環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

お前はもう死んでいる?人間のような筋肉と骨で動くロボット「ケンシロウ」を開発(東京大学)
プレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

1_20121224141234.jpg

 ロボット工学の進歩により、製造工場、建設現場、災害救助や軍事利用など、様々なニーズに対応できるロボットが開発されてきた。そんな流れの中、人体解剖学的に人間に近いロボットが、東京大学JSK研究室の研究者たちにより開発されようとしている。

 このロボットの名前は「ケンシロウ」。東大JSK研究室では、過去にも様々な人体そっくりのロボットを開発してきた。身長158cm、体重50kgのケンシロウは、12歳の日本男子をモデルとしている"筋骨格"ヒューマノイドロボットである。



 ロボットは本物の人間の筋肉による自然な動きを再現すべく、アルミニウム製の骨格に160もの人工筋肉を取り付けた。首に22、肩に6、胴体に76、脚部には25の人工筋肉が搭載されている。この人工筋肉が、骨をスムーズに連動させ、人間そっくりの動きを再現する。アルミの骨格や靭帯や腱なども人体構造を忠実に模写しており、太ももやふくらはぎの大きさや重さも12歳男子のものとほぼ同じであり、これまで開発されてきたどの人体型ロボットよりも果てしなく人間に近いものとなっている。

1_20121224141457.jpg

 現在はまだ開発段階にある為、実際に人間が動く速度や精度は持ち合わせていないが、今後は更に研究を進め、人間の身体機能により近いものを実現していく予定だという。そしてこの技術は、人間の人体構造の解明及び、ロボットの新たなる進化に利用されることが期待されている。

1_20121224141529.jpg

 今はまだ、骨と筋肉だけだけど、これに人肌に近い素材の樹脂がかぶせられ、顔がつけば、未来の婿や嫁としての期待度アップかも?

via:geekologiedvicespectrum

☆こんなもん、戦争に使うに決まっとるんじゃい!

プレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.