環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

リボンみたいな変わった模様を持つ「クラカケアザラシ」の写真いろいろ
1_20110312202450.jpg
ペンギン?それともパンダ?

白黒の模様を持つこの動物、実はクラカケアザラシと言うゴマフアザラシの親戚で、日本でもオホーツク海や根室海峡などで見られるそうです。

英名は"Ribbon Seal"と言うように、リボンのような帯状の模様が特徴的なクラカケアザラシの写真をご覧下さい。

1_20110312202522.jpg
一瞬ペンギンかと思うような白黒模様。

1_20110312202544.jpg
オホーツク海やベーリング海などの太平洋最北部の海にのみ生息しています(ペンギンは南半球)。

1_20110312202609.jpg
手で描いたように美しいリボン模様。

1_20110312202633.jpg
模様がはっきりしているのは成獣となったオスの特徴で、メスや若年のオスはもっと不鮮明とのこと。

1_20110312202656.jpg
なんと底には足みたいな模様が。もちろん本当の足にあたる場所は尻尾みたいなヒレの部分です。

1_20110312202721.jpg
真後ろから見るとたすき掛けのように。和名のクラカケアザラシは、馬具の鞍(くら)を掛けたように見えることが由来だそうです。

見れば見るほど人がデザインしたような模様ですが、自然って不思議ですね。

Cute Ribbon Seals

☆こんなの、とっくの昔に話題になっていそうなのに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.