環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

【ベトナム】枯葉剤の被害者
1_20110323131134.jpg

枯葉剤は、ベトナム戦争の頃(1961年~1975年) 米軍と南ベトナム軍によって
サイゴン周辺やタイニン省やバクリエウ省などに大量に散布されました。
枯葉剤の散布は、マラリアを媒介する蚊や蛭を退治するためとされたが
実際はベトコンの隠れ場となる森林の枯死、およびゲリラ支配地域の農業基盤である耕作地域の破壊が目的であったようです。
枯葉剤には、Agent Orange/Agent Green/Agent Blue/Agent Purple/Agent Pink …など数種類があります。
複数の薬品を混合してバラまき、その際に生成されるTCDDというものが 人体に悪影響を及ぼしています。
ベトナム戦争が終わり、30年以上たった 現在でも、50万人ほどの子供が犠牲になっているそうです。

1_20110323131320.jpg

2_20110323131320.jpg

3_20110323131320.jpg

4_20110323131319.jpg

5_20110323131319.jpg

6_20110323131319.jpg

7_20110323131408.jpg

ソース
http://bbs.news.163.com/photoview/0HMM0015/4714.html#p=6V6U03HK0HMM0015

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%AF%E8%91%89%E5%89%A4

http://en.wikipedia.org/wiki/Agent_Orange

http://www.agentorange.org.au/

☆何の為にやったかよぉ~わからん滅茶苦茶な戦争やったなぁ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.