環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

通話相手が浮き出る、飛び出す。2015年には通話相手の空間立体映像を見ながら話せる携帯電話が登場する!?
1_20110103172632.jpg

 IBMの予想によれば、2015年には通話相手のホログラム3D画像をプロジェクトできる携帯電話が登場するかもしれないそうだ。映画スターウォーズで R2-D2が、記録したレイア姫の空間立体映像がまるで本人がそこにいるかのように語りかけるシーンがあったよね。あの世界が現実になるかもしれないというのだからかなりの期待感なんだ。

ソース:2015年には、ホログラム画像を見られる携帯電話が登場する? - スラッシュドット・ジャパン

 「未来の技術を予想する」という調査をIBM所属の研究者3,000人を対象に行ったところ、2015年には通話相手のホログラム3D画像をプロジェクトできる携帯電話や、現在主流のリチウムイオン以上にエネルギー密度が高い物質を使用し外気を「吸って」充電するバッテリーが登場することになるだろう等、大胆な予想が発表されたそうだ。

1_20110103172809.jpg

 IBMのAlmanden研究所のJosephine Cheng副所長は「これらはすべて、IBMカルチャーの革新性と、世界の最も重大な問題を解決しようとする姿勢を表したものである」と話している。

 夢物語のようにも聞こえるが、どの予想も、既にIBMで進行中のプロジェクトがもとになっているそうだ。また実際、IntelとNokiaは3Dディスプレイに注力しホログラフィック・インターフェイスの開発を行っている。

 iphoneでもホログラム3D映像が5年以内に開発されるとして、サンプル映像がアップされていたよ。:Apple's iHoloPhone



 自分の分身がどこでも瞬間移動できるみたいで、すごく楽しそうだけど、ちょっとした変装をして等身大に映すことができたら、世界中からの幽霊目撃情報が増大しそうな気配感なんだ。

関連動画:スターウォーズでホログラム誤作動


☆身振り手振りで話すの、日本人が使うかなぁ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.