環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「ウォーター !」月の地下には想像以上の膨大な水があることが再調査で明らかに(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

4_e


 月には、我々が想像する以上の水があるようだ。



 アポロ計画で持ち帰られた鉱物サンプルを再検査したところ、月面の下には膨大な量の水が存在するらしいことが判明した。



 この発見によって月への有人ミッションがこれまでよりもずっと容易になる可能性がある。

アポロが持ち帰った結晶を再調査、水たっぷりあるやん



 米ブラウン大学の研究者は、1970年代にアポロ15号と17号が持ち帰った火山性の結晶の一種であるガラスビーズを調査した。その結果、地球の玄武岩に含まれる量に匹敵する水が発見された。



 『Nature Geoscience』に掲載された研究の中心人物であるシュアイ・リ(Shuai Li)博士は、この類似は月の一部には同じくらい大量の水が存在する証拠であると述べる。将来的な月関連ミッションでは地球から水を持ち運ばずとも現地調達できる可能性があるという。



6_e


思ったより広範囲に水あるやん



 専門家はさらに、インドの月探査機チャンドラヤーン1号が月に光を反射させて撮影した画像を用いて、月面に存在する鉱物の種類を確認した。



 これまで月に水が存在するのは、北極と南極のみであると考えられてきた。しかしこの調査では、月面上に噴出したマグマが結晶化したときに形成される火山性ビーズの堆積物が月面のかなりの広範囲で発見されている。



 NASAのアンソニー・コラプリート氏(研究には非参加)によれば、ガラスに関連した特徴は確かに火山噴火が発生したとき月の内部にかなりの水が存在していたことを告げているという。



1_e0


激化する月面開発競争



 近年、史上初の有人月面基地の開発競争が過熱してきている。



 4月、欧州宇宙機関は「ムーンヴィレッジ」計画について中国と提携する旨を発表。ムーンヴィレッジは3Dプリンターで作られる月面前哨基地群で、将来的に火星への中継地点として機能することも考えられる。



 本ミッションの地上での作業は11月に開始される予定だ。11月には中国が岩石や土壌サンプルを採取するため月に探査機「嫦娥5号」を送り込む計画もある。





Water on the Moon, Loads of it !!!

via:nature / theverge / mericaspace

☆中国人月に行かせてはならん!

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.