環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

猛毒で高温、海底火山噴火口の苛酷な環境の中に生きる神秘の生物たち
1_20120102130129.jpg

 今も猛々しく噴煙を上げるインド洋の海底火山。300度以上の高温の水が噴き出す煙突状の噴出口(チムニー)からは、ブラックスモーカーと呼ばれる、熱水に鉛・銅・鉄などの硫化物が多く含まれ海水と反応してドクドクと黒色の煙がでている。猛毒の硫化物が多く含まれている過酷な環境の中で生きていく生物たちの姿がカメラに捕らえられた。

ソース:Life exists! Amazing deepwater video of volcanic vents in Indian Ocean - YouTube

 太陽の光もまったく当たらない深海の有毒物質あふれる海底火山噴火口に特化した進化を繰り返し、エビ、カニ、カサガイ、フジツボは、海底火山から吹き出してくる各種のミネラルを栄養にして生きているという。生命って凄い!


こちらも海底火山噴火口付近で暮らす生物たちの映像
David Attenborough on Hydrothermal Vents


☆これらの生物に、満腹感はあるのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.