FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

恐竜を絶滅させたと言われている宇宙から飛来した金属で究極のがん治療が可能に?(英研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

asteroid-3628185_640_e
pixabay


 恐竜が絶滅した理由は諸説あるが、最も有力なものは、6500万年前、地球への大規模な小惑星衝突説だ。



 その根拠はは、世界各地で発見されているリング上に形成された土壌や岩石に、小惑星や彗星にしか含まれていない元素が見つかっていることだ。



 今回発表された新たなる研究によると、こうした大昔に恐竜を殺した小惑星に含まれていた元素にがガン細胞を殺す力があり、これをうまく応用すれば究極のガン治療法になるかもしれないという。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

隕石に含まれていたイリジウムがガン細胞を破壊



 問題の元素は、恐竜を絶滅させた小惑星に由来するイリジウムという金属だ。



 このイリジウムをアルブミンという血液に含まれるタンパク質と組み合わせ、ガン細胞の核に付着させる。それからおもむろに光を照射すると、ガン細胞が破壊されるという。



3_e2
image credit:イリジウム


 光を光ファイバーで照射すれば、必要な場所に正確に狙うことができ、ガンの周囲にある健康な細胞を傷つけずにすむ。つまり、副作用がないというのも優れた点の1つだという。





酸化でガン細胞を殺す光線力学療法



 英ウォーリック大学の研究チームが発見したような治療法は、「光線力学療法」と呼ばれている。



 その仕組みは、特定の分子に光を浴びせるときに酸化剤が作り出されることを利用したものだ。この酸化によってガン細胞を殺すのである。



 ピーター・サドラー教授によれば、イリジウムはこの光を浴びたときの酸化がとても上手なのだという。その可能性について、サドラー教授は次のように述べている。



 「素晴らしいのは、この大きなタンパク質がガン細胞を貫通し、イリジウムをそこに届けることができるということです。あとは可視光で活性化させて、ガンを選択的に殺せます。この技術が病院で実用化されれば、抗ガン剤が効かないガンを、副作用は抑えつつ、効果的に治療できるかもしれません。」



2_e1
image credit:Science Daily/Public Domain


イリジウムとアルブミンの化合物



 イリジウムはそれ自体ではアルブミンに付着しない。そこで研究チームは、両者をくっつけるため化学コーティングを施し、これによって明るく輝くようにもした。



 そのおかげでイリジウムとアルブミンがガン細胞に侵入する経路をたどることもできる。



 この化合物はガン細胞に入っても、そのままでは何も起きない。光ファイバーで光を照射することで初めて酸化が始まり、ガン細胞に対して致命傷を与えるのである。先述したとおり、細胞を殺すのはあくまで酸素である。



 この手法は、限られた範囲に、しかも低用量で用いることも可能だという。そのため、治験へ向けての準備が進んでいくとみられている。



References:Simply shining light on dinosaur metal compound kills cancer cells/

☆俺らのころには、ガンは無くなってまた別の病気が出てきてるだろうなぁ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!
スポンサーサイト

昆虫の脳を持ち、意識を宿したロボットの開発を目指すアメリカの米国防総省とDARPA(国防高等研究計画局)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

iStock-178481690_e


 SFと現実との垣根が徐々になくなりつつあり、ワクワクとドキドキが止まらない。



 様々な新技術が開発されていく中、ペンタゴン(米国防総省)とDARPA(国防高等研究計画局)は、こんな提案依頼書を提出したという。



 今後、昆虫の脳を利用して意識を宿したロボットを開発する方法を模索するのだそうだ。



 そのプロジェクトの名は「マイクロスケール生体模倣ロバスト人工知能ネットワーク(Microscale Bio-mimetic Robust Artificial Intelligence Networks)」――通称「microBRAIN」である。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 microBRAINが目指すのは、人工知能や機械学習に関する最先端技術を、昆虫が備えている驚異的な生理学的・認知的機能を組み合わせる方法を明らかにすることだ。



 提案書にはこう書かれている。



進化の圧力によって小型化/省エネ化を強いられながらも性能が損なわれることのなかった、空を飛ぶ極小の昆虫が持つ驚異的な演算納能力から導き出された、新しいコンピューターフレームワークと戦略を模索する革新的基礎研究コンセプトの提案を求めるために、国防高等研究計画局は、人工知能先端研究の機会を発案する




高度化をたどるAIシステムの欠点



 人工知能システムは劇的な発展を遂げてはいるものの、そうしたシステムを開発・維持するために必要となるハードウェアとソフトウェアの量は相当なものだ。



 このために最新のAIはあまりにも大きく、さまざまな分野において使いにくいものとなっていることも否めない。

 

 もし、全人類を合わせたよりも賢いコンピューターができたとしよう。



 だが、それを何もない荒野に設置された冷却設備完備のハンガーに保管しなければならないのだとしたら、送電網の破壊を狙うテロリストやスパイなどによっていともたやすく台無しにされてしまうかもしれない。



iStock-177840712_e




小型化・省エネ化を図りつつ、高度な能力を維持した昆虫



 そこで小さな昆虫の出番となる。



 その提案の中のある文書によれば、昆虫が持つちっぽけだが高度な脳を研究すれば、AIの寸法や形状を決定する要素(フォームファクター)の新しい可能性が開けるかもしれないという。



自然が、こうした小さな昆虫に劇的なまでのミニチュア化とエネルギー効率化を強いたために、その一部は、コンパクト・フォームファクターとして数百の神経細胞しか持たないにも関わらず、基本的な機能を維持することに成功した。



さらに、こうした生物からはおそらく体験の増大化した主観性も確認されるだろう。これは単純な参照テーブル反応を拡張して、AI関連問題を解決してくれるかもしれないものだ。




bee-2984342_640_e




昆虫脳搭載マシンが実現した未来とは?



 こうしたペンタゴンの動きを知れば、心の奥底に眠るSF魂が、最先端マシンに昆虫の脳やその神経ネットワークを移植することが可能となった暁にはどうなるのだろうか? と好奇心をくすぐりだすことだろう。



 昆虫脳搭載小型マシンが逃げ出して、自然界の昆虫の王として君臨するようなこともあるのだろうか? あるいはペンタゴンの職員は『猿の惑星』の最新リメイク版を知らないのだろうか? と、さまざまな想像が頭を巡るのである。



 もちろん、ペンタゴンが言っているのは、ミツバチの脳を小型ドローンに搭載して、各国の核施設に潜入させるといったようなことではない。



 神経ネットワークを研究することと、サイボーグ昆虫スパイを作り出すこととはまた別の話だ。

 だが『ジュラシック・パーク』に登場する数学者イアン・マルコムは、自然は我々が阻もうとも道を見つけるものだ――いや阻もうとするから道を見つけるのかもしれない、と語っている。



 DARPAやペンタゴンが関与しているとなると、軍事への応用も考慮されるだろうし、そのために莫大な予算がつくことになるかもしれない。



References:fbo / mysteriousuniverse/

☆中国人やロシア人には知られてはいかん技術じゃ!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!

【科学実験】レモンで火を起こす方法
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

1_e8


 果物に含まれるクエン酸は電解液代わりとなる。ってことはクエン酸がたっぷり含まれたレモンは電池代わりになるということだ。



 災害時、火が必要だが手元にはレモンと釘とピン、導線、スチールウールしかない。そんな時には役立つかもしれない、レモンを使って火を起こす方法を見ていこう。



 いやその材料そもそも揃わないとか、他にもっと簡単に火をおこす方法が、とか、非常時ならレモンで水分とビタミン補給だろとか、突っ込みたい気持ちもいろいろわかるが、面白科学実験の一種として見ていこう。



 だってレモン電池なんだぜ?かわいいじゃないか。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?



詳細は下のリンクからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)

https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-





How To Make Fire With A LEMON

▼実験に必要なもの

・レモン 1個

・ 銅製クリップ 6個(銅のコインでも代用可)

・ 亜鉛メッキの釘 6本(亜鉛のコインでも代用可)

・ 針金

・ スチールウール

まずレモンを手のひらで柔らかくする。

次に クリップをレモンに1センチ間隔で挿し込む。



2_e10


今度は反対側に釘を同じように刺す。

互いが絶対に触れないようにね。



3_e9


針金で一番目のクリップと二番目の釘をつなぐ。

同様に 二番目と三番目って具合で続けるんだ。

こうすると 銅と亜鉛の反応で発電する 。



4_e5


両端にも針金を 釘はマイナス クリップはプラスになる。

これで5Vレモン電池の完成だ。



no title


今度はスチールウールの上に 燃えやすいものをのせる。



5_e6


レモンの針金をスチールウールに接触させよう。

ショートさせるとスチールウールが赤く発熱するよ。

6_e3


☆これ、やってみにゃならん!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!

タイムトラベルの実現に近づいたのか?ブラックホールを利用したワープ航法で光速より速く移動できる(米研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

universe-2368403_640_e


 これまで、光速より速く移動できれば理論上はタイムトラべルも可能であるとする研究結果が報告されてきたりもしたのだが、光速移動の方法が問題だった。



 SFで人気のあるアイデアは、ブラックホールを別次元や別宇宙へと跳ぶポータルとして使うというものだが、確かにブラックホールを利用すれば光速より速く移動することが可能になるかもしれないという。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【ネットビジネスの本物と偽物】

「時間」と「お金」の両方の自由を手にできる【本物】は似て非なるもの。
一元さん、お断り。
ひっそりと人から人へ移るもの。

それは【本物】

だから、最後にもう一度。
【資産構築】と【金儲け】は似て非なるもの。
資産って現金だけじゃないでしょ?土地や、今住んでる家や車もそう、株や生命保険、信託や会員権も資産でしょ?

そこに、皆さん気付きましょうよ!


資本主義

手遅れになる前に聞いてみてください。
衝撃的な内容でした。

https://link.iroas.jp/e34d177c ← クリックしてね!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


ブラックホール・ポータルを利用したワープ航法



 ブラックホールは宇宙でも一番ミステリアスな天体だ。死にゆく星が重力で際限なく潰れ、特異点が形成された結果として誕生する。



 このとき、その星の密度は無限大まで圧縮され、それによって時空に穴が穿たれる。れを利用すれば、もしかしたらワープ航法も可能かもしれないという。



 つまり特異点の穴を通過して時空をショートカットし、はるか遠方の宇宙へ短時間で到達できる、というのがブラックホール・ポータルの基本コンセプトだ。



 だがブラックホールをポータルとして利用しようという宇宙船は、最悪の状況を想定して設計されなければならない、というのが従来の見解だ。



 というのも熱く高密度の特異点は、そこに進入した宇宙船をスパゲッティのように引き延ばしたり、圧縮したりしながら、最後は蒸発させてしまうだろうからだ。



fractal-1280110_640_e




ブラックホールを安全な通路として利用できる可能性が



 最近、アメリカ・マサチューセッツ・ダートマス大学のガウラフ・カナ教授らによって、すべてのブラックホールが同じような作りではないことが示された。



 そして、いて座A*のような巨大でかつ回転しているブラックホールならば、特異点はとても穏やかなものかもしれないという。



 つまりブラックホールを安全な通路として利用できるかもしれないということだ。



 その研究チームによれば、回転するブラックホール内部の特異点は専門的に見れば”弱い”。そのために、ここに接触した物体を破壊することもない。



 一見、このことは直感に反するかもしれない。だが、それはロウソクの炎の部分にさっと指を通すことと似ている。炎は2000度もあるが、指に火傷を負わないのと同じだ。



11_e0




クーパーは生き残れるか?



 大ヒットSF映画『インターステラ』に登場するクーパーは、太陽の1億倍の質量を持つという架空の超大質量ブラックホールであるガルガンチュアに落ちてしまう。



 これにインスピレーションを受けたカナ教授が指導するキャロライン・マラリー氏は、彼が本当に生き残れるのか確かめるために、回転する巨大なブラックホールに落ちた宇宙船が受ける物理効果を再現するコンピューターモデルを作り上げた。



 その結果判明したのは、どのような条件であっても、回転するブラックホールに落下する物体は、特異点を通過する際、無限に大きな影響は受けないだろうということだ。



 それだけでなく、条件が適切ならば、そうした影響は無視できるほど小さくなり、かなり快適な通路となる。実際のところ、落下する物体にははっきり気づくような影響がないかもしれないほどだという。



 ブラックホールをワープ航法のポータルとして利用するというアイデアの実現可能性を高めてくれる見解である。



10_e1




スパゲッティ化現象も軽微



 マラリー氏はさらに、これまでならあまり好ましいとは考えられなかっただろうことも発見した。



 それは回転するブラックホールの特異点の影響によって、宇宙船の引き延ばしと圧縮というスパゲッティ化現象のサイクルが急速になるということだ。



 ところがである。ガルガンチュア級のブラックホールなら、その力は宇宙船のクルーが気づかないほど小さいものかもしれないという。



 決定的なのは、こうした効果が際限なく増加したりはしないということだ。ブラックホールに接近する宇宙船にかかるストレスが無限に増加する傾向にあるとしても、その効果は有限の範囲に留まるのだ。



fractal-1280081_640_e




ただしブラックホールが完全に孤立していることが前提



ただし、このシミュレーションを実施するにあたっては、単純化するためにいくつか前提条件が設けられた点に注意しなければならない。



 特に重要な前提は、ブラックホールが完全に孤立しており、近隣にある恒星のようなものから撹乱を受けておらず、放射線も浴びていないというものだ。



 これによってシミュレーションは容易になるが、実際のところ、ほとんどのブラックホールはチリやガス、放射線といったもので囲まれていることを指摘しておきたい。



 それゆえに、今後はマラリーモデルをより現実的なブラックホールに当てはめるとどうなるかという点を検討せねばならない。



 こうしたコンピューターシミュレーションによる研究は、ブラックホール物理学の分野ではごく一般的なものだ。



 言うまでもなく、それを実験室で再現することはできず、実物に近寄ることだってできない。ゆえに理論やシミュレーションは、ブラックホールを理解するための大切なツールなのである。



 この研究論文は『researchgate』に掲載されている。

References:arxiv / inverse/


未来へ行ったら過去へ戻ってこれへんやんか!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

        ↑
     クリックしてね!

これが月の裏側だ!中国の月面探査機「嫦娥4号」が送ってきた最新版、月の裏側の映像
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

00_e0

 月の裏側は地球から見ることができない。月の自転と公転が地球と同期しているからだ。

 そのため裏側には秘密基地があるとか宇宙人がいるとか、ロマンあふれる様々な妄想に掻き立てられていたわけなんだけども、2019年1月3日、中国の「嫦娥4号」が、月の裏側にある、幅185キロのフォン・カルマン・クレーターに着陸する際に撮影された映像が公開された。



 宇宙の漆黒を背景に、白と黒の月面世界が映し出されている。よーく観察するともしかしたら何かが隠されているのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
VTuberをご存知でしょうか?

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。
「ネット流行語大賞 2018」でもグランプリに輝き、今一番流行しています!

今大流行している「バーチャルYouTuber」を使えば、流行の波に乗って簡単に達成できると思いませんか?

しかし、「バーチャルYouTuberの動画を作る技術なんてないよ」という人も安心してください。
動画作成スキルは一切必要なく、誰でもできます。

どういうことなのか?



詳しくはこちらをクリックしてくださいね!
↓ ↓ ↓
https://link.iroas.jp/baf516db


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-





Chang'e-4 descent footage



 動画には、カメラが下に向けられ、嫦娥4号が降下するのにあわせて月面が近づいてくる様子が映し出されている。



 最後は、エンジンの噴射とともにタッチダウン。

 歴史の教科書に新しいページが生まれた瞬間だ。



3_e2
image credit:CLEP/CNSA


月の裏側が表側とはまるで違う理由とは?



 嫦娥4号は、固定式ランダーと6輪の月面ローバー「玉兔2号」を搭載しており、今後月面や地中の調査が行われる予定だ。月の構成や進化史に関する新発見がもたらされるだろうと期待される。



 また、いつも地球の向こう側にある月の裏側が、表側とまるで様子が違う理由の解明にも役立つことだろう。



 たとえば、表側は海という暗い火山性堆積物に覆われているが、裏側ではほとんどないことなどだ。



2_e5
image credit:CLEP/CNSA


 月の裏側から地球と直接交信することは難しいために、そこで集められたデータは、「鵲橋」という中継通信衛星を経由して地球に送り届けられる。



 嫦娥4号には蚕の卵と植物の種も搭載されている。これは月面の低重力環境でこれらの生物がどのように発達成長するのか確かめるための実験だ。



5_e2
image credit:CLEP/CNSA


20年をかけた中国政府の一大プロジェクト



 嫦娥とは、中国神話に登場する女神にちなんだもの。その女神は、不死の薬を盗んで月に逃げ、ヒキガエルになったと伝えられている。玉兔とは、嫦娥が飼っていたウサギである。



 中国政府が進める嫦娥計画は、「軌道周回」「着陸」「サンプルリターン」の3段階でなる20年をかけた一大プロジェクトで、最後の段階は嫦娥5号が担う。



 すでに2014年10月に嫦娥5号T1によるリターンカプセルの実験が行われており、中国政府によると今年の早い段階で嫦娥5号も打ち上げられる予定だそうだ。



 以下の画像は、フォンカルマンクレーターとその周辺のパノラマビューだ。画像クリックで拡大表示できる。



8
image credit:嫦娥四号任务-嫦娥四号着陆器地形地貌相机环拍全景

中国には絶対に先を越されてはならん!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)

the final

        ↑
     クリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.