環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

人類が未知との遭遇を果たせないことについて考えられる12の理由
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e3


 1950年、昼休みに交わされた高尚な会話がその後数十年にわたり続けられている宇宙探査の舞台を開演させた。



 イタリアの物理学者、エンリコ・フェルミ博士が同僚に持ちかけた論点とは次のようなものだ。



1つ、銀河は非常に古くかつ広大で、無数の星々が存在し、おそらくはそれ以上に居住可能な惑星が存在する。1つ、つまり高度な文明が発達し、銀河で繁栄するうえで十分以上の時間があったはずだ。



……なのに彼らが見つからないのはなぜか?


 このシンプルだが、重大な問いかけはフェルミのパラドックスと呼ばれており、今日でも高名な学者の頭脳を悩ませている。



 なぜ地球外生命体と遭遇できないのか?その理由として考えられる12の説があげられていた。君はどの説が納得できる?あるいはそうあってほしい?

1. 異星人などいない



  異星人などいないのだ。銀河には無数の星々が存在し、ハビタブルゾーンに400億個もの地球サイズの惑星があることを考えると、ほとんどありえないように思えるにもかかわらずだ。我々は孤独なのかもしれない。





2. 我々の近くに知的生命体がいない



 生命は存在するかもしれないが、微生物のような宇宙的な観点からは”大人しい”動物なのかもしれない。





3. 知的ではあるが高度な技術がない



 天文学者は電波望遠鏡で夜空に耳を傾けている。ゆえに異星種が電波を発していなければ、その存在を知ることはできない。



1_e1


4. 知的生命は自滅するので遭遇できない



 大量破壊兵器、環境汚染、人工ウイルスといった原因によって、知的な種には自滅する傾向があるのかもしれない。ゆえにつかの間しか存在できない。





5. 宇宙は危険な場所だから



 数十億年という宇宙のタイムスケールで見た場合、生命はつかの間の事象なのかもしれない。たった1つの小惑星、超新星、ガンマ線バースト、太陽フレア――これらがすべてを奪い、生命を宿した惑星を不毛の地にしてしまう。





6. 宇宙が広すぎるから



 天の川だけでも10万光年に広がっている。知的生命が集中した信号を放ったとしても、その速度は光速に限られており、まだ地球に到達していないのかもしれない。



5_e2


7. 観測期間が短すぎる



 80年。異星人の電波を検出できる電波望遠鏡で観測をした時間である。異星人を本格的に探し始めてからなら60年だ。ちっとも長くない。





8. 適切な場所を観測していない



 前述したように宇宙は広大だ。信号に耳を傾けるべき場所は無数にある。その信号の発生源の方向へピンポイントで耳を傾けない限り、それが聞こえることはないだろう。



 それは、使用されている周波数を知らないままに2兆5,000億チャンネルもある市民ラジオのリスナーへ向かって語りかけるようなものである。きっと根気よくチャンネルを合わせ続けるしかないのだ。





9. 異星人のテクノロジーが発達しすぎている



 地球では電波を用いた技術が一般的だが、はるか彼方にある異星人の社会ではそんなものはとっくに卒業して、例えばニュートリノ信号のような、もっと高度な通信テクノロジーを使用しているのかもしれない。我々はまだそれを解読できないのだ。



3_e2


10. 誰も発信していない



 案外異星人はみんな聞き耳を立てているのかもしれない。我々地球人と同じようにだ。狭い周波数で強い信号を夜空へ向かって発信するごく一部のけちな試みを別にすれば、我々は宇宙の中の自身の存在をほとんど宣伝してない。



 テレビやラジオの電波だってせいぜい0.3光年も離れれば検出できなくなることだろう。そんな距離では、太陽系の最果てすら越えることができない。





11. 意図的に接触されていない



 地球では、先住民との接触に関してルールが存在する。我々も同じように扱われている可能性がある。スタートレックのように、高度な異星人社会は、一定程度の高度技術や文化的進化を遂げた種でない限り、接触を禁じているのかもしれない。





12. すでにここにいるが、我々は気がついていない



 考えにくいことだが、陰謀論的にはありだ。可能性が低いとはいえ、政府が異星人の存在を隠すということはありえないことではない。



 ほかにも異星人が地球にまぎれ込み、実験室のマウスのごとく人類を観察しているという可能性も考えられる。


☆同時に存在して、同じレベルの知識で会うのは不可能だろう!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.