環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

防衛省が対サイバー兵器、攻撃を逆探知し無力化するウイルスを開発中
1_20120115181926.jpg

 防衛省が、サイバー攻撃を受けた際に攻撃経路を逆探知して攻撃元を突き止め、プログラムを無力化するウイルスを開発していることがわかった。これは事実上のサイバー兵器で、2008年から開発に着手し、現在は閉鎖されたネットワーク環境の下で試験的に運用している。

ソース:防衛省が対サイバー兵器、攻撃を逆探知し無力化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 サイバー兵器は既に米国や中国などが実用化しているとされるが、日本では有事法制でサイバー攻撃を想定しておらず、対外的な運用には新たな法解釈が必要となる。防衛、外務両省はこうした事態を含め、法制面での検討を始めた。

 開発にあたっているのは、防衛省で兵器開発を担当する技術研究本部。2008年度、「ネットワークセキュリティ分析装置の研究試作」事業として発注し、富士通が1億7850万円で落札。3年計画で、攻撃監視や分析の装置とともに、ウイルスの開発に着手した。

 攻殻機動隊に登場する攻性防壁を彷彿とさせる技術開発だが、アメリカでは既に2004年より、DoS攻撃やクラッキングに対して「反撃」を行うセキュリティーシステムをテキサス州のベンチャー企業Symbiot社が開発しているそうだが実用にはいたっていない。(wikipedia

 というか予算1億7850万円とかで大丈夫なのだろうか?航空自衛隊が導入予定のF35ですら1機あたり約99億円と考えるとちょっと心配になってきてしまうわけなのだがどうなんだろう。

攻殻機動隊SSS コンピュータウィルス感染シーン


☆日本て、世界から相手にされとるんかいな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.