環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ロシアで生息が確認されたかもしれない手のひらサイズのミニちまキリン「ピグミー・ジラフ」
1_20110328175235.jpg

 ロシアのSokoblovsky農場で飼育されているという、手のひらサイズのキリンさんファミリー。いっぱい抱っこしていっぱいキスをすると喜ぶけれども、放置している涙を流すという。

 成長しても全長76センチメートル、子どもだと15センチと、まさに手のひらサイズ。餌はきれいな水と木の葉っぱ。週に1度お風呂に入れてあげるだけの手間要らずのミニちまキリンなのだそうだ。

 現在、Sokoblovsky農場のミニちまキリンさんたちのライブ映像が公式サイト上で公開されているよ。運がよければ見ることができるかもしれないんだ。

【Sokoblovsky Farms - Russia's Finest Purveyors of Miniature Lap Giraffes】
1_20110328175349.jpg

Sokoblovsky農場には現在3匹のミニちまキリンがいるという。
1_20110328175424.jpg

ミニちまキリンはCMにも出演するぐらい一部局地的に大人気なのだそうだ。

出演CM映像




 実はこれ、マーケティング会社が作り上げた空想上の生き物なんだけど、こんなかわいいキリンがいたらいいよね。もしかしたら今後の地球環境によってはそうなる可能性も否定できないしね。

1_20110328175629.jpg

2_20110328175638.jpg

3_20110328175645.jpg

☆いい出来じゃ!ほんまにこんなキリンがおると思ってしまいそうじゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.