環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙に咲く薔薇のよう。渦巻銀河「NGC 3256」を撮影した驚くべき写真
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スクリーンショット-(1446)


 人類にとって宇宙は死をもたらす罠でもある。一度かかったら最後、私たちの脆弱な肉体は無数のブラックホールと有毒ガス渦巻く嵐に切り裂かれてミンチにされそうだ。



 しかもその工程時間は光速よりも短い時間で済むかもしれない。



 だが先月末、そんな恐怖すらどうでもよくなるほど美しい銀河、 ほ座(Vela)にある渦巻銀河「NGC 3256」の画像が科学者によってもたらされた。



 比類なき「宇宙のバラ」と称されネットを駆け巡る魅惑の銀河。ハッブル望遠鏡がとらえたその姿にズームインだ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



Zoom-in on NGC 3256



宇宙の花のようなスパイラル銀河



 上の動画は暗い宇宙に開花したゴージャスな渦巻銀河NGC 3256の映像だ。



top
image credit:youtube


 その光景は地上から夜空に浮かぶ「ほ座」を構成する星々に焦点を当てた視点で始まり、光学望遠鏡の詳細な観測データに基づいて拡大され、欧州宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡がとらえたNGC 3256の画像で終了している。



nowwwjpg_e
image credit:ESA/Hubble, NASA


 宇宙に咲き誇るバラにたとえられているNGC 3256。地球の外に咲き誇るこの銀河は、大規模な銀河の衝突の証でもあるという。





銀河の衝突で生まれた高光度赤外線銀河



 「ほ座」からおよそ1億光年離れた位置にあるその銀河は、およそ5億年前に2つの銀河がぶつかり合って形成された。



スクリーンショット-(1442)
image credit:youtube


 数千億の星団が恒星状天体の群れともつれあって融合し、天の川に匹敵する途方もない大きさの銀河を生み出したのだ。



スクリーンショット-(1443)
image credit:youtube


 なお、NGC 3256は高光度赤外線銀河に分類されている。それは太陽の千億倍明るく、生まれて間もない星たちが育つ場所を意味する。





ガスや塵から生まれる光のショー



 2つの銀河が融合するとき、その星たちが衝突しあうことはめったにない。それらは途方もなく離れているからだ。



 その代わり、2つの巨大な星系のガスや塵が数珠つなぎになり旋回し始め、結合がもたらした驚異的な重力がこの銀河を支え始める。



 その結果、このように白くまばゆい光のショーが開催されるという。



171927web-1jpg_e
image credit:ESA/Hubble, NASA


恒星の一生を教え、宇宙の怖さを忘れさせる銀河



 NGC 3256の中央には1000以上もの明るい星団がみられる。それだけでも驚きだが、それぞれの星のガスや塵のすべてがさらに多数の星を生むという。

 

 そして天文学者はこの特殊な銀河から恒星のライフサイクルを学ぶのだ。



 地球上では息絶えた生物が、他の生物の糧となりその成長を促すが、宇宙で死んだ2つの銀河は結合し、宇宙で最も美しい花々を開花させる。



スクリーンショット-(1445)
image credit:youtube


 しかし油断は禁物だ。いくら息をのむほど美しい「花」を咲かせても、人間の息の根を実際に止めてしまう宇宙の恐ろしさは変わらない。



 きらめく星々にかたどられて渦を巻く見事な銀河。それは画面の向こうだからこそうっとり眺められるのだ。



References:inverse / youtubeなど

☆別に驚かへんねんけど・・・!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.