環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ついに実用化、化学反応で遺体を骨と灰に分解するニュータイプの火葬法「バイオ火葬」
1_20120313064341.jpg

 米フロリダ州セントピーターズバーグの葬儀場アンダーソン・マクイーン・フューネラル・ホームが世界で初めて、従来のガスの炎を使った火葬法に代わる、化学反応を利用した環境に優しい新たな火葬法「バイオ火葬」を提供している。

 新たな方法では、加圧した水と水酸化カリウム、電熱を用い、土葬された場合に遺体に生じる反応と同じような化学反応を進行速度を速めて起こすという。この方法を開発したスコットランド出身の生化学者、サンディ・サリバン氏は、「自然が数カ月、数年かけて行うことをわれわれは、数時間で達成することができる」と述べた。

ソース:米フロリダ州で世界初の「エコ火葬」、化学反応で遺体を灰に(ロイター)

 遺体はまず、大型の洗浄機に似た鉄の機械「レゾメーター(Resomator)」の中に置かれる。その後遺体は薬品の液に浸され、高温の湯を用いて分解処理される。使用される薬品は化粧品や液体石鹸に含まれるアルカリで、全工程に掛かる時間は3─4時間と通常の火葬よりも若干長い程度という。遺体は従来の火葬と同様、骨と灰になって残る。

1_20120313064718.jpg

 骨と灰は骨つぼに入れて遺族に渡され、使われた薬品の液は下水に流される。葬儀場の代表、ジョン・マクイーン氏によると、使用済みの液は「おそらく家庭や病院などから下水処理施設に送られるものの大半と比べて害が少ない」という。

 レゾメーターを米国で販売するマシューズ・クリメーションのトップ、スティーブ・シャール氏は、市場調査では土葬よりも火葬の人気が高まっており、新たな方法は環境保護に関心の高い人にとって魅力的と指摘。レゾメーターの使用で「(従来の火葬と比べ)二酸化炭素排出量を75%削減し、エネルギー消費量も大幅に減らせる」と述べた。

 バイオ火葬の費用は約650ドル(約5万円)と従来の火葬費用約500ドルを上回るが、現在は価格を引き下げてサービスを提供しているという。

CG映像でみる遺体処理の流れ
Florida funeral home to employ body dissolving machine


☆灰が残るのが不思議でならん?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.