環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

アマゾン川に棲むピンクのイルカ…生きた化石と呼ばれる珍しい生き物
1_20110416204211.jpg

イルカの多くは海に生息しますが、淡水で生活するカワイルカと呼ばれる種もあります。

今回ご紹介する「アマゾンカワイルカ」はその名の通りアマゾン流域に暮らし、3500万年前の原始的なクジラと同じ特徴を備えていることから、“生きた化石”とも呼ばれています。

1_20110416204243.jpg
体色は暗い茶色、灰色、クリーム色など様々なようですが、やはり特徴的なのは明るいピンク色で、別名にはピンクカワイルカなどピンクの付くものが多いようです。

1_20110416204319.jpg
成長したオスは平均して体長2.8m、体重150kg程になり、カワイルカとしては最大種。アマゾン川の上流から下流まで広範囲に生息しているとのことです。

1_20110416204350.jpg
細長いくちばしのような口も特徴的。川底に生息するカニや小魚を食べます。

1_20110416204416.jpg
通常2頭で行動し、3頭以上で行動することは少ないそうですが、極まれに20頭ほどの大群になることもあるそうです。

1_20110416204449.jpg
2頭が基本というのが、余計に仲の良さを感じますね。

1_20110416204511.jpg
人間と仲良くなることも可能なようです。

1_20110416204534.jpg
ユーモラスな顔ですが、首は柔軟性があって90度傾けることも可能だそうです。

1_20110416204558.jpg
生物学的には古いとは言え、こうして見ると普通のイルカと変わりませんね。

Dolphins from Amazon River

☆このイルカ縁起がいいといわれているらしいが、アマゾン流域の人も縁起をかつぐのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.