環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

未来近づきすぎ。ホログラムのヴァーチャルアシスタントが開発される
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e_e


 ホログラム投影と言えば、1977年上映の「スター・ウォーズ エピソード4」で出てくる、 R2-D2が映し出したレイア姫を思い出すが、あれから40年、現実はSFに追いついちゃったようだ。



 既にアップルの「Siri」やアマゾンの「アレクサ」のようなパーソナルアシスタントが一般的になっているが、それらは声だけで姿はない。そこに姿を与えたのだ。


 ジャレム・アーチャー氏は、ウィンドウズ10の「コルタナ」に合わせて動くホログラムデバイスを開発した。





Holographic Cortana Appliance



 マイクロソフトのゲーム『ヘイロー』に登場する人工知能「コルタナ」(ちなみに同社のパーソナルアシスタントの名称は、これにちなむ)と同じく、その姿は透けるようなブルーライトで描かれ、ピラミッドプリズムの中を歩き回る。



 動画では、傘を持って行った方がいいかと質問されたコルタナが、温度グラフを表示して「たぶん必要ないわ」と説明してくれる場面が紹介されている。



00


 アーチャー氏によると、開発費は10万円程度で、4ヶ月ほどで完成したという。





ホログラムの仕組み



 このデバイスには、現在のホログラムによく利用される「ペッパーズ・ゴースト」という視覚トリックが利用されている。基本的には、反射する床の表面に頭上のプロジェクターで映像を照射し、反射された映像が角度をつけたパネルに投影されることで立体的な映像を得る方法である。

 

 この技術を応用するために、3Dプリンターでピラミッド状のパーツを作成。そこにマイクとスピーカーを取り付けた。



 さらにマイクロソフトのサーバーと通信し、ウィンドウズ10のコルタナと同期する独自開発のソフトウェアを組み込んだ。



4_e


 コルタナの歩いたり、身振り手振りをしたりといった動作は、妻をモデルに2基のキネクトで異なる角度からモーションキャプチャしたものだ。



5_e


 これまでも、ヘッドマウントディスプレイなどを使用してホログラムを投影するシステムは開発されていたが、バーチャルアシスタントと合体させたところが新しい。



 開発過程はこちらのサイトで紹介されている。近いうちに、手を振ったり、会釈するような動作が追加されるかもしれない。



 「もっと精度を上げて、いろいろな動作をさせたいと思っています」とアーチャー氏。実際に商品化して、キッチンのカウンターや机の上で利用されるようになればとコメントしている。



via:Holographic Cortana Appliance: Working Concept

 スマホからヒュっとでてきてアシスタントしてくれるホログラムとかも、あと数年後にはできちゃいそう。バーチャルなアシスタントがいてくれたら、もう私、寂しくないな。うん、もうほんと・・・

☆これって、30年くらい前にあったぞ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

死後冷凍保存された脳を新しい体に移植し死者をよみがえらせる計画が3年以内に実施予定(イタリア脳神経外科医)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e15


 イタリアの脳神経外科医であるセルジオ・カナベーロ博士は、今年12月に世界初の「頭部」の移植の準備を進めている。



 それどころか、遅くとも3年以内には世界初の「脳」移植の実現を計画しているそうだ。この手術がうまくいけば、死亡後に極低温凍結された人間の脳が、新しい体に移植されることとなり、事実上生き返ることとなる。



 科学的にも、倫理的にも大きな議論を呼びそうな計画だ。

人間の頭部移植手術は2017年12月実施予定



 頭部移植手術は今年12月、中国北部のハルビン医科大学で中国人の患者に対して実施されるという。最大の難関は脳を切断した脊柱につなぎ合わせ、動きや感覚の制御を再び可能にすることだ。





 カナベーロ博士によれば、Texas-PEGという液体を用いて脊柱を完全に切断したマウスの動きを回復させる実験に成功しており、今では問題は解決されているのだという。



 それ以外にも中国と韓国で動物実験を行なっており、成果は「間違いない」とのことだ。



世界初の脳移植計画も3年以内に予定



 また、世界初の脳移植も計画している。独『Ooom』誌のインタビューにおいて、「今、世界初の脳移植を計画しており、遅くとも3年以内に準備が完了するのではないかと考えています」とカナベーロ博士は答えている。



1_e22
イタリアの脳神経外科医、セルジオ・カナベーロ博士



脳移植の優位性と問題点



 学会の中には懐疑的な意見が根強いが、同博士によれば、脳移植にはいくつもの利点があるという。例えば、免疫反応がほとんどなく、拒絶反応の心配がないこと。脳はある意味、中立な器官なのだそうだ。



 だが脳を完全に別の体に収めねばならないという問題もある。その影響は、実際に行ってみるまでよく分からない。



2_e18


冷凍保存されている患者を蘇らせたい



 それでもカナベーロ博士は、米アリゾナ州のアルコー延命財団で冷凍保存されている患者を蘇らせたいと願っている。



 仮にこれに成功したとすれば、人類の世界観が一変することは間違いない。「宗教は永遠に一掃されるでしょう」と博士は話す。



 「宗教はもはや必要なくなります。死を恐れる必要がなくなるからです」



 意識は死から蘇ることができると分かれば、人はもはやキリスト教も、ユダヤ教も、イスラム教も必要としなくなる。そして「人生の意味は?」との問いも余計なものになるだろう、とカナベーロ博士は話している。



via:ooomexpressなど

☆被験者になりたい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

約2600年前にハレー彗星がもたらしたデブリ帯に地球が突入すると専門家
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e


 カナダの隕石軌道レーダー(CMOR)によると、水瓶座の方角に”ホットスポット”が存在しており、地球がデブリ帯に突入すると予測されるという。



 このデブリ帯は紀元前616年(約2600年前)にハレー彗星から発生したものである。

ベツレヘムの星の正体はハレー彗星?



 一部のキリスト教神学者は、ベツレヘムの星と呼ばれるキリスト誕生を告げた星の正体がハレー彗星ではないかと推測している。ハレー彗星が紀元前12年というキリスト誕生の直前に飛来しており、聖書の記述を説明できるからだ。



0_e


ハレー彗星から発生したデブリ帯に地球が突入、

大規模な流星が発生する可能性が示唆される



 今週、地球はそのハレー彗星から発生したデブリ帯を通過しようとしており、大量の流星が発生するかもしれない。



 ハレー彗星の破片である無数の隕石は地球の大気圏に秒速66キロで衝突し、100キロの上空で崩壊する。まさに隕石のシャワーのような現象が起きるだろう。



4_e


ハレー彗星は吉兆・凶兆をもたらす?



 歴史を振り返ると、ハレー彗星はしばしば吉兆あるいは凶兆と見なされてきた。



 最初のハレー彗星の記録は紀元前240年のもので、中国の歴史家、司馬遷の『史記』に記載がある。バビロニアのタブレットの2枚の断片には、その次の紀元前164年の飛来時の記録がある。



1_e


 そして紀元前12年のハレー彗星である。これはキリストが誕生したとされている年のほんの10年前のことで、一部からこれがベツレヘムの星なのではないかと推測されている。



 さらに1066年、イングランドではその飛来が凶兆とみなされた。同年に起きたヘイスティングズの戦いでハロルド2世が戦死したからだ。もちろん敵であったギヨーム2世にとっては吉兆だったろう。



 1301年、ハレー彗星を見た画家ジョット・ディ・ボンドーネは、それをモデルに「東方三博士の礼拝」の中に夜空を横切るベツレヘムの星を描いた。



2_e


 1456年の飛来時は、オスマン帝国がハンガリー王国に侵入。1910年は中国動乱の年で、翌年に辛亥革命という形で清国が終焉を迎えている。



 前回ハレー彗星が飛来した1986年は最悪の年であったろう。チェルノブイリ原発事故ばかりか、死者1,000~1,500人、負傷者10,000人と言われるサンサルバドル地震まで発生している。



 ハレー彗星の軌道が現在のものになったのは1万6,000~20万年前のことで、その寿命は1,000万年であると考えられている。



 次に地球に再び飛来するのは2061年7月28日のことだ。



※追記:この記事が海外サイトに掲載されたのは5月2日なので、流星群は既に5月6日に極大を迎えている。




☆ぎりぎり見れるかもしれん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

現代版「鎖かたびら」のようだ。NASAが開発した針も糸も通せない金属の布「宇宙織物」
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

top


 先日、米カリフォルニア州を拠点にNASAの研究開発などを行っているジェット推進研究所(JPL)が金属でできた特殊な"布"の試作品を発表した。



 「NASAの新しい宇宙織物」として紹介されたこの布は従来の布とは異なり、3Dプリンタで作られる。いわゆる鎖かたびらに似ているが、宇宙では幅広い用途で使われる可能性を秘めているという。



 針も糸も通せない金属の布。これが宇宙でどのように役立つのだろうか?

JPLが開発した金属の布



 この試作品はスペインのファッションデザイナーを親に持つエンジニアが開発したものだ。小さくて四角い金属パーツがつながっているため、鎖かたびらに似た外見をしている。





 そしてこの "布" は手で縫い合わせることはできない。3Dプリンタで丸ごと作られるのだ。



宇宙で役立つ4つの機能



 この布は、反射率と受動的な熱管理、折りたたみ性と引っ張り強度という重要な4つの機能を有する。



 片面が光を反射し、もう片面は光を吸収するため熱制御ができ、色々な方向に折りたためて、引っ張ったままで用途に合った形にできるのだ。



spaceFabric20170418b_e
image credit:jpl


 実は宇宙では、こうした機能がさまざまな形で役立つという。例えば、展開してすぐに形を変えられる性質を生かせば、大きなアンテナやデバイスも使用時以外はコンパクトになるだろう。



 また、隕石から宇宙船を保護したり、宇宙服や他の惑星の表面にある物体を補足するときに使用できる。



 他にも、木星のエウロパのように氷で覆われた衛星で、宇宙船の断熱に使うこともできそうだ。さらにでこぼこした場所にも広げられるので、氷をとかさない足場として使えるという。



一枚布の宇宙船を作る案も



 こうした織物をつくるには、3Dプリンティングといった付加製造が必要になる。それは望みの物を層状に堆積させる技術だ。そしてこの技術はコストが削減でき、特殊な素材を作り出す能力を上げることができる。



spaceFabric20170418_e
image credit:jpl


 JPLのシステムエンジニアたちは、このように素材が持つ幾何学的な構造と機能の両方を印刷することを "4Dプリンティング" だと考えている。20世紀の製造業が大量生産に動かされていたとすれば、今回のような技術は機能の量産になるというのだ。



 彼らはこれを宇宙で使ってみるだけでなく、宇宙で作りたいと考えている。そして将来は故障のリスクが伴う部品で何かを組み立てるのではなく、"一枚布"できた宇宙船を作り、機能を付加する方法を考えているという。



via:boingboinginstagram

☆3Dプリンタすげぇ~!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

異次元への玄関「ポータル」は存在する?その存在を示唆しているかもしれない10の事例
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

3_e8


 異次元に通じる玄関「ポータル」の存在を示唆する事例がある。だいたいそういうのって、UFO研究者とか超常現象研究科がもっぱら調査しているものなのだが、CERNプロジェクト自体がその存在を研究しているという噂もある。



 ここで紹介する10の事例は、とても奇妙でワクワクするものばかりだ、我々の次元への理解が進めば解明されるものもあるかもしれない。

10. ハリー・ターナー事件(米ヴァージニア州、1979年)



1_e11


 トラック運転手のハリー・ターナーにはその間の記憶がなかった。ただ手に銃を持っており、トラックの車内には空の薬莢が散らばっていた。そして突然思い出した。



 ウィンチェスターからフレデリックスバーグに向かう途中、光に飲み込まれたのだった。突然、トラックのドアが開き、肩を凄まじい力で掴まれた。パニックに陥って、ただ闇雲に発砲した。



 次に憶えているのは、配送先だった倉庫の駐車場だ。午前3時頃だった。130キロは移動しているはずだが、距離計は27キロしか進んでいなかった。



 まったく不可解な体験であるが、ターナー自身は、ポータルに紛れ込み、多次元的な存在に遭遇したと考えている。





9. 溶けた車(米シカゴ、2008年)



2_e12


 アメリカ・イリノイ州シカゴの通りを運転していたときの出来事を、その学生は後になってポータルを通過したのだと考えるようになった。



 道路には自分しかいなかったが、突然凄まじい音が鳴り始めた。どうやら車から発していると思われた。それは何者かが車にぶつかっているかのような音だった。あまりの凄まじさに隣の車線に飛び出しそうなほどだった。そして鳴り始めたときと同様、音は唐突に止んだ。



 車を降りて確かめてみると、窓やフレームには損傷がなかったが、ドア部分の表面は激しい熱にでも当てられたかのように溶けていた。他の車にぶつけられたような痕跡は一切なかった。





8. マン一家(英レディング、1978年)



3_e8


 ジョン・マンは妻グロリアと子供2人を車に乗せていつもの帰り道を運転していた。30分も運転した頃、空に奇妙な光が輝いており、それが近づいてきていることに気がついた。光を確かめようと車から降りると、光が接近しているから戻れと家族が叫んだ。



 ジョンは車内に戻るが、車を動かすとそこは先ほどの道路ではなく、ジグザクに伸びた生垣のトンネルのような場所だった。だが、いつの間にか自宅へ向かう普段の道に戻っていた。2時間が経過していた。



 翌日、彼らはトンネルの場所を探したが一向に分からなかったという。果たしてポータルに入り込んだのだろうか?





7. サリュート7号事件(地球軌道、1984年)



4_e8


 ソ連の宇宙ステーション、サリュート7号では天使のような生物が目撃されている。それはオレンジ色の輝きに包まれていたという。目撃者によると、光は船内どころか、心の中にまで入り込み、それを見たものは穏やかな喜びに包まれたそうだ。



 その存在は2度、計6名の宇宙飛行士によって目撃された。それはスベトラーナ・サビツカヤが宇宙遊泳をした最初の女性になったミッションでの出来事だ。



 果たして地球の上空にもポータルが存在するのだろうか? 天使は別次元からやってきたのだろうか? この事件はソ連が崩壊して公開された書類から明らかにされた。





6. 太陽へいたるポータルの存在(NASA)



5_e9


 2012年、NASAは地球上空に”Xポイント”というポータルが存在すると発表。プラズマ物理学者ジャック・スカダーは、Xポイントは地球と太陽の磁場がつながっている場所で発生すると説明している。だが、ここがどこにつながっているかまでは分からない。





Hidden Magnetic Portals Around Earth



 2014年、この現象をさらに調査するため、磁気圏マルチスケール(MMS)ミッションを実施。スカダーはエネルギー粒子の計測結果を解析することで、ポータルが開く場所やタイミングを正確に予測できるようになると考えている。



 このポータルに進入して、その先を確かめるミッションが実施されるどうかは未定だ。





5. 空で渦巻くボルテックス(2016年)



6_e6


 ネット上に公開された45秒の動画には渦巻くボルテックス(渦)が映されていた。奇妙な物体がボルテックスに進入すると、それは消えた。寄せられたコメントには、別の宇宙へつながるポータルであると指摘するものもあった。

 

 宇宙空間があまりにも広大であることから、UFO研究者や科学者たちの中には、宇宙の移動には”ポータル”やワームホールといったものが利用されているのではないかと推測する者もいる。





Does amazing video show UFO flying into swirling VORTEX above the Large Hadron Collider



 なお、映像は竜巻の余波である、あるいは単なるフェイクであるという見解もある。





4. ポータルを通過して閉店中の店に入る男(場所不明、2016年)



7_e6


 こちらの動画には、閉店中の店のドアを通り抜ける男の姿が映し出されている。撮影場所は不明であり、本物であるかどうかも不明だ。





Man Caught In CCTV Going Through Wall. See It For Yourself.



 ドアを通過する際に映像が明滅している(防犯カメラの効果かもしれない)。その後、店内でも同様の光がまたたくと、再び男が店外に姿を現す。カラパイアでもかつてこの情報を伝えているので以下のリンク先をチェックしてほしい。





 フードの男は”時間を旅する幽霊”であるとする説、あるいはポータルを通過しているのだという説など、様々な憶測が流れている。無論、作り物であるというのが大半の考えだ。





3. 警察が追跡していた車両が忽然と消失(米ロサンゼルス、2015年)



9_e4


 ロサンゼルス警察が撮影したと思われる映像では、追跡車両が忽然と姿を消している。当時の走行スピードから3つの可能性が推測される。1) ドライバーはポータルの位置を知っていた、2) ドライバー自身がポータルを作り出した、3) 偶然ポータルが出現した。



 無論、これらの仮説は映像が作り物でない場合にしか成り立たない。



 撮影はパトカーの車載カメラによるものと思われる。警察に追跡されていた車両は突然、人気のない道路に進路を変えた。ダウンタウンを避けたと思われる。





Car teleporting away from cops chase - Ghost car official police footage



 追跡車両が最後に方向転換すると、突然カメラの前から消失。パトカーはワイヤーフェンスの前で立ち往生してしまっている。



 映像の信ぴょう性を別にすれば、この現象についてきちんとした説明はない。本当に映像どおりのことが発生したのかもしれない。





2. CERNがポータルを作成



10_e4


 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で実施されたCERNプロジェクトは、かねてから陰謀論の文脈で語られてきた。その目的の1つが別次元へ続くポータルを開くことだというのだ。



 2015年、オランダ、フローニンゲンで撮影された写真は、そのポータルの1つを写したものだと言われている。撮影者の写真家ハリー・ペルトンは写真を公開し、一体何が写っているのかネット上で質問した。



 ある返信によると、LCHはメンテナンスのために停止中であったが、撮影の数日前に再稼働されたという。果たして偶然だろうか? そのときは2倍のパワーで再稼働されたという証言もある。





1. 持ち上げられた車(米ニューハンプシャー州、2010年)



11_e1


11_e1


 2名のティンエイジャーが駐車した車の中で座っていると、空に奇妙な光が見え、まるでレーザーのようなものが接近してきたという。そのまま車は地上から浮き上がり、2人はまるでトンネルのような光に包まれた。



 彼らは悲鳴を上げたが(お互いが叫ぶ表情を見ている)、車内は静寂に包まれていた。それどころか、少年によると、頭の中で声が聞こえ、恐るなと告げられたという。



 やがて車が落下していることに気がついた。ドサッと音がして地面に落ち、光は消えた。彼らは急いで自宅まで帰り、両親が警察に通報した。



 現場の調査からは、彼らの証言を裏付けるかのように、車が高いところから落ちたような跡が発見されている。



via:10 Modern Incidents That Suggest Portals Really Might Exist/

☆俺はたまに異次元へ行っています!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.