環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

未来の地球はどうなってしまうのか、今後1000年の予想図
1_20110228202712.jpg

人口や資源など問題はいろいろ山積みですが、地球の未来はいったい今後どうなっていくのでしょうか。

将来のことは予測でしかわかりませんが、向こう1000年分の世界の推移を予測したものがありましたのでご紹介します。

2010年

* 世界の力の中心地: アメリカ合衆国
* 世界の人口: 6,838,220,132人
* 普及している乗り物: 自動車
* もっとも一般的な住居: 家

2030年

* 世界の力の中心地: 中国
* 世界の人口: 8,295,925,812人
* 普及している乗り物: スクーター
* もっとも一般的な住居: マンション

2050年

* 世界の力の中心地: 中華合衆国
* 世界の人口: 9,404,296,384人
* 普及している乗り物: 原子力スクーター
* もっとも一般的な住居: 収納ルーム

2070年

* 世界の力の中心地: 一番大きな島
* 世界の人口: 5,489人
* 普及している乗り物: アイススケート靴
* もっとも一般的な住居: 雪小屋

2090年

* 世界の力の中心地: 島合衆国
* 世界の人口: 456人
* 普及している乗り物: ロケットアイススケート靴
* もっとも一般的な住居: 雪小屋コンドミニアム

3010年

* 世界の力の中心地: 地球外帝国 M3.2惑星
* 世界の人口: 0人
* 普及している乗り物: ロケット船
* もっとも一般的な住居: 宇宙小屋

なるほどさすがに1000年も経つと、一度は爆発的に増えた人口もかなり減っているのかもしれません。

1000年後どころか来年の予測も難しい世の中ですが、未来の人々がこの予想を見たらどう思うのでしょうね。

lg123.jpg

☆中華合衆国って日本も入ってるんやろか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.