FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

遺伝子構造がこれまでの地球生命体と一致しない「新たなる」種の原生生物が発見される(ノルウェー)
1_20120514065810.jpg

 ノルウェーのオスロ大学に属する研究者 Kamran Shalchian-Tabrizi 氏は、ノルウェーの首都オスロから南へ約 30 km にある湖で、藻類を食べる原生動物を発見したと発表した。この湖の泥で生活する微生物の遺伝子配列は、現在、地球上で生きているどの既知の生命体とも一致しない「新しい基礎群」であると見られている 。

ソース:Man's remotest relative and one of the world's oldest organisms found - in the sludge of a lake in Norway | Mail Online
Strange organism has unique roots in tree of life - Technology & science - Science - LiveScience - msnbc.com
"生命の樹" に新たな枝を加える原生生物 | スラッシュドット・ジャパン

 この新しい原生動物「collodictyon」は約 30~50 ミクロンで、細胞核を有する真核生物であるが、遺伝子構造的に動物、植物、菌類、藻または原生生物の主要 5 グループに属さない。原生生物とアメーバという 2 つの異なった特性を持ち、鞭毛を 4 つ持つ点もユニークだとしている。

1_20120514070040.jpg

 「collodictyon」は、1865年以来科学的に知られているが、実験室での培養が困難であるためその構造やしくみに関しては未解明のままだった。約10億年前に進化したものと考えられており、研究が進めば、生物の進化や分岐過程を図示する「生命の樹」に新たな枝を加えるものだとしている。

Collodictyon

1_20120514070159.jpg

 我々地球生命体に新たなる仲間が加わったということだけど、実は良く知られてなかっただけで、本当は我々の大先輩であり、「collodictyon」先輩こそが、地球生命体のルーツのみならず宇宙生命体の謎を解き明かしてくれる鍵となるのかもしれないね。

Collodictyon triciliatum


☆こんなもん、どやって見つけんねん?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.