環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「ワレワレハ、ヒトリデハナイ」NASAが新たに10個の地球型惑星を発見
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e


 NASAが運用するケプラー宇宙望遠鏡は、今月19日、太陽系の外にある恒星を回る惑星「系外惑星」とみられる天体219個を新たに見つけたと発表した。この中には、地球とほぼ同じ大きさで恒星からの距離が水が存在できる範囲である岩石の惑星が10個含まれている。



 液体の水は生命にとっては欠かすことができない素材である。



 「重要な問いは、『我々は独りか?』というものです」とケプラープログラムの科学者マリオ・ペレス氏は説明する。



 「多分、今ケプラーが間接的ながら伝えていることは、我々は独りではないということでしょう」

独りじゃないって素敵なことね?



 ケプラー宇宙望遠鏡は2009年にNASAによって打ち上げられた。その目的は地球型の惑星が宇宙において一般的なのか、珍しいのか調査することだ。



 ケプラーが集めたデータの最終的な分析に基づき、今後科学者は『我々は独りか?』という問いに取り組むことになる。地球以外にも生命が存在する可能性を評価する重要なステップである。



3_e


 4年間のミッションで2,335個惑星が発見・確認され、ほかに1,699個の惑星候補が見つかっている。その中で大きさと気温が地球と同程度であるものは約50個ある。



 さらにケプラー以外の望遠鏡による調査も合わせると、太陽系外惑星は3,500個近く存在が確認されている。



4_e


 ケプラーのデータは、惑星が地球のように硬い表面を持つのか、それとも海王星のような大部分がガスでできた惑星であるのかを評価するうえでも役立つ。



 地球のような惑星であれば、生命が発見される確率は高まるだろう。



 これについて、大きさが地球の1.75倍以下の場合は岩石、2倍から3.5倍の場合は海王星のようなガスに覆われている傾向が判明している。



 現時点で、こうした”スーパーアース”や"ミニネプチューン"と呼ばれる惑星は、太陽系内では見つかっていない。しかし冥王星の遥か先に9番目の惑星が存在する可能性が示唆されており、その探索が行われている。



via:.nasa/aljazeera/ theguardian

☆見つけるだけやのうて、実際に行かにゃあかん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.