環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

アマゾンで最も恐れられている魚、人食いナマズ「カンディル」

クリスマス プレゼント特集 ここをクリックしてね!


1_20101223165739.jpg

 アマゾン川付近で最も恐れられているもの、それはピラニアでもなく、巨大ワニでもない、体長30センチに満たないナマズの一種、カンディルであるということは前にもお話したかと思うんだけれど(アマゾンで最も恐れられている魚、人食いナマズ「カンディル」 )、この映像はそのカンディルの集団が死んだ魚に群がり、口の中から内部に侵入、内側から内臓を食い破って最後は骨だにしてしまうというその瞬間を、ダイバーたちが命がけで撮影したものだそうなんだ。

 カンディルは、アンモニア臭に反応して獲物の体内に侵入するという習性を持っているそうだ。このダイバーもウエットスーツを着てなければ、肛門、尿道あたりを一気に突撃され、今頃はこの魚のようになっていた可能性だってあったわけなのだ。まさに映画「AVP」のエイリアンそっくりな奴なんだけど、間違っても日本の川で繁殖しないことを願うばかりなんだ。

カンディルの群れが魚の体内に侵入し、内臓を食いちぎっている映像


これは体内に入ったカンディルを取り出している手術映像


こちらは、泳いでいた男性がカンディルに襲われ岸に引き上げられた映像なのだけど、衝撃映像なので観覧には注意が必要だよ。


☆怖いナマズや!

クリスマス プレゼント特集 ここをクリックしてね!


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.