環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

米国で巨大な新種のザリガニが発見される、大きさは通常比の2倍
1_20110123114646.jpg

 ザリガニと言えばアメリカン。もともとは外来種だったアメリカザリガニは、日本で猛繁殖し、いまやザリガニの代名詞となってしまったわけだけど、米テネシー州で、通常のザリガニと比べ2倍の大きさもある新種のザリガニが発見されたことが分かったそうだ。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とイースタン・ケンタッキー大学の研究チームが今月19日に発表したという。

ソース:【Giant crayfish found in Tennessee is new species】

 大きさは胴体部分だけで12センチ以上もあり、通常のザリガニの2倍レベル。触覚部分が短く細い体毛のようなものに覆われており、テネシー川の水深の比較的深い場所の大きな岩の下で発見されたという。

2_20110123114819.jpg

 「現在約600種類いるとされているザリガニの半分は北アメリカで発見されたもの。このザリガニも昨年までは誰にも発見されていなかった」発見者の一人であるイリノイ大学の水生生物学者であるクリス・テーラー氏は語る。

 もう1人の発見者、イースタン・ケンタッキー大学のギュンター・シュスター氏は「毎年、生物学者をアマゾンや東南アジアなど、世界中へ派遣するために多額の資金が使われているが、もっと国内にも目を向けるべき。米国内にも調査が必要な場所は数多く残されている」と語った。

 ということで、日本にも、新種のザリガニ発見の可能性が捨てきれないので、第一発見者になるべく、生物好きのおともだちは目を光らせておくといいかもしれないんだ。

☆第一発見者になったら、何がどうなるんやろ?何かええ事あるんかなぁ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.