FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

土星の衛星「タイタン」こそ人類が探すべき地球外生命体がいるかもしれない(米研究者)


artmatic-73182_640_e


 夏になると雨が降る。液体がその季節ならではの風景を作り出し、湖や海だって広がっている。



 地球のことではない。土星最大の衛星タイタンのことだ。雲が形成され、それが雨を降らせ、地表を液体で満たす。こんな水循環が確認されている天体は、地球を除けば、太陽系でタイタンだけだ。



 それでいて地球とはまったく違う。空から降ってくるのは水ではなく、液体のメタンだ。地殻を作り出し、地表に溢れ出てくるのは、溶岩ではなく、水の氷だ。

北極に雨が降るという証拠



 タイタンの南極に雲があり、雨が降っていることはこれまでも知られていた。そして、そうであるならば、おそらく北極でも同様だろうと推測されていた。



 ところが、どういうわけかタイタンの北極では雨が降るという証拠がなかなか見つけられなかった。



 ついにそれを見つけたのは、米アイダホ大学のラジャニ・ディングラ氏とジェイソン・バーンズ氏だ。



 両氏は、カッシーニが2016年に送ってきた画像を調査していた。そのとき、その北極に以前撮影された写真にはなかった明るい反射が写っているのを見つけたのだ。



iStock-1088482726_e
mustafasen/iStock


大気がある証拠となる濡れた路面の反射



 これを解析した結果、反射が生じたのは、ごく最近雨が降ったからに違いないと結論された。



 それはちょうど雨上がりの道路のようなものだ。路面が濡れればそれだけ光を反射しやすくなって、キラキラと光って見えるだろう。これと同じことが、タイタンの北極でも起きていたわけだ。



 予測されていたことではあったが、タイタンには分厚い大気があるために、それをきちんと証明することはなかなか難しかった。それがついに確認されたのだ。





有機物の海に生命体が存在している可能性



 だが本当に驚くべきは天候ではなく、タイタンに生命体がいるかもしれないという可能性だ。



 タイタンを覆う大気の煙霧粒子は有機化合物でできている。もし水の氷がこうした有機化合物と混ざり合ったとすれば、それが生命を誕生させるということもあるかもしれない。それは大昔の地球で起きたのとまったく同じようなことだ。



 あるいは今この瞬間に生命が形成されている途中という風にも考えられる。



 それは我々と同じく水を基礎とする生命かもしれない。だが液体メタンの海が、地球の水の海と同じ役割を果たしている可能性もあり、現時点ではどちらの線も否定できない。





Titan Touchdown



探査機による調査が待たれる



 生命が存在しない環境の中で、有機物と水を混ぜ合わせたらどうなるのか? そのとき生命分子の形成までどのくらい近づいているのか?



 もしかしたら、それが地球に存在する生物の前身となった分子とまったく同じものという可能性もあるのだろうか?



 様々な疑問が浮かぶが、こうしたことを実験室でシミュレーションするのはとても難しい。だが、宇宙の少し先にはタイタンという天然の実験場がある。



 バーンズ氏は、NASAのタイタン探査機「ドラゴンフライ」のミッションが認可されるのを心待ちにしている。



10_e
NASA


 もし許可が下りれば、ドラゴンフライの打ち上げは2025年、タイタンに到着するのは2034年以降となる。



 いよいよ未知との遭遇となるか?その答えは15年後以降だ。



References:University of Idaho scientists are learning more about what makes Titan so Earth-like, and why it could contain life/

☆どうせしょうもない微生物とかだろう!病気持ち帰らんといてくれよ!!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
スポンサーサイト



Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.