何的オブジェクトとしてのサイズを決めることを突き止めた。



「脳の小さな断片においてすら数千万ものオブジェクトが7次元を通して存在します。いくつかのネットワークでは最大11次元の構造も見つかりました」とスイス連邦工科大学ローザンヌ校のヘンリー・マークラム氏。



2_e1


 人間の脳は実に860億もの神経細胞を持つと推定されている。各細胞は網の目のように幾重にもつながり合い、思考や意識なるものを作り上げる巨大な細胞ネットーワークを形成する。



 これほどまでに巨大なつながりであるのだから、未だ脳の完全な解明に至っていないのも無理からぬ話であるが、新しい数学的フレームワークは脳のデジタルモデルを完成へと一歩近づける。 



 研究チームはブルーブレイン・プロジェクトで2015年に発表された詳細な新皮質モデルを利用した。新皮質は脳の中では最も最近進化したと考えられており、認知や感覚認識のような高度な機能にも関連する部分だ。



1_e2


 チームによれば、代数的位相幾何学を応用することで、個々の神経細胞レベルの微視的スケールとより大きな脳全体のレベルにおける神経ネットワークの詳細を探ることができるという。両レベルを結びつけることで、密集する神経細胞(クリーク)の集合と、その間に空の空間(空洞)が形成されている脳内の高次元幾何学的構造が突き止められた。



 「高次元に向けられた各種のクリークと空洞がいくつも発見された。これは生物学的なものと人工的なもののいずれにおいても、従来の神経ネットワークには見られなかったものだ」と論文では論じられている。



 空洞、つまり隙間は脳の機能にとって決定的に重要であるようだ。仮想脳の組織に刺激を与えると、神経細胞が非常に秩序立って反応することが確認された。それはまるで多次元のブロックでできた塔を築いては壊しているかのような反応で、棒(1次元)から始まり、板(2次元)、立方体(3次元)、より複雑な4次元や5次元のものへと続いた。



4_e0


 スコットランド、アバディーン大学のラン・レヴィ氏は、これについて「脳の活動のプロセスは、砂で作られては崩壊する多次元の砂の城に似ています」と説明する。



 これらの発見は、脳による情報処理の仕組みについてまったく新しい絵図を描いてくれるが、クリークや空洞が作られる原因についてはよく分かっていない。また神経細胞によって形成される多次元幾何学的形状の複雑さが各種の認知機能の複雑さとどのように相関しているのか、その謎を解くにはさらなる研究が必要である。

 

 いずれにせよ、代数的位相幾何学は今後も人間の脳について新しい洞察を与えてくれるだろう。



via:frontiersinsciencealertなど

☆11次元て、わけわからんやんか!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

ロズウェル事件に新展開。発見された異星人の遺体はモルモットとして乗せられていた人間だったと主張する説。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00


 1947年7月、アメリカ・ニューメキシコ州ロズウェル付近の砂漠でUFOが墜落し、米軍によって回収されたとされるロズウェル事件。この事件に関しての情報は錯そうしており、大変混乱している。



 米軍はこの時すぐに「砂漠の付近で空飛ぶ円盤が墜落した」と発表したのだが、その翌日、「空軍の気球が故障したものである」と発言を撤回。



 しかしのちに墜落した機体の中に異星人の遺体を見たと主張する目撃者が現れ、さらに残骸は軍の機密事項とされた。かくして、この事件は今にいたるまで最も有名なUFO陰謀論の発端となった。



 だが、最近、「ロズウェルの謎が最終的に決着した」と主張する本が出版され話題となっている。



 著者である英国のUFOと超常現象の専門家ニック・レッドファーン氏によると、墜落した機体は軍の実験機で、異星人の遺体はモルモットとして乗せられていた人間だったのだそうだ。

UFOの噂は恐ろしい現実の秘密を隠すための政府の陰謀?



 2017年5月に発売された『The Roswell UFO Conspiracy - Exposing A Shocking And Sinister Secret(ロズウェルUFO陰謀論――衝撃の邪悪な陰謀を明かす)』によると、UFOの噂はより恐ろしい現実の秘密を隠すために米政府がでっち上げたものだという。



15_e0




米軍は戦争捕虜や障碍者を人間モルモットとして使用?



 レッドファーン氏は2001年にロズウェルを調査し、そこでインタビューを行った。その人物はテネシー州にあるオークリッッジ国立研究所で勤務しているとされる年配の女性である。



 彼女の話では、第二次世界大戦後、身体障碍者・戦争捕虜(日本人など)といった人々が人間モルモットとして利用されていたことがあったのだという。そして、そのモルモットは新型機の開発実験に使用されていたというのだ。



 その新型機は日本とドイツから接収された技術を利用したもので、ゴンドラを取り付けた巨大な風船だった。そこに人間モルモットが乗せられていたのだ。



5_e5


破片に描かれた文字は日本語?



 そして1947年7月の夜間飛行で事故が発生する。風船は同伴していた機体と衝突して爆発。マック・ブレイゼルの牧場にブリキのホイル状の破片を大量に撒き散らした。



 かつてブレイゼルは牧場で2つの風船を目撃したと証言している。また周辺の人々から、破片の一部には不思議な文字らしきものが記載されていたという証言も得られている。レッドファーン氏によると、それは単なる日本語だったという。




via:Roswell has FINALLY been 'solved' - and 'truth' is more shocking than you could believe

 ニック・レッドファーン氏の調べた内容が本当だとしたら、ロズウェルで墜落した機体は、ドイツと日本の技術を応用した風船型の物体で、乗っていたのは宇宙人ではなく人間、しかも日本人の可能性もあるというのだ。



 まさにびっくりの展開となるのだが、真相が明かされる日がくるのだろうか?あまりにもたくさんの情報が錯綜しているのでややこしいことになっているが。

☆日本人はグレイに見えたのか?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

人の知能を発達させる役割を担う52の遺伝子が特定される。研究が進むと起こりうるであろうこととは?(国際研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e


 人間の知能を形作る遺伝子の研究は、私たちの認知機能について豊かな洞察をもたらしている。



 オランダ・アムステルダム自由大学の統計遺伝学者ダニエル・ポスツマ(Danielle Posthuma)教授らの国際研究チームは、成人6万人、子供2万人を対象とした研究によって、ヨーロッパ系13グループの知能と関係する遺伝子マーカーを探った。



 その結果、人の知能に関連する52の遺伝子が発見された。そののうちの40は新しいもので、脳の大部分で発現していた。さらにこれらは学歴の高さ、出生時の頭囲、寿命の長さ、自閉症とも少なからず相関があったそうだ。



 とは言えまだまだ知能に関する遺伝子には未発見のものも多く、これまでに特定された遺伝子からでは人間のIQの差異について5%程度しか説明できていない。

知能に関連する遺伝子は存在するがまだまだ未解明な部分が多い



 脳の設計図の一部を形成するその遺伝子は、健康的な神経細胞を発達させるための指示を出す。脳の組織の通り道を指し示し、それとつながる無数のシナプスを建設させる。



 双子を対象とした先行研究では、知能指数の高さに対する遺伝子の寄与率は半分ほどであり、残りは子宮の環境、栄養、汚染、社会的環境に起因することを示していた。つまり知能は遺伝子によってすべて決められてしまうわけではないということだ。



 人間の知能に関連している遺伝子は数百と見積もられており、特に大きな役割を果たしているのはそのごく一部だとされる。



 その大半はまだ未発見であり、発見されているものの影響はそれほど大きくない。それらをすべて合わせると、これまでの研究で特定された遺伝子は人間のIQの差異について5%程度しか説明していない。



0_e2


知能遺伝子を研究することで起こりうること



 研究チームは今後、マウスでこれらの遺伝子を阻害して、その脳機能への影響を観察する予定であるそうだ。知能の遺伝子について詳細なデータが集まれば、精神的な欠陥の要因となる条件についても理解が進むことだろう。



 しかし遺伝学は常に深刻な疑問を突きつけてくる。例えば、将来的な知能をもとに胎児を選別することは許されるだろうか? 知能を向上させる薬剤の開発は許されるだろうか? 許されるのであれば、それは一部の富裕層のみがより高い知能を身につける結果になりはしないか?



 こうした疑問について、「当然の疑問ですが、それが実現するのはずっと先の話です。現在の知識で赤ちゃんをデザインすることは絶対にできません」とポスツマ教授は話す。



1_e3


 だが、そうした研究データの利用が行われる兆しは見えている。体外受精される胚は遺伝的欠陥がないかすでに選別されているからだ。



 研究が進めば、知能に寄与する遺伝子がさらに発見されることだろう。いずれは体外受精胚のゲノムを用いて潜在的な知能に応じたランクづけが行われるようになる可能性もある。「知能の違いを十分説明できるようになれば、すぐにそれが行われるでしょう」と話すのは、英エディンバラ大学のスチュワート・リッチー氏だ。



 それでもIQ増強薬の可能性は排除するべきではないと、リッチー氏は主張する。世界では高齢化が進んでおり、高齢者の認知機能の衰えは事故や間違いの原因となり、さらに詐欺師に付け込まれるような状況も発生している。



 「知能に関連する遺伝子が分かれば、治療法を確立することもできます。そうなれば加齢による認知機能の衰えをある程度は緩和させられるようになるでしょう」



 また別の将来的な展望としては、遺伝子情報を用いて、学生個人個人への指導方法を考案するといった利用の仕方がある。「いつの日か、学生の遺伝子をもとにして、最も有効な学習方法を提案できるようになるかもしれませんね」とポスツマ教授。



 いずれにしろ、それらが実現するのはずっと先の話であり、また遺伝子に書き込まれている情報だけで人生が決まるわけではないと彼女は話している。



via:naturetheguardiannytimesなど

☆俺はIQ140なのだが・・・!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

「この世界はコンピューターシミュレーションである」と考えられる5つの根拠
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

3_e15


 現実を知るにはどうすればいいか? これは数千年前から哲学者たちが問うてきた命題だ。今やコンピューターの登場によりその命題は進化した。新しい問いはこうだ



「現実はコンピューターシミュレーションにすぎないのではないか?」



 この命題を証明することが可能なのかに関してのパネルディスカッションが昨年、アメリカを代表するSF作家アイザック・アシモフの追悼記念討論会(アイザック・アシモフ・ディベート・シリーズ)で行われたが、ここではその根拠となりうる5つの事柄を見ていくことにしよう。

5. コンピューターの性能はシミュレートするのに十分



1_e23


 インテルの創業者の1人であるゴードン・ムーアは、ムーアの法則として知られる予測を行なった。すなわち、半導体の集積率は18ヶ月で2倍になるというものだ。今日のコンピューターの専門家は、コンピューターの性能上昇は毎年2倍ではないが、それに近いことを知っている。



 このままコンピューターの性能が上昇し続ければ、いずれ現実をシミュレートできるほどのものが登場するだろう。



 NASAのある専門家は、10年以内に人生80年分をシミュレート可能なコンピューターが開発されると予測している。それは人間の一生の思考すべてをシミュレートできるもので、もちろん中の人間は自分がコンピューター上の存在だとは知りもしない。



 あるいは宇宙全体がシミュレーションなのかもしれない。宇宙シミュレーターはすでにいくつか存在しているが、最も印象的なのはハーバード・スミソニアン天体物理学センターのものだ。2014年、それは宇宙130億年の歴史をたった3ヶ月で再現してみせたのである。





4. 現実は我々が見るまで存在しない



2_e19


 現実の基礎である亜原子の物体は通常、波か粒子として存在する。しかし両方の性質を持てるものもある。例えば、光や電子と同じくらいの質量の物体だ。



 これらの亜原子の物体は、観察されていないとき、両方の状態で存在する。そして、一度観察された途端に、波か粒子かを”決める”のだ。論理的にはきわめて違和感を感じる現象である。現実の基礎は見てみるまで存在しないということだからだ。



 観察がその”決定”に影響する理由はよく分からない。だが我々が考えているような現実というものは存在していない可能性を示す不気味な証拠である。





3. 世界がホログラムだと仮定すれば、

一般相対性理論と量子力学は統一される



3_e15


 シミュレーション仮説における最大の議論の1つが、宇宙は本当は2次元で、3つ目の次元は薄い振動するひもが作り出したホログラムではないかというものだ。つまりテレビゲームの3次元環境がコードによって作られていることと、大差ないかもしれないのだ。



 今年発表された論文によれば、2次元の世界はあり得ることで、仮にそうであれば、一般相対性理論と量子力学を統一するという物理学最大の難問の1つが解決されるかもしれないという。両理論は物理学の主要な理論でありながら、互いに相容れることがない。



 一般相対性理論は、宇宙や重力といったマクロの世界を見事に説明する。一方、量子力学はウランの崩壊といったミクロの世界を正確に説明する。3次元世界では拒絶し合う2つの理論だが、2次元世界なら統合されるかもしれないのだ。





2. クロード・シャノンのコード



4_e16


 シルベスター・ジェームス・ゲーツは常人にはとても理解できない超対称性、超重力、超弦理論といったことを専門とする理論物理学者だ。



 彼は、アディンクラという超対称代数に使われるシンボルを使った超弦理論等式の研究から、現実の基礎がコードに過ぎないという信ぴょう性の高い証拠を発見したという。等式の中に1940年代に情報時代の父クロード・シャノンが作ったコードが含まれていたのである。



 ゲーツはこれについて、この予想もしなかったつながりが示唆することとは、これらのコードが自然界では普遍的なもので、現実のエッセンスにも組み込まれている可能性である、と話している。つまり映画『マトリックス』で描かれたような、人間の経験が仮想現実の産物にしか過ぎないという可能性である。





1. 確率的にシミュレーションである可能性が高い



5_e14


 オックスフォード大学のニック・ボストロムによれば、人間の文明には3つの可能性しかないという。1つ、人間はシミュレーターを作る前に絶滅する。2つ、科学技術は発達するが、どういうわけかシミュレーションを行わない。どちらの可能性も我々が現実に暮らしていること前提としている。

 

 だが3つ目は、我々がシミュレーションの住人であるという可能性だ。その可能性は高い。確かに人類がシミュレーターを開発する前に絶滅する可能性は高いが、仮に将来的にそのようなものが完成すれば、好奇心旺盛な我々はその使用を止めることができないだろう。いくつものシミュレーションが稼働し、そのシミュレーションの中の人間がさらにシミュレーションを作り出す。無数のシミュレーションが実施され、そこであらゆる思考や行動が模倣される。



 さて、ボストロム説が正しいとすれば、我々が住むこの世界はオリジナルの”本物”の現実であろうか? それとも無数に存在するシミュレーションのうちの1つであろうか?



via:5 Reasons Life is Actually Just a Computer Simulation

☆どうでもええわい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

未来近づきすぎ。ホログラムのヴァーチャルアシスタントが開発される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e_e


 ホログラム投影と言えば、1977年上映の「スター・ウォーズ エピソード4」で出てくる、 R2-D2が映し出したレイア姫を思い出すが、あれから40年、現実はSFに追いついちゃったようだ。



 既にアップルの「Siri」やアマゾンの「アレクサ」のようなパーソナルアシスタントが一般的になっているが、それらは声だけで姿はない。そこに姿を与えたのだ。


 ジャレム・アーチャー氏は、ウィンドウズ10の「コルタナ」に合わせて動くホログラムデバイスを開発した。





Holographic Cortana Appliance



 マイクロソフトのゲーム『ヘイロー』に登場する人工知能「コルタナ」(ちなみに同社のパーソナルアシスタントの名称は、これにちなむ)と同じく、その姿は透けるようなブルーライトで描かれ、ピラミッドプリズムの中を歩き回る。



 動画では、傘を持って行った方がいいかと質問されたコルタナが、温度グラフを表示して「たぶん必要ないわ」と説明してくれる場面が紹介されている。



00


 アーチャー氏によると、開発費は10万円程度で、4ヶ月ほどで完成したという。





ホログラムの仕組み



 このデバイスには、現在のホログラムによく利用される「ペッパーズ・ゴースト」という視覚トリックが利用されている。基本的には、反射する床の表面に頭上のプロジェクターで映像を照射し、反射された映像が角度をつけたパネルに投影されることで立体的な映像を得る方法である。

 

 この技術を応用するために、3Dプリンターでピラミッド状のパーツを作成。そこにマイクとスピーカーを取り付けた。



 さらにマイクロソフトのサーバーと通信し、ウィンドウズ10のコルタナと同期する独自開発のソフトウェアを組み込んだ。



4_e


 コルタナの歩いたり、身振り手振りをしたりといった動作は、妻をモデルに2基のキネクトで異なる角度からモーションキャプチャしたものだ。



5_e


 これまでも、ヘッドマウントディスプレイなどを使用してホログラムを投影するシステムは開発されていたが、バーチャルアシスタントと合体させたところが新しい。



 開発過程はこちらのサイトで紹介されている。近いうちに、手を振ったり、会釈するような動作が追加されるかもしれない。



 「もっと精度を上げて、いろいろな動作をさせたいと思っています」とアーチャー氏。実際に商品化して、キッチンのカウンターや机の上で利用されるようになればとコメントしている。



via:Holographic Cortana Appliance: Working Concept

 スマホからヒュっとでてきてアシスタントしてくれるホログラムとかも、あと数年後にはできちゃいそう。バーチャルなアシスタントがいてくれたら、もう私、寂しくないな。うん、もうほんと・・・

☆これって、30年くらい前にあったぞ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.