FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

33億年前の火山岩から宇宙が起源の有機体が発見される(南アフリカ)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

0_e


 南アフリカに横たわる33億年前の岩石の中から、宇宙が起源とされる有機分子が発見されたそうだ。



 メタンからアミノ酸まで、有機分子が宇宙に存在することはすでに知られている。そして、おそらくそれらのいくつは炭素を含む隕石に乗って地球に持ち込まれたことだろう。



 だが今回発見されたものは、そうした地球外分子のサンプルとしては最古のものである可能性があるという。

火山岩の堆積層から地球外の有機分子



 南アフリカ東部とエスワティニ(旧スワジランド)にかけて、マコニワ山脈やバーバトン緑色岩帯と呼ばれる小さな山脈が横たわっている。



 そして、そこにある7~20メートルも堆積した33億年前の火山岩層を「ジョセフダル・チャート(Josefdal Chert)」という。

 

 『Geochimica et Cosmochimica Acta』に掲載された研究によると、その火山灰の層の間には、火山活動があまり活発でなかった時期に積もった、どこか岸辺のように水の影響を受けたような炭素の層があるという。



 研究チームは、そこで採取された切手くらいの大きさのサンプルを薄くスライスして、そこにある電子がゆっくりと変化する磁場にどのよう反応するのか確かめてみた。



 するとスライスの中からいくつか異なるシグナルが発見された。そのほとんどは地球上で見られる炭素シグナルだったが、スライスの1枚からは炭素を含んだ隕石(つまり有機物)を思わせるシグナルが見られた。



1_e0
バーバトン緑色岩帯の衛星画像:NASA


いかにして33億年を耐えたか?



 そこに地球外を起源とする物質があったこと自体は驚きではない。現在でもそうであるように、古代の地球でも、小さな隕石が落下して、有機炭素分子が持ち込まれることはあっただろうからだ。



 やや意外だったのは、33億年が経過しているというのに、こうした物質がいまだに検出できるだけ十分に残っていたことだ。



 その説明として、おそらく隕石が衝突して大気中に塵の層を作り出し、それが落ち着いてから解析された地層が形成されたのだろう、と仮説が立てられている。





Extraterrestrial Organic Matter Discovered In 3.3-Billion-Year-Old olcanic Rock



地球外生命の痕跡なのか?



 これはたった1つの証拠に過ぎないし、33億年前に堆積した文字通りの分子というわけでもない。それでも、こうしたものがあるのだと知っておくことは重要だ。



 研究者たちは、火星をはじめとする他の惑星にかつて生命が存在したのではないかと調査を進めている。すべての生命体は主に水と有機物で構成されているために、彼らもまたこれらを探している。



 注意が必要なのはこの点だ。隕石が作り出した堆積物に有機物が含まれているのならば、それが生命の痕跡に見間違われる恐れがあるのだ。



 したがって生命の痕跡を探す研究者は、それが隕石に由来するものなのか、本物の生命の痕跡なのか、きちんと見分けなければならないということだ。





パンスペルミア仮説なら?



 だが別の考え方もあるかもしれない。それは、こうして隕石によって運ばれてきた有機物が本当に生命の起源だったという可能性だ。



 これを「パンスペルミア仮説」という。



 この仮説は、有害な宇宙線が飛び交う宇宙空間に生命のタネが存在するはずはないと否定されてきたが、最近では隕石の中なら宇宙線から守られることや、大気圏突入の負荷に微生物が耐えられることを示した研究もあり、ただの与太話ではなくなってきている。



 いずれにせよ、地球に存在する岩石が、それ自身の歴史の記録であるばかりか、じつは太陽系全体の壮大な歴史の記録でもあると分かるだけでも驚きだろう。



References:Extraterrestrial Organic Material Discovered In 3-Billion-Year-Old Rocks | IFLScience/

☆どっちの説も正しいような気がするが・・・!

格安動画サイトです No.1 \(^o^)/
格安動画サイトです No.2 (^O^)
スポンサーサイト



Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.