環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

断崖絶壁に建てられたイタリアの教会「聖コロンバーノの隠れ家」
1_20110110103201.jpg

中世におけるキリスト教では、俗世との関わりを断ち祈りと瞑想に生きることが尊ばれていたため、しばしば人里離れた洞窟や岩壁などに修道院が建てられました。

なかでもイタリア北部にある1319年以前に建てられた「聖コロンバーノの隠れ家」と呼ばれる教会は、絶壁に埋もれるような形で存在しています。

とても人の住めないような佇まいをご覧ください。

1_20110110103246.jpg
場所はイタリア北部トレンティーノ=アルト・アディジェ州にあるロヴェレート。

近くには現在ヨーロッパでもっとも大きな現代美術館の一つである「トレント・ロヴェレート近現代美術館があるそうです。

1_20110110103319.jpg
こんな場所に住むだけでもめまいがしそうですが、いったいどうやって建てたのでしょうか。

1_20110110103358.jpg
上側からのアングル。

1_20110110103423.jpg
川の向かいにあり、夏場は生い茂った木々に囲まれるようです。

1_20110110103449.jpg
聖コロンバーノ(543-615)は、ヨーロッパ各地にケルト系修道院制度を伝えた聖人の名前。

1_20110110103519.jpg
この場所には毒を撒き散らす怪獣の巣がありましたが、聖コロンバーノが退治したという伝説が残っています。

1_20110110103544.jpg
横から見ると断崖絶壁の迫力がいっそう伝わってきます。

1_20110110103608.jpg
入り口付近。

1_20110110103632.jpg
遠目から眺めてもこの迫力、実際に暮らしたらどんなことになるのか想像も付きませんね。

Hermitage of San Colombano

☆よう、造ったなぁ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.