環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

どんな未知の言葉でも160回以上聞くことで覚えることができる!?(英ケンブリッジ大研究) 記事データ
1_20110103184251.jpg

 英単語がどうしても覚えられられない、AKB48の全員の名前がわからない、ポケモンが全部言えない、そんなおともだちに朗報かもしれないニュース。

 英、ケンブリッジ大学の脳神経博士ユーリ・シュティロフ博士が率いる研究グループは、このほど「約15分間、繰り返し160回聞くことで、どんな言語の言葉でも覚えることができる」という研究結果を発表した。160回以上同じ言葉を聞くと、脳内にその言葉を記憶するための新たなニューロン回路が形成されるのだという。
 
ソース;Can't learn a foreign language? Not true, say scientists - Telegraphどんな言葉でも160回聞けば覚えられる

 研究グループは、6人の被験者に既知の言葉を聞かせ、脳内で発生する神経パルスを記録し記憶痕跡を記録。その後、まったく聞いたこともない、架空の言葉を繰り返し聞かせる実験をした。

 その結果、14分の間に繰り返し160回聞かせた結果、その記憶痕跡は既知の言葉の痕跡とほぼ同一になったという。

ニューロン画像
558392d2.gif

 同じ言葉を短時間に何度も聞かせるという手法は、本来、失語症の治療や、脳卒中患者のリハビリとして使われるものだが、この方法はそういった疾患を持つもののみならず、一般の人にとっても非常に有効であることが判明したのだ。

1_20110103184437.jpg

 スポーツが好きな人は、特に意識しなくても応援する選手の名前やチーム名を覚えているし、マニアはそのジャンルに特化した複雑な名前をすべて覚えている。生き物マニアなら生物の名前、武器マニアだったら武器の名前などもそうだ。

 これは、好きだから未知の言葉でも、舌を噛みそうな言葉でも、何度も繰り返し何度も見ることで脳が記憶してしまうわけで、ニューロンが新しいネットワークを形成した結果なのだ。

 ということで、何か新しい言葉や言語を覚えたい場合、最低160回は連続で聞いてみるといいと思うんだ。ただし、あまり関心のなかったものから徐々に忘れちゃうのも、脳の重要な働きのひとつであるんだけどね。

1_20110103184509.jpg

 というか私の場合、肝心なことは覚えられないのに、どうでもいいことばかり記憶してると思い込んでいたんだが、この場合、どうでもよいことを何度も何度も繰り返し見たり聞いたりしてて、大事なことはするっと素通りしてしまっていた結果、とでもいうのだろうか?

☆騙されたと思ってやってみましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.