環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

かつての火星に飲用可能な水の存在。生命が生息可能であった新たなる証拠が発見される(NASA)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130623152203.jpg

NASAの火星無人探査車オポチュニティーは、打ち上げ後10年近くに渡り火星を調査してきたが、この度これまで解析した中で最も年代が古いと思われるエスペランス6と呼ばれる岩の分析を完了した。

 その調査で判明したことは、この岩には、「生命を支える可能性を持った水がかつて大量に流れた証拠となる粘土鉱物が含まれていた。」というもので、この発見は、過去10年の様々な調査の中で最大の発見であるという。

 研究責任者の米コーネル大学のスティーブ・スクワイヤーズ氏は「水と岩との相互作用で岩の化学的性質が変化した。鉱物学的性質を劇的に変化させたことを示す強力な証拠だ」と話す。科学者らは、かつて、これらの岩にある割れ目を大量の水が流れ、異例の高密度で粘土が後に残されたと考えている。その水が中性に近い水素イオン指数(pH)環境の中で形成されていたこともわかった。

1_20130623152255.jpg

 スクワイヤーズ氏は「これまでオポチュニティーが発見した証拠の大半は硫酸だった」として、エスペランス岩における発見との重要な違いを大まかに説明しながら、「エスペランス岩に残された痕跡は飲用可能な水だ」。と述べた。

1_20130623152338.jpg

 エスペランスのような最も年代が古い岩のpH値が中性だったということは、初期の火星の水が「生命の誕生をもたらしうるには好ましい環境」だったことを示唆している。その後この水は、環境が厳しくなったために水はより酸性になったと考えられているが、かつての火星では生命の誕生が可能であった時期があったということだ。胸熱だ。

via:space afpbb

☆10年も調べて何にも出てこんのかいな?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.