環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

科学的に可能性のある「世界の終焉」8つのシナリオ
1_20120623103616.jpg

 とりあえず2012年12月21日に世界は終わるという「マヤ暦」に関しては、数々のデータにより無事クリアできたわけだが、どんなものにも始まりがあれば終わりもある。地球も例外ではないわけで、科学的に可能性のある、世界の終わり方が8つほど紹介されていたので見てみることにしよう。

ソース:マヤ終末論は否定も…科学的に可能性のある「世界の終焉」8つのシナリオ+(1/4ページ) - MSN産経ニュース


1.スーパー噴火

 6,500万年前に巨大な噴火活動が起きた。このときに、厚さ3,000m以上を有する世界最大の火成活動の痕跡、インドのデカントラップの一部が形成されたと言われており、この噴火の際に放出された大量の火山ガスと粉塵は、50万年間に8度の地球温暖化をもたらしたほか、[P-T境界と呼ばれる大量絶滅で、海生生物のうち最大96%、全ての生物種で見ても90から95%が絶滅し、恐竜を滅ぼした。

 また科学者らは、およそ2億5,000万年前に、シベリアの火山が記録上最大の絶滅を招いた可能性があることを明らかにしている。
1_20120623103908.jpg


2.小惑星の衝突

 現在のメキシコのユカタン半島に落下した直径約14.5kmの小惑星が、6,500万年前に発生した恐竜絶滅の一因だという説もある。

 米航空宇宙局(NASA)は、直径が約50m以上ある小惑星が地球に衝突する確率は、およそ100年に1回だと計算している。その衝撃は、大規模な洪水、都市の壊滅、農業の破綻など、局部的な大惨事をもたらす可能性がある。地球規模でさらに深刻な問題を起こす可能性がある、直径1.2km以上の小惑星が衝突する確率は、数十万年に1回だという。

2_20120623103907.jpg


3.彗星衝突

 ハートレー第2彗星は2010年10月20日、地球から約1,700万kmの地点にまで近づいた。これは、ここ数世紀で彗星が地球に最も接近した機会のひとつだった。

 彗星は時速およそ16万kmで宇宙空間を突進しており、地球の引力のせいでその速度はさらに上がると、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の惑星科学者エリック・アスファウグは述べている。さらに、彗星の核は暗く、太陽系外部で発見するのは非常に難しい。アスファウグ氏によれば、地球に衝突するコースにある彗星を、木星より遠い位置で発見できれば、10年の猶予があるという。しかし、核の直径が10kmの彗星が地球にまっすぐ向かっていれば、できることは「ブルース・ウイルスが登場した映画『アルマゲドン』的なことしかない」とのことだ。
3_20120623103906.jpg


4.珪藻の反乱

 カリフォルニア工科大学の地球生物学者ジョー・カーシュビンクは、珪藻(湿気のある場所、湖、川、海や土壌に生息する微小の藻)が地球の空気を破滅的なものに変える可能性を指摘している。

 これらの微生物は、光合成によって作られたものを燃料として生きているが、だがもし突然異変体の珪藻が、水、あるいは鉄や水素など、環境中のほかの物質を利用できなかったら、彼らは地球がもたらす食べ物として塩(塩化ナトリウム)に狙いを定める可能性がある。すると、これらの微生物は有毒な塩素ガスを放出するだろう。「数百万年かけて、地球環境が激変するかもしれない」とカーシュビンク氏は述べる。

 同じようなシナリオが約23億5,000年前に発生した。藍色細菌の1種であるシアノバクテリアが光合成の方法を学習したのだ。当時の大気は主に二酸化炭素で構成されていたが、これらのバクテリアは酸素分子を大気中に放出し、酸素に耐性のない種を絶滅させたと、カーシュビンク氏は述べている。
4_20120623103905.jpg


5.危険なウイルス

 トリ、ヒト、その他多くの動物においてインフルエンザを引き起こす『H5N1』ウイルスを、実験室でさらにヒトへの感染力が強い形に改変する手法が2011年に問題になった。

 さらに、フェレットに生息するウイルスを研究している米国とオランダの科学者らが、いくつかの遺伝子を突然変異させることで、はるかに危険な致死性ウイルスを作った。遺伝子改変を施す前、このウイルスは接触を通じてしか拡散しなかったが、この遺伝子改変によってウイルスは空気中でも死滅せず、接触なしでフェレットの個体間に広がることができる。

 ただし、単一のウイルスが人類絶滅につながる危険性は低いという。ヒトの免疫機構が反撃するため、「1週間かそれ以下で広まらない限り、人類絶滅にはならない」と、カリフォルニア工科大学のアリス・フアンは説明している。
5_20120623103905.jpg


6.超新星爆発

 超新星爆発は、X線や宇宙線、そしてガンマ線などを生成し、惑星全体の生命を死滅させるほど強力になりうる。

 もし超新星爆発が銀河のいたるところで不規則に発生するとしたら、地球が超新星爆発に遭遇する可能性は50億年に一度ということになる。だが、超新星爆発は銀河の渦状腕に近いところで頻繁に起きるため、オハイオ大学の天文学者トッド・トンプソンによると、「実際には、およそ1億年ごとに地球が渦状腕を通過するたびに、地球は超新星爆発の10パーセク以内[1パーセクは約3.26光年]に接近すると考えられる」という。
6_20120623103931.jpg


7.太陽系軌道の混乱

 木星は太陽系で最大の惑星だ。そのため、ほかの惑星の軌道を強く引っ張る。この巨大ガス惑星は、数百万年にわたって、小さな水星の楕円軌道に影響を与えている可能性がある。水星が太陽から最も遠く離れる距離が伸びているのと同時に、最も近づく距離も短くなっているという。

 『Astrophysical Journal』誌上で2008年に発表された研究は、水星の軌道が伸びるにつれ、太陽系で最も軌道速度の速いこの惑星が太陽に衝突する可能性があることを指摘している。あるいは、水星が金星の軌道と交差する可能性もあると、この研究論文の共同執筆者でUCSCの天文学者であるグレッグ・ラフリンは述べている。水星と金星が衝突すれば、火星が押し出される可能性があるのだという。

 しかし、最悪のシナリオは、火星と地球が衝突することだ。地球質量は火星の20倍あるとはいえ、衝突すれば地球も壊滅するだろう。こうした混乱が生じる可能性は、これから50億年で1%だという。
7_20120623103930.jpg


8.太陽の暴走

 10億年以内に、太陽は現在よりも約10%強く輝くようになるだろうと科学者らは予測している。そのさらなるエネルギーで、地球の気温は摂氏93度をはるかに上回る温度にまで上昇するという。

 地球を去って別の惑星を探したくない人は、小惑星を操作して地球の軌道を変えるという計画に望みを託せるかもしれない。太陽系に入る小惑星の軌道を、地球の前面に移動するよう変化させると、地球の引力が多少増し、公転の速度を高める。そして地球の公転速度が速くなることで、軌道が若干長くなる。数百万年以上の十分な時間をかけてこれを実施すれば、地球の軌道は約5%増加するので、地球に届く太陽エネルギーが約10%減少すると、メキシコのグアナファト大学の天体物理学者クラウス・ペーター・シュレーダーは説明している。

 しかし、それも時間稼ぎにすぎない。70億年もすれば、太陽は赤色巨星になり、地球を飲み込んでしまうだろうから。
8_20120623103929.jpg

☆どないもならんことばっかりかいな?
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.