環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

でてこーい!知的生命体。天の川の裾野に確認された奇妙な領域に知的文明が存在する可能性(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

00_e0


 ある奇妙な宇宙の領域において、生命体を発見できる可能性があるそうだ。球状星団と呼ばれる天の川の裾野で、人類史上初となる知的生命体との遭遇が果たされるかもしれないという。



 天の川にはおよそ150個の球状星団が存在する。球状星団は平均100光年の範囲に数百万もの恒星が球状に集まった領域で、そのほとんどは銀河のはずれを軌動している。



 ここに知的生命が存在する可能性があると主張するのは、アメリカ、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのロザンナ・ディステファノ博士とインド、タタ基礎研究所のアラク・レイ博士だ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 球状星団は平均100億年前と、ほとんど天の川が生まれた時期にまでさかのぼれる古い領域である。そこにある恒星には、惑星を形成するために必要な鉄やケイ素などの重い元素が少ない。そのため球状星団には惑星が少ないとされ、事実これまでここで発見された惑星は1つだけだ。



0_e18


 ところがディステファノ博士とレイ博士は、こうした説は悲観的すぎると論じる。太陽系外惑星が含む金属は太陽系内惑星の10分の1程度しかないことが判明したからだ。



 さらに木星サイズの惑星の場合は確かに重い元素を豊富に含む恒星の周囲で発見されるが、地球サイズの惑星の場合はそのような傾向がないことも、両者の主張の根拠である。



 重い元素の問題とは別に、球状星団の高密度環境が惑星の形成を阻害するという説もある。恒星同士が近すぎるために、その重力が惑星系を冷たい星間空間に放り出してしまうのだ。



2_e18
 

 しかし惑星上に液体の水が存在できるだけの暖かさがあるハビタブルゾーンの広さは、恒星によって異なる。明るい星なら広いハビタブルゾーンを有し、暗い星なら狭くなる。そして明るい星ほど寿命が短いため、古い球状星団ではそうした恒星が死に絶えてしまっている。ここにある主な恒星は、弱々しい年老いた赤色矮星だ。したがって居住可能な惑星があるとすれば恒星に近い場所でなければならず、恒星間の重力の影響も比較的少ない。



 こうした条件において惑星が形成されたとすれば、宇宙の現在の年齢に匹敵するほどの期間を生き残ることが可能である。すなわち複雑で、知性を備えるだけの生命が発達進化する十分な時間があったということだ。



3_e17


 両博士によれば、そこに存在するかもしれない文明は、我々とは遥かに異なる環境で暮らしているそうだ。太陽系に最も近い恒星は4光年、つまり38兆km離れた先にある。それに対して、球状星団内にある隣り合った恒星同士は、その20分の1ほどの隔たりしかない。そのため惑星間の通信や探索が人類のそれよりもずっと容易である。



 ディステファノ博士はこれを「球状星団のチャンス」と表現する。そこでの星間通信は、18世紀にアメリカからヨーロッパまで手紙を送るようなものであるという。



 星間旅行もまた早い。1977年に打ち上げられた無人惑星探査機ボイジャー1号は、2013年の時点で地球から187億km離れた太陽系の外を飛行している。これが仮に球状星団内であれば、隣の星への10分の1の距離を踏破したことになる。つまり人類の技術レベルにおいても恒星間の探索が夢ではないということだ。



via:dailymail・translated hiroching

☆可能性ばっかりや!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

史上初めて天の川銀河の外で惑星を検出(アメリカ研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e


世界で初めて、天の川以外の銀河で複数の惑星が検出された。その質量は、月くらいの小さなものから木星のような巨大なものまでさまざまだそうだ。



 我々が暮らす天の川銀河内においてすら外惑星の発見が難しいことを思えば、これがどれほどの快挙なのかが分かるだろう。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

重力微小レンズ効果を利用した発見



 米オクラホマ大学の研究チームは、重力微小レンズ効果を利用した技法でこの快挙を成し遂げた。



 この技法は、一般相対性理論によって予言されていたもので、地球から数千光年離れた遠く、小さな惑星を発見できる唯一の方法として、これまで天の川内部の外惑星探査に採用されてきた。



 惑星が恒星を公転する時、その重力場は背後にある星の光を曲げることがある。恒星が2つしかなかった場合の姿は分かるのだから、そこに惑星が加わったことで地球に届く光に歪みが生じれば、それを惑星の存在を示すサインとして用いることができる。



3_e
image credit:NASA/ESA


「RX J1131-1231」クエーサーを観測、2000個の自由浮遊惑星を検出



 これまでこの方法によって天の川内部で53個の外惑星が検出されてきた。しかし、さらに遠くの惑星を発見しようとすれば、星1つ分よりも強力なレンズが必要となる。



 天文学者のシンユー・ダイ博士とエドゥアルド・ゲラス博士は、最高の重力レンズ効果を受けているものの1つとされる、60億後年先の「RX J1131-1231」というクエーサーを研究した。



 クエーサーとは非常に離れた距離に存在し極めて明るく輝いているために、光学望遠鏡では内部構造が見えず、恒星のような点光源に見える天体のことだ。



 実はこのクエーサーは4つあるように見える。地球とそのクエーサーの間にある38億光年先の銀河によって生じる重力場が光を曲げるためだ。



 NASAチャンドラX線観測衛星が集めたデータを用いることで、クエーサーの光の中に奇妙な線形のエネルギーシフトが起きていることが判明した。



 これはレンズを作り出す銀河の中に惑星が存在し、その影響を受けているとしか説明できないものだ。



 ここから、その銀河の中の星々の間には、月から木星までのさまざまな質量を持つおよそ2000個の自由浮遊惑星があることが判明した。



00_e
RX J1131-1231クエーサー
image credit:


 もちろん、惑星が直接観察されたわけではないし、おそらく今いる人たちが生きている間に見られる可能性も低いだろう。



 しかし検出に成功しただけでも、微小レンズの有用性や、他の銀河にも惑星が存在することを証明したことになる。



 常識的に考えれば天の川以外にも惑星があるであろうことは明白なのだが、証拠があるのとないのとでは随分違う。




☆別銀河やから、違うかもしれんぞ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

史上初の月面着陸をしたアポロ11号は宇宙人の活動拠点を見つけていた?音声テープに残されていた不可解な記録
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e4


 1969年、アポロ11号は史上初の人類月面着陸を行ったことで知られている。



 そして1972年、アポロ17号が最後の月面着陸を行った後、45年以上も月面有人着陸は行われていない。こうしたことからアポロの月面着陸にはいくつかの陰謀説や不穏な噂が今もなお囁かれている。



 その中の1つが、アポロ11号の宇宙飛行士メンバーたちが着陸の直前、月面のクレーターについて述べたコメントで、この言動が深い意味を持っているのではないかと考えている人々がいる。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

3人の宇宙飛行士の音声記録



 アポロ11号の宇宙飛行士は船長のニール・アルデン・アームストロング、司令船操縦士のマイケル・コリンズ とエドウィン・E・オルドリンJr.だ。



2_e2
左からアームストロング、コリンズ、オルドリン image credit:- Apollo 11 - Wikipedia




 通信記録は以下の通りである:

オルドリン:素晴らしいクレーターだな



コリンズ:こんな円錐状のクレーターの中に暮らしたりでもしたら、それ以上に退屈な事はないだろうな



アームストロング:中に入ったら二度と出られないんじゃないかな



コリンズ:見ろよ、あのモルトケ(クレーター)を!あいつが俺のお気に入りだ。あいつに繋がるあの大量の三角形の道が見えるか?




3_e4


アポロ11号の宇宙飛行士たちは宇宙人の拠点を見つけていた?



 この音声を聞いたユーチューバーたちが「これは宇宙人の存在を裏付けているのではないか?」と近年になり騒ぎ始めたのである。



 つまりは月面に宇宙人の基地があり、三角形の道路が敷かれていたというのだ。





ALIEN APPEARING CLEARLY ON NASA PHOTO



「これだけの証拠があるにもかかわらず、地球外に高度な知能を持った私たちのような生命体が居る事を否定する人々の考えが理解できません」動画を公開したマーク・サワラはそう語る。



4_e1
image credit:youtube


5_e2
image credit:youtube




そんなわけないだろ!反対意見も



 当然のことならがら、この件に関して否定的な声も存在する。



 例えば「宇宙飛行士はその言葉の影響力を深く考えていなかった。始めて月を間近に見て興奮し、大げさに表現したに過ぎない」といった意見や、「まったくもってばかげている」という辛辣な意見もある。





Rare audio from NASA APOLLO 11 First Moon Landing



 アポロ計画に関しては本当に様々な陰謀論が渦巻いており、NASAが完全否定しても「いやいやいやいや」と、信じたいことのみを信じる方針を貫いている人も多い。



 とは言え、アポロ14号で月面着陸を果たした宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏は「宇宙人はいる!」と猛烈にアピールしているわけだし、そこにロマンとミステリーがあるなら追い求めたいものだよね。人に迷惑かけない程度には。

References:SHOCK CLAIM: ’ALIEN activity spotted during Apollo 11 mission’

☆なぜもう一度月へ行って調べようとしないのだろうか?


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

アインシュタインの相対性理論は、星間宇宙旅行が不可能であることを示唆しているわけではない。
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

astronomy-3066061_640_e


 「あらゆるものは、光より早く動くことはできない」とは、アルバート・アインシュタインは相対性理論でそう説明している。



 では星間宇宙旅行が不可能ということなのか?



 実は逆である。相対性理論は星間旅行の実現を手助けしてくれるのだ。少なくとも人間の寿命の範囲においてはそうだ。


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

加速による重力に耐えられない体



 その理由は加速だ。



 人間はかなり脆弱な生き物で、極端な加速に耐えられない。加速によって、人体に長時間1G以上がかかると、さまざまな健康問題が生じる。それが10Gにもなれば、即座に失神し、死亡する。



 どこかへ行くには、まず移動速度まで加速して、それから減速せねばならない。仮に我々が1.5Gしか長時間耐えられないのだとすれば、非相対論的ニュートン学派の世界においては大問題となる。



 目的地に行くまで我々の寿命が保たないのだ。これを克服するにはさらに加速するしかない。したがってロボットなど、人体のようなデリケートな水袋よりも頑丈なものを送らねばならない。





相対性理論がその手助けをしてくれる



 ところが相対性理論がその手助けをしてくれる。



 光速に近づけば、宇宙船で流れる時間は遅くなり、ニュートン学派的宇宙のそれよりも(宇宙船の中では)ずっと早く目的地に到達できるようになる(宇宙船の乗員の視点からは、距離が縮まって感じられる。その効果は同じで、ずっと早く到着する)。



 以下は、先ほどの人体が1.5Gまでの加速なら耐えらえるという仮定に基づいて作成した表だ。道筋の半分をその割合で加速し、残り半分をその割合で減速した場合に目的地に到着するまでの年月を示してある。



no title
image credit:quora


目的地が遠いほど大きな恩恵がもたらされる



 目的地が50光年離れた場所になると、相対性が大きな恩恵をもたらすことが分かるだろう。さらに1000光年を超えると、我々が生きている間に目的地に到着できるのは相対性があってこそのことである。



 この表にはないが、さらに遠い距離まで考察するなら、相対性の効果のおかげで、実に目で見ることのできる宇宙の隅々(約470億光年)まで生きているうちに(約28年)たどり着くことができる。



 つまり相対性を利用すれば、我々はどこでも好きな場所に行けそうだということだ。



iStock-869017066_e




だが実現するには2つの問題が



 だがしかし、そうは問屋が卸さない。2つ問題がある。



 まず、相対性の効果は旅行者にしか得られない。地球時間ではずっと早く時間が経過している(大雑把に言うと、帰還までの地球時間の年数は、表内の光年数を2倍して、0.25を加える)。つまり彼らが地球に帰還すると数千年が経過していることになる。



 したがって、たとえ調査隊を派遣したとしても、地球に残る者たちがその成果を知ることは決してない。が、宇宙旅行のついでに、時間旅行までしたいという人なら構わないのかもしれない。



 2つ目の問題は、より直接的・実践的な問題だ。相対性の効果を得られるまで加速するには、文字通り天文学的なエネルギーを要する。仮にかに星雲へ向かうとすれば、宇宙船1キログラムあたり7×10^20ジュールの運動エネルギーが必要になる。

 

 膨大なエネルギー量ではあるが、手にすることは可能だ。太陽の出力は3 × 10^26ワットである。したがって理論上は宇宙船を必要な速度まで加速させるには、太陽エネルギー数秒分で事足りる。



 なお、ここではこうしたエネルギーを質量を増大させることなく宇宙船の加速力に転換できると仮定している(例えば、レーザーの利用など)。



 もし宇宙船に化学燃料あるいは物質/反物質燃料を搭載し、それもまた加速させねばならないのだとすれば、”ロケット公式の暴君”に直面して、お手上げとなる。燃料を搭載するために、さらに何桁も多くの燃料が必要になるからだ。



universe-2742113_640_e


 だが、これらは楽しい技術的課題だろう。光速まで加速できさえすれば、星間旅行を試みる我々を相対性が助けてくれる。直感には反するが、本当のことだ。



References:quora/

☆宇宙旅行って絶対にしょーもないもんやで!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

驚くほど地球に似ていた。土星の衛星「タイタン」のマッピング画像
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 1997年に打上げられた土星探査機「カッシーニ」は、2004年に土星へ到着。それから13年に渡り最新の機器でデータを収集し続け。2017年9月15日、土星の大気圏に突入し燃え尽き、その運用を終了した。

 我々がいまだかつて見たこともない驚きの宇宙の姿を撮影し、様々なデータを記録し続けたカッシーニ。

 これらのデータは研究者により現在も解析が進められているのだが、最近、土星最大の衛星「タイタン」の表面の地形図が完成した。

 それはあまりにも地球に似ていたのだ。

 カッシーニとそこに搭載された探査機ホイヘンスがタイタンの地表を視界に捉えて以来、人はそこにどこか懐かしさを感じてきたが、それは地球に似ていたからだ。低地には液体の海が湛えられているのがわかる。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

6_e1
image credit:Cassini/NASA/JPL


タイタンの表面にある地球のような海



 今回、米コーネル大学の天文学者、アレックス・ヘイズ博士が、タイタンの地形図を用いて、最も大きい3つの海には共通の等電位面があることを発見したのだ――すなわち地球の海とまさに同じ海面である。

 この海は水ではなく超低温の炭化水素化合物であるかもしれない。そして不気味なほど平らだ。それでも海であることには変わりない。

 この発見自体も素晴らしいが、何しろ調査できただけでも凄いことだ。

 「太陽から10天文単位の距離にある天体に湛えられている液体表面の起伏を40センチの精度で計測しています」とヘイズ博士は説明する。

 ジオイドという、重力と自転のみの影響によって形成される表面の形状を計測しているのだ。これは地球の海を特徴づける形状と同じだ。

流れる何かが存在する?



 彼らの発見は、主に密度の高いメタンとエタノール分子で構成される液体炭化水素の集合と動きの背後にある力学について興味深いことを示唆している。

 液体の帳尻が合うだけの大きな川がつながっているのか?もしくは、地下の見えないところを流れる何かが存在するのか?という可能性だ。

 ヘイズ博士は後者の線を疑っているようだ。

4_e2
image credit:Cassini/NASA/JPL


タイタンに多くの液体炭化水素が存在する可能性



 研究チームは、液体を湛えた低地を持つ乾燥した湖底らしきものの起伏を比較することで、地下に炭化水素を低い地点まで運ぶ水路があると結論づけた。

 このことは、タイタンの目に見えない部分にはさらに多くの液体炭化水素が存在することを仄めかしている。

地球の「カルスト」によく似ている



 今回完成したマップは液体の流れ方を知る手がかりになるが、新しい謎も突きつける。一部の液体で満たされた低地は、地球の「カルスト」という地形に非常によく似ているのだ。

 これは岩石が溶けて、その表面部分が崩落することで形成される”クッキーの型”のような穴だ。

 地球のものと同じく、タイタンのカルスト状地形の地表部分には、液体の湖に流れ込む、あるいはそこから流れ出るようなはっきりとした水路がない。しかし地球とは違い、鋭く隆起した縁が存在する。

 その縁はまるで今でも拡大を続けているような様子だ。実際、タイタンの南にある最大の湖は、この穴がいくつもできたことで形成されたかのような姿をしている。

5_e2
image credit:Cassini/NASA/JPL


 「仮にこれらが本当に外側に成長しているのだとすれば、それは常に縁の破壊と再生を行いながら、外側へ移動しているということなのでしょうか? これを解明できれば、タイタンの極地にある盆地の進化についても理解が進むと考えています」(ヘイズ博士)

 カッシーニの残した遺産は今後も土星とその衛星に対する興味深い事実を次々と明らかにしてくれるだろう。たくさんのロマンと共に。


☆宇宙や星の研究者は俺が、小学校の時になりたかった職業や!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.