FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

A型・B型をO型に。腸内酵素で血液型を変換することができることが判明(カナダ研究)
Youtube版もご覧くださいませm(__)m

iStock-637957146_e


 血液型を変える鍵を握るものが腸の中にあるかもしれない。



 人間の消化管の中に潜む腸内細菌によって作られた酵素を使うと、血液型を決定している糖を赤血球表面から剥ぎ取れることが判明した。



 これまでにもB型をO型に変える酵素ならいくつか見つかっているが、A型・B型の両方をO型に変えられる酵素が発見されたのは初のことだ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

O型血液の需要



 現在最も需要が多い血液はO型だ。なぜなら細胞膜に糖(抗原)がないために、普遍的な献血用血液となるからだ。



iStock-487110088_e


 糖は合わない血液型が混ざると、激しい免疫反応を引き起こす。しかしO型の血液の場合は、誰でも赤血球細胞に対する免疫反応が生じることなく輸血を受けることができる。



 それとは対照的に、A型・B型・AB型の赤血球細胞の表面にはそれぞれ特定の抗原が付いている。



 つまりA型の人はA型かAB型の人にしか献血することができないということだ。あるいはB型の人ならB型かAB型の人にしかできない。



 ならば問題となる抗原を取り除いてしまえば、誰にでも使える普遍的な血液に変えられるということだ。





抗原を取り除き、普遍的な血液に変えられる酵素



 現時点ではそれを実用化できるほど安全かつ効率的な酵素は発見されていないが、カナダ、ブリティッシュコロンビア大学の生化学者スティーブン・ウィザーズ氏らは、その有望な候補を発見したと考えている。



 人間の腸内細菌から抽出されたDNAで作られた酵素を使って、A型とB型の抗原を赤血球細胞から取り除くことに成功したのだ。



iStock-509478124_e




腸内に潜む細菌からDNAを抽出



 酵素の発見にはメタジェノミクスという手法が使われた。細菌を培養するという面倒な作業を行わず、腸内に潜む細菌からDNAを抽出するのだ。



 こうすれば、それら細菌が作り出すあらゆるものの設計図が一気に手に入る。そうして入手されたものの一つが、細菌が動物性の粘性物質mucinのような鋲のような糖のあるタンパク質を消化管の壁からむしり取るのを助ける酵素だ。



 分子の点で言えば、粘性物質は血液細胞抗原にとてもよく似ている。そのため酵素はどちらにも効果を発揮することができる。



 しかも、ウィザーズ氏らによれば、この酵素はこれまでA抗原を剥がすために有望とされてきた酵素より30倍も効果的だ。ついでにシンプルな洗浄によって、抗原を剥がし終わった酵素を簡単に除去することができる。



iStock-594949062_e




実用化の可能性は?



 これまで酵素で血液型を変えた血液を実際に輸血してみる実験が行われてきた。たとえば、2000年の人間を対象とした小規模な研究では、O型か血液型変換血液のどちらかの輸血を行っている。



 しかし、ここで使用された酵素はB型しか変換できず、しかも実用化するには高価かつ非効率的すぎた。



 血液型変換技術で難しいのは、それを安価に行うことである。



 O型が不足しているような特定の状況において、他の血液型を変換し流用できれば便利だろうが、それをどの程度実用化できるかには効率性が関わってくる。



iStock-843146692_e


 病気の拡散を防止するために、献血センターが赤血球細胞を一つの容器にまとめて保存することはない。



 つまり血液型の変換は、その時々で輸血バッグ一つ一つに行わねばならないだろうということだ。これがコストを増大させる。



 しかしウィザーズ氏は、今回の酵素がいずれ実用化される可能性はあると考えている。



 「採血のときにバッグ一つ一つに酵素を入れればいいのです。それだけできちんと役目を果たしてくれます」。今後の予定は、酵素の安全性を確かめるための研究を進めることだそうだ。





Making Universal Donor Blood From Other Blood Types | Headline Science


☆これは、素晴らしい発見じゃ!

Youtube版もご覧くださいませm(__)m
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.