環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

鉄だけでも100万x1,000兆ドル!お宝が未曽有に眠る小惑星「プシケ」の探査にNASAが本気をだした
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

2_e


 もしかしたら火星への有人飛行ミッションは少々後回しにされるかもしれない。NASAが小惑星「プシケ」の探査計画を前倒しすることにしたからだ。



 プシケは全体がほぼニッケルと鉄で構成されており、鉄だけでも100万x1,000兆円相当が眠っていると推測されている。



 仮にプシケを地球まで持ってきてその資源を利用できるようになれば、9,000兆円程度のちっぽけな世界経済など崩壊してしまうことだろう。NASAの目的はあくまで探査で、採掘は考えていないというのだが・・・

小惑星プシケとは?



 プシケの名の由来はギリシャ神話に登場する人間であったが不死となった女神プシュケである。これまで発見された小惑星としては最大級のもので、火星と木星の軌道の間にある塵の円盤の中に位置している。



 直径は240キロ。直径945キロを誇るケレスをはじめ、同ベルト内にあるいくつかの小惑星には及ばないが、露出している金属天体としては圧倒的に最大のものだ。



 本ミッションが成功した場合、人類史上初の岩石や氷ではない鉄でできた世界の探索に成功するということになる。



1_e1
image credit:Arizona State University/NASA


NASAはプシケ探査を前倒し



 もともとNASAがプシケ探査ミッションを予定していたのは2023年だったが、2022年夏に前倒しすることを発表。



 だが本当に注目すべきは、効率的な軌道が発見されたことで、探査機がプシケに到着するまでにかかる時間が当初の予定よりも4年早い、2026年になったことである。



計画が早められたのも新軌道を利用することが目的である。このおかげで時間短縮のみならず、コスト削減まで見込むことができる。



5_e
image credit:Image credit: NASA/JPL-Caltech.




 もちろん、ミッションはもう少々先の話であるが、楽しみに待つだけの価値はある。ほとんど剥き出しの鉄の核という、太陽系でも実にユニークな天体であるからだ。



 プシケが岩石や氷で覆われなかった理由は定かではないが、大規模な衝突によってケイ酸塩の地殻とマントルが剥ぎ取られてしまったのではないかと推測されている。このために現在、プシケ表面のケイ酸塩岩は10パーセント程度でしかない。



 また消失したケイ酸塩の地殻の内側にあった融解した核が固まった理由も不明だ。



0_e0


 専門家によると、この探査は惑星降着が起きていた最初期にまで時代をさかのぼるものになるという。最初の天体は衝突によって分化したのみならず、粉々になり、融合した。



 さらに惑星や衛星の内部にある金属の核を理解するための代替手段としても貴重である。今のところ、そうした核を直接調査することはできないからだ。



 きっと歴史的なミッションになることだろう。そして、ひょっとしたら宇宙での採掘というパンドラの匣まで開けることになるかもしれない。ワクワクとハラハラが止まらない。



via:sfgateorganicandhealthyasiastarzなど

☆あり過ぎたら、値打ちなくなるがな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.