環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

人種差別は精神疾患、薬で治る可能性(英研究)
1_20120401004833.jpg

 オックスフォード大学の研究者が、心臓病の薬で人種差別意識を緩和できそうな可能性があることを発見した。

 研究では、交感神経の働きを抑えるベータ遮断薬「プロプラノロール」を服用した人と、プラシーボ(偽薬)を服用した人を比べた。すると前者のほうが、人種的偏見を抱く傾向が少なかったと、英インディペンデントが報じた。

ソース:人種差別は薬で治る精神疾患? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 プロプラノロールは、心拍などの自律的機能をコントロールする神経回路に作用する。同時に、恐れや感情反応に関係する脳の部位にも作用する。そのため不整脈や高血圧などのほか、不安やパニック障害などの治療にも使用される。

 今回の研究結果は、人種差別は「恐れ」に根差すものだという事実によって説明出来るだろう――研究を行った科学者たちはそう考えているそうだ。

1_20120401164657.jpg

 差別心は誰にも起こりうる

 研究の中心になったのは、英オックスフォード大学の実験心理学者であるシルビア・テルベック博士。彼女は、「われわれが得た研究結果は、脳内で潜在的な人種的偏見が形成されるプロセスについて、新たな根拠を示すものだ。潜在的な人種的偏見は、平等を心から信じている人の中にも存在しうる。」と語った。

 研究はボランティア参加者18人ずつからなる2つのグループを対象に行われ、一方のグループはプロプラノロールを、他方はプラシーボを服用してから1~2時間後に、「*人種に関する潜在連想テスト(IAT)」を受けた。

 彼らにコンピュータの画面で黒人と白人の写真を見せ、即座に好意的区分か、否定的区分かに分類してもらう実験を行った。するとプロプラノロールを服用した人々の3分の1以上が、「マイナス」の得点を出した。つまり彼らは潜在意識のレベルで、非人種差別主義の方に偏っていた。

 プラシーボを服用したグループでは誰1人として、そうした傾向が表れなかった。

1_20120401164750.jpg

 研究の共同執筆者であるオックスフォード大学哲学科のジュリアン・サブレスキュ教授は、「こうした研究は、われわれが無意識にとっている人種差別的態度は薬で調節できるという可能性を提起するものだ。その可能性は興味をそそるものではあるが、慎重な倫理的分析を必要とする」と、語っている。

 彼はこう続ける。「人間を道徳的により良くすることを目的にした生物学的研究には、暗黒の歴史がある。それに、プロプラノロールは人種差別を治療する薬ではない。ただ、多くの人がプロプラノロールのような『道徳的』副作用のある薬を使っていることを考えれば、私たちは少なくとも、その副作用がどんなものなのか理解を深める必要はあるだろう」

----------------------------------------------------------------------------------------
*潜在連想テスト(IAT)は、様々な社会的対象に対する潜在的態度を測定することができる手法である。潜在的態度とは、人々が意識することができないが所有している態度であり、人々の日常生活における様々な行動に影響を与えると考えられている
----------------------------------------------------------------------------------------

潜在連想テスト(IAT)が受けられるサイトがあるので興味のある人はチェックしてみるといい。

【IATテスト ホームページ】
1_20120401164941.jpg

☆「心の問題です」とか言う、落ちがつきそうやがな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.