環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

iPadを超えられるか!タブレット端末「LuvPad」の魅力をさぐる
アップルの『iPad』の登場により、キーボードがないタブレット端末に各社が注目をし始めた。指タッチによる直感的な操作が可能なタブレット端末により、パソコン市場の新たな分野を開拓しようというのだ。その分野に、マウスコンピューターが一石を投じる。

マウスコンピューターはモバイルデバイス端末『LuvPad(ラヴパッド)』シリーズを立ち上げ、その最初のモデルとして携帯情報端末向けOSの Android 2.2と、NVIDIA Tegra 250を採用した10型Android搭載タブレット『LuvPad AD100』を、9月末より発売より発売すると発表した。価格は、3万9,800円(税込)の予定。

『LuvPad』は、10インチの静電容量マルチタッチディスプレイを搭載したタブレット端末だ。マルチタッチによる軽快な操作、拡大縮小、縦横表示も自由自在に操作可能だ。

通信機能として、IEEE802.11 b/g準拠の無線LANを搭載しているので、家のソファーでくつろぎながら、あるいは外出先で無線LANアクセスポイントを利用するなど、場所を選ばずにメールやインターネットを楽しむことができる。

多くのファイルやデータを保存するために、8GBを通常のストレージ領域として使用でき、MicroSDによるデータ領域の拡張も可能だ。フリック入力やソフトウェアキーボードに対応した日本語IME『Simeji』をプリインストールしているので、豊富で快適便利な日本語環境をすぐに使うことができる。

『iPad』はFlashを利用できないアダルト系アプリはNGなどは何かと制約が多いが、Andorid端末にそうした制約はほとんどない。今回発表する『LuvPad AD100』は、iPadを超える端末に成長する可能性も秘めている。iPadを超えられるか!?

Rocketnews24_46594.jpg

☆ipadはもひとつやったしなぁ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.