環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

人体冷凍保存技術がまた一歩前進。脳と人体を人工冬眠状態で保存できることを証明(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e16


 アメリカの専門家は脳と人体を人工冬眠状態で保存できることを証明した。



 これまでのところ、ゼブラフィッシュでしか実施されていないが、同様の実験に60年間失敗してきたことを考えれば偉大なブレイクスルーである。


黄金のナノロッドで細胞を温存



 これまでの問題は、冷凍すると細胞が膨張して破壊されてしまうことだった。そのため不凍液を用いるが、それでもなお解凍する段階では問題があった。



 『ACS Nano』に掲載された論文では、「それでも卵黄が大きいサイズだと急速な冷却と加熱が阻まれるため、凍結保存において致死的な氷の結晶が形成されてしまう」と説明している。



 しかし今回のブレークスルーでは不凍液に別のあるものを追加する。



 黄金のナノロッドである。



 極小のロッドを不凍液に追加して、マイナス196度で冷凍されたゼブラフィッシュの受精卵にレーザーを照射する。するとナノロッドがレーザーの熱を伝導して、受精卵が温まる速度をさらに上げる。



 この結果、10パーセントほどの受精卵が生存し、ごく普通に成長を続けることができた。



00_e0
image credit:pubs.acs




人体冷凍保存技術が宇宙進出の鍵に



 これは将来的に人間を永遠に生かす、あるいは少なくともどこかの未来で冷凍保存された人間を覚醒させる技術として用いられるだけでなく、長期的な宇宙旅行でも使える可能性がある。



 人類が太陽系への入植を本格的に進めた場合、長期間孤独な状況に置かれる人々が精神を病むリスクは高まるだろう。



 既存の技術では、火星ですら片道6ヶ月を要する。無人探査機が太陽系のはずれにある冥王星に到達するには9年半もかかる。



5_e9


 宇宙飛行士を人工的に冬眠状態にすれば、食料や水の摂取は必要なく、それ以外の基本的なニーズも抑えられるばかりか(したがって船体を大幅に軽くできる)、精神衛生への悪影響も最小限に抑えることができるだろう。



via:pubs.acs / sott / inverseなど

☆証明されただけか、実験に成功するにはそれなりの時間が必要というこっちゃな!

ただいま工事中ですm(__)m
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.