FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

背徳の愛?イルカとクジラの交雑種が発見される(アメリカ・ハワイ)
Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m

0_e0
image credit:Kimberley A Wood/Cascadia Research


 ハワイ諸島で実施されたクジラとイルカの遺伝子調査から、これまで見たこともない交雑種が発見された。イルカとクジラが愛し合って生まれたハイブリッド種である。



 カズハゴンドウクジラとシワハイルカの交雑種が確認されたのは今回が初めてである。



 何て呼べばいいのだろう?クジラルカとかイルカジラとかかな。


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

海洋軍事訓練の為の生態調査で発見



 2017年、カウアイ島にある太平洋ミサイル試射場での潜水艦訓練を行う前に、米海軍はカナダの海洋学者を招き、周辺に生息する固有生物の調査を依頼した。



 カズハゴンドウの群れを発見した彼らは、そのうち2頭に発信機を取り付け、その行動を観察することにした。



 するとその1頭について興味深いことが判明した。カズハゴンドウではなかったのだ。とは言え、この近辺でよく見られるシワハイルカでもなかった。



 不思議に思った研究者がこの個体から組織を採取しDNAを解析したところ、そのどちらでもなく、同時にその両方であることが判明。交雑種だったのだ。



カズハゴンドウと共にいたカズハゴンドウとシワハイルカの交雑種


同じ科ではあるが交雑を確認したのは初めて



 どちらの種もマイルカ科に属しているが、研究レポートは両種が交雑することは珍しいと述べている。



 マイルカ科としては3番目の事例で、カズハゴンドウとシワハイルカとの間では初の事例だという。



カズハゴンドウ

iStock-919454924_e
ゴンドウクジラに良く似ている。カズハゴンドウ属に属するのはカズハゴンドウのみである。英語では「メロン頭のクジラ」と呼ばれているが、実際はイルカの一種で遠洋を好むため、見かけることはあまりない。


シワハイルカ 

iStock-146770579_e
イルカとしては比較的大柄であり、世界中の温帯から熱帯の遠洋に生息する。シワハイルカ属に属するのはシワハイルカ1種のみである。


 それでも、この混血が除け者にされることはなかった。



 GPSでその行動を追跡した結果、8日間で760キロを共に移動し、300メートル以上も潜るなど、きちんとカズハゴンドウの仲間と一緒にいることが確認されている。



 また、常にあるカズハゴンドウと2頭でペアになっていることから、このカズハゴンドウが母親ではないかと推測されている。母親と思われるカズハゴンドウは、シワハイルカと交流する場面もあったという。

References:cascadiaresearch / facebook/

☆動物界でも変な趣味の奴がおるんや!

Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.