FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

異星人は気象変動によって滅んだ。人類も同じ運命をたどるかもしれないという研究結果が報告される(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

iStock-665571894_e


 我々が探し求めてきた異星人はすでに気候変動によって滅んでしまったのかもしれない。そして、人類もまた同じ運命をたどるかもしれない。



 とする研究結果が、アメリカ、ロチェスター大学の天体物理学者アダム・フランク教授らの研究チームにより報告された。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

異星人文明の興亡をシミュレート



 『Astrobiology』に掲載された論文では、人為的な気候変動について「1万光年」の視点で取り上げている。



 かつて地球上に実在したが、滅亡してしまった文明を基にした数学モデルを用いて、文明が天然資源をエネルギーに変えるという前提で、様々な異星人文明の興亡をシミュレートした。



 我々人類が築いたようなエネルギー集約的な文明を築いたいかなる若い文明も、物理法則によって、惑星からフィードバックを得ることになる。



 この宇宙の文脈における気候変動を調べれば、今地球に何が起きているのか、これに対してどのように対処するのか大切な洞察を得られるという。



end-time-2310776_640_e




文明がもたらす惑星へのダメージは思った以上に深刻



 その結果は、概ねかなり陰鬱なものだ。エネルギー集約的な文明における一般的な4つシナリオのうち、3つまでが滅亡した。



 生き残れたのは、文明が自らに起因する惑星へのダメージを認識し、それに適切に対処した場合のみだ。



 ただし、正しい行動を起こしたとしても、もたもたしていた場合は手遅れとなり、やはり崩壊する。



hands-864037_640_e




異星人文明の結末、4つのシナリオ



 シミュレーションのモデル作りは、イースター島から始まった。



 イースター島はこうした目的にはうってつけの事例が豊富で、しばしば世界の持続可能性に関する教訓として取り上げられるほどだ。



00


 論文によれば、イースター島の居住者は資源を枯渇させ、それによって飢餓が発生し、文明が崩壊した、と多くの研究から指摘されているという。



 イースター島の人口減少と資源枯渇のモデルから、有限な天然資源に制約された異星人文明の結末には4つの可能性があることが発見された。



1. Die off(大量死)

1_e15
image credit:youtube


 1つめは「Die off(大量死)」のシナリオである。



 文明の人口が短期間で急増し、エネルギーが大量に消費されるとともに、温室効果ガスが排出され、それに応じて惑星の気温も急激に上昇するというものだ(なお本研究における気温は、温室効果ガス汚染が地球の居住可能性に与える人為的な影響から推定されている)。



 しかし気温の上昇によって生存が難しくなるにつれて、汚染速度は突如として減少する。やがて汚染は一定に落ち着くが、その時点でそれまでの人口の一部しか残っていない。フランク教授によると、この種の変化を複雑な技術文明が生き残れるのかどうかはっきりしないという。



2.Sustainability(持続可能) 

2_e15
image credit:youtube


 2つめは、「Sustainability(持続可能)」シナリオだ。



 人口と惑星気温は急激に上昇するが、現在の資源管理では自然への悪影響が大きいと文明が認識した時点で、気温は安定する。



 この均衡に達するには、原油のような惑星に負荷のかかる資源から、太陽光エネルギーのような持続可能な資源に転換しなければならない。これなら文明は生き残ることができる。



3. Collapse without resource change(資源転換なしの崩壊)

3_e15
image credit:youtube




 3つめは、「Collapse without resource change(資源転換なしの崩壊)」と呼ばれるものだ。



 人口も気温も短期間で劇的に上昇するが、このシナリオの場合、基本的資源の枯渇によって人が死に始めると、それまでの住民は絶滅してしまう。文明が徐々に死ぬか、完全に崩壊してしまうかは、環境の感度と人口増の速度による。



4. Collapse with resource change(資源転換ありの崩壊)

4_e14
image credit:youtube


 文明が環境のダメージに気がつき、持続可能資源への転換を図ったとしても手遅れである場合がある。それが4つめの、「Collapse with resource change(資源転換ありの崩壊)」だ。文明は一時的に人口減少を停滞させることができるが、結局は滅亡する。





手遅れになる前に



 持続可能な未来と滅亡とを分けるものは、そこで暮らす者の予測能力だ。



 自分たちが惑星を破壊していることに早い段階で気がつき、それを速やかに行動に移すことができるのか、それが問題なのだ。フランク教授は、人類はこの違いを真剣に受け止めねばならないと話す。



 さあ私たちは今どのシナリオをたどっているのだろうか?





Could Alien Civilizations Predict the Fate of Our Planet?


☆諸説ありやで・・・!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.