FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

失われたアポロ計画のデータが回収され、月の温度上昇という40年来の謎が解明されつつある(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

lunar-surface-11088_640_e


 1971年から1977年にかけて、月で実験を行なっていたアポロ計画の科学者たちは、月面で謎の温度上昇が生じていることを発見した。



 ところが、その実験データは1974年以降に行方不明となってしまい、不可解な温暖化現象は未解明の謎のまま残されることになった。



 ところがこの度、アメリカ・テキサス工科大学の研究チームが、そのデータを発見し復元することに成功し、その謎が解明されようとしている。



 どうやらそれは人為的な要因である可能性が高いという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

失われたアポロ計画の「熱流実験」データ



 アポロが月で行っていたのは「熱流実験」と呼ばれるもので、月の内部で熱が失われる割合を測定するためのものだった。



 アポロ15号と17号の宇宙飛行士は、月面に2.3メートルの穴を掘り、その7ヶ所で温度を測定することを計画した。



 これは長期的な実験で、宇宙飛行士が帰還したのちも計測機器は残され、地球にデータを送信し続けた。



 アポロ15号が計器を設置した場所では1971年7月から1977年1月にかけて、アポロ17号の場所では1972年12月から1977年9月にかけて、月面と地下の温度が測定された。

 

 送信されたデータはテープに記録され、米国宇宙科学データセンターで保管されたのだが、そこに1974年12月以降のものはない。



 これ以降もテープへの記録は行われていたのだが、それがデータセンターに届けられることはなかったのだ。



 だがこのデータは大いに関心を集めた。保管されていたテープは、1971年の実験開始以降、穴のどの深さでも温度が上昇していることを示していたからだ。



moon-vehicle-67521_640_e
アポロ17号





失われたデータはワシントン国家記録センターにあった



 2010年、テキサス工科大学の研究者が驚きの発見をした。



 ワシントン国家記録センターに隠れていた440本の行方不明だったテープである。テープは1975年4月から6月のもので、全体の10パーセント未満でしかなかったうえに、劣化が激しかった。



 それでも、それから8年がかりで、いくつものデータ回収テクニックを駆使して、テープの修復が試みられた。その努力は報われ、ついにデータのほとんどを復元することに成功した。



 テープの残りは現在も失われたままだ。しかし月惑星研究所のチームによって、その一部を補うものが発見された。1973年から1977年にかけて計測機器が読み取った温度を含む、数百もの週間ログである。



13_e2
アポロ15号





1973年から1977年まで月の温度は上昇を続けていた



 復元したデータによると、計測実験が終了した1977年まで月の温度はずっと上昇し続けたようだ。



 また月面に近いほど、温度上昇が著しかったことも示されていた。浅い場所であるほど熱が早く届いていたことから、それは月内部から放射されるのではなく、月面から降りてきていることが窺えた。





月の温度上昇は宇宙飛行士がもたらした可能性



 研究チームの考えでは、宇宙飛行士によって月面の土が撹乱されたことが原因だという。



 「最近得られたルナー・リコネサンス・オービター・カメラによる2つの着陸地の画像は、宇宙飛行士の歩いた表土が暗くなり、アルベドが下がったことが示されている」と論文で述べられている。



 「宇宙飛行士の活動の結果として、表土の太陽熱吸収量が平均よりわずかに上がり、それが温度の上昇につながったのだと提案する」

 



 つまり、月面を宇宙飛行士が歩いたり、探査車が走ったりした時、表土がひっくり返り、その下にあった黒い部分が露出する。この部分は光をあまり反射せず、それどころか吸収する。このために太陽の熱が吸収され、月面の温度が数度上昇したのである。



1_e22




人類が月に行くことは月に何らかの影響をもたらす



 この発見は、人類は月に影響を与えることなくそこに到達することができない可能性を示唆している。また実験を行う際の観測者効果を常に考慮せねばならないという注意喚起でもある。



 機器を設置するというプロセス自体が、計測したい場所の表面の熱環境を乱したのかもしれない、と主執筆者のセイイチ・ナギハラは話す。将来的に月に設置される次世代の機器は、このことを念頭に設計されるだろうとのことだ。



 研究は『Journal of Geophysical Research: Planets』に掲載された。



References:agupubs.onlinelibrary / blogs.agu/

☆中国人だけは絶対に行かせてはならん!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.