FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

不妊と関連するかもしれない、まったく新しい構造の精子が発見される(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e11


 昨今、精子は困難な時代に直面している。1回の射精に含まれる精子の数は年を追うごとに減少し続けている。



 2017年の研究によると、欧米人男性の場合、約40年の間(1973年~2011年)に、精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少したという。



 また、日常的な家庭用製品の化学物質が精子を劣化させているという報告もあった。精子の数の減少や劣化は男性不妊の原因の1つと考えられている。



 科学者はいつの日かそれの代用となるかもしれない人工精子を開発しているそうだが、今回、更にそれに追い打ちをかけるような研究結果が報告された。

  

 不妊や流産、出生異常など、あらゆることに部分的に関連するまったく新しい精子の構造が発見されたのだそうだ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

精子に存在する異型中心小体



 生物学の授業で、「細胞の細胞質内にある中心小体という構造が細胞分裂を助ける」と教えられたことを憶えているだろうか。



 アメリカ・トリード大学、トマー・アビドー=レイス氏率いる研究チームが発見したのは、精子には彼らが「異型(atypical)中心小体」と呼ぶ、第二の中心小体があり、いくつもの変わった特性があるということだ。



 まず、両者は同じ機能を有しているが、見た目はまったく違う。



Centriole3D_e
中心小体の三次元構造 image credit:wikipedia/creativecommons


 「異型中心小体の形成と機能における異常は、原因不明の不妊となり、治療方法がない夫婦の根底にあるものかもしれません」とレイス氏は述べた。



 「それはまた初期の妊娠損失や胎児の発育不全においても役割を果たしているかもしれません」





最初から精子の中にあった第二の中心小体



 機能する中心体を作るには2つの中心小体が必要だが、これまで精子が卵子に与える中心小体は1つだけで、受精後に複製されるのだと考えられていた。



 「母親の卵子は中心小体を提供せず、父親の精子で特定されているものは1つだけだったため、受精卵の2つめの中心小体がどこから来るのか知りたいと考えていました」



 「これまで見過ごされてきたのは、構造とタンパク質の組成という点で、既知の中心小体とはまるで異なっていることが原因でした」とレイス氏。



 第二の中心小体は重複されるのではなく、最初からそこにあったのだ。

 だが変わった見た目だったために誰も気が付かなかった。



 異型中心小体は、タンパク質のすべての補足物の小さなセットを保有しており、これによって受精後に完全かつ機能する中心小体を作り出すことができる。



iStock-637414116_e




異型中心小体が必ずしも原因かどうかはわからない



 果たして、この構造が不妊に関する全問題の元凶なのだろうか?



  今のところ先走るわけにはいかない。第二の中心小体は、これまで原因不明だった不妊、流産、出生異常について新しい研究分野となることだろう。



 だからといって、異型中心小体が必ずしも原因であるとはかぎらない。



 研究は『Nature Communications』に掲載された。

References:media.utoledo / nature/

☆見逃しとっただけかい!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.