FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

アメリカは中国の宇宙レーザーを回避するため、AIを搭載した高性能人工衛星を開発しようとしている
Youtube版もご覧くださいませm(__)m ← クリックしてね!

格安AV集をどうぞ! ← クリックしてね!

satellite-1820064_640_e
Image by PIRO4D on Pixabay


 米空軍関係者によると、アメリカは、中国が開発中の宇宙空間をも射程圏内に入れてしまう高性能レーザー兵器に対抗するために「撃ち落されない」AI(人工知能)を搭載した高性能人工衛星を開発しようとしているという。



 撃ち落とされないだけではない。もしレーザーで攻撃された場合に備えて、武装型衛星も視野にいれているという。 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【コピペでVTuber】

CGキャラクターがYouTuberであるものをVTuberと呼びます。

なんとコピペでVTuberになる方法があるのです!

動画作りは簡単で面白い!                           

どういうことなのか?


↓ ↓ ↓ クリックしてね (^O^)
https://link.iroas.jp/d9ba175d

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

防御だけでなく攻撃も視野に入れた人工知能搭載型衛星



 米軍関係者によると、この人工知能搭載型人工衛星は、地球を回る衛星に「戦うチャンスを与える」ためのものであるという。



 またDefense Oneによると、米空軍は更に対抗策として武装型衛星を作ることも視野に入れているという。



 空軍宇宙軍団の企業戦略推進部を統括するマイケル・ディッキー氏は、新しい衛星についてこう述べている。



私たちは自分が開発する衛星に自衛能力を持たせてあげたいのです。せめて戦うためのチャンスを与えるのです。これらの開発は着々と進んでいます


 同じく空軍宇宙団のミサイルシステムセンターを統括するコロネル・ラッセル・ティーハン氏も、「今、私たちが力を入れているプロジェクトの一つです」と情報の信憑性を証明してくれた。



1_e
photo by istock


宇宙間レーザー問題にどう対処するか?



 中国では、スペースデブリ除去という理由で、レーザーを利用したASAT(衛星攻撃兵器)プログラムを進めているが、攻撃としての利用も可能だ。



誰かがあなたを撃とうとしているのであれば、その弾道を避けたいと願う事は自然なことでしょう。機動力の高い衛星がこれからは主流になってくるだろうと思っています
とディッキー氏。



 だが、実際に衛星が動ける範囲には限界があるという。



 人工衛星というのは宇宙空間で漂い続ける為、大量のロケット燃料を積むことは基本的にはできない。



 そのため、いくらロケット噴射を行ったところで、およそスローモーションにしか見えない様なゆっくりとした回避運動になってしまうのだそうだ。



hubble-telescope-1347645_640_e
Image by Andrew-Art on Pixabay


 この問題の解決策としてティーハン氏は衛星を「予測し易い軌道」からずらす方法を提案しているという。



 対地同期軌道などがこれに当たるといい、衛星をより素早く動かす事で着弾を未然に防ぐのだそうだ。



 更に衛星に自己修理機能を搭載したり、防御用の腕を持たせたりすると言った可能性についても考えられているという。



References:US creating AI satellites capable of dodging Chinese SPACE LASERS /

☆中国は絶対に信用してはならん!

まずは、資料請求をどうぞ (^O^)
the final

        ↑
     クリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.