環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e5


 インド、チャラマの洞窟に残されていた壁画は、宇宙人に遭遇した住人によって描かれたのだろうか?



 人類が文字と車輪を発明した時代に遡るその壁画には、宇宙服らしきものを着ており、顔の表情を窺い知ることができない不気味な人型生物と空飛ぶ円盤が描かれているのだ。



 そして今回、チャッティースガル州考古学文化局がインド宇宙研究機関とNASAにその調査を依頼するという運びになった。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

あまりにも不可解な洞窟の壁画



 インドの考古学者JR・バガット氏によれば、空飛ぶ円盤には三本足と扇状のアンテナがあり、現代の映画に登場するUFOに似ているという。



1_e8
image credit:TIMES OF INDIA


 バガット氏によると、壁画は天然の染料で描かれたもので、推定1万年前のものだそうだが、経年による色あせがほとんど見られないという。



 奇妙な彫刻の人物は武器らしきものを持っているようにも見えるが、顔立ちははっきりと分からない。特に鼻と口が欠けている。



2_e8
image credit:TIMES OF INDIA


 中には宇宙服を着ているように見える人物までいる。



3_e8
image credit:TIMES OF INDIA


付近の村々に伝わる謎の伝説



 さらに興味を惹かれるのは、付近の村々に伝わる小さなロヘラ人(Rohela people)の伝説だ。彼らはかつて丸い空飛ぶ物体から地上に降りて、村人を1、2人連れ去ることがあったというのだ。



 村人の中には現在でもこの古代の壁画を崇拝する者たちがいる。



5_e4
image credit:TIMES OF INDIA


 「この発見は、先史時代の人類が他の惑星からやってきた存在を目撃したか、思い描いた可能性を示唆しています。それは今でも人々や研究者の好奇心を掻き立てています。さらなる発見のために徹底した調査が必要ですが、残念なことにチャッティースガル州にはそれができる専門家がいません」とバガット氏は語る。



4_e5
image credit:TIMES OF INDIA


 そういった流れでNASAに調査を依頼したというのだが、NASAは常に今を見ている。



 地球外生命体の存在を前向きに調査しているNASAは、現在、火星で流水が発見されたことを受けて、火星に生命が存在する可能性を調査している。また宇宙人が潜んでいそうな候補地として、冥王星や木星の衛星エウロパも挙げている。



 地球にはすでに宇宙人が訪れていると信じる人は大勢いるが、果たしてNASAはこの依頼を受けるのだろうか?





Indian Archaeologists Seek Help from NASA to Investigate "Paintings With Extraterrestrials

References:UFOvni2012 / dailystar/

☆一万年前だったから助かったかもしれん!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.