環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

今まで違ったなんて…ロシアでビールがアルコール飲料に分類される
1_20110227205733.jpg

ビールはまぎれもなくアルコール飲料のはず……ですよね。

大半の国では疑問の余地もなくアルコール扱いとなりますが、ウォッカの国ロシアではちょっと事情が違ったようです。

今までソフトドリンクや食事の範疇にカテゴリされていたらしく、このたび初めて法的にアルコール飲料として分類されることになりました。

ビールがアルコールと分類されたことにより、夜間の販売を規制したり、学校での販売を禁じたり、サイズの規制などが可能になる見込みです。

ビールの価格が安くなったことや法の規制が甘くなったことにより、過去15年間で消費が3倍にも伸びており、健康面の懸念が生じたことからこうした運びとなったようです。

ロシアのビール消費量は中国、アメリカに続き、世界で3~4番目の多さで、WHO(世界保健機構)が推奨する一人当たりの量の倍にあたると言います。(一人当たりの消費量1位はチェコ)

1991年から2009年の間に人口が640万人も減り、また50万人はアルコールが死因となっているそうです。

ロシアではウォッカをはじめとするスピリット系の強いアルコールが人気ということもあり、それと比べてビールはソフトドリンクと大差ないという考えの人が多いのです。

会社員が朝の通勤にビールを飲んでいたり、10代の若者が公園でランチといっしょにビールを飲む姿は珍しくない光景で、今後少しずつ規制強化へと向かうようです。

アルコールに強いロシア人ではありますが、さすがにビールが今までアルコール扱いされていなかったというのは恐れ入りますよね。

Beer to be classified as alcohol for first time in Russia

☆ビールがソフトドリンク扱いだったとはすごいなぁ!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.