環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

火星サイズの惑星、地球の間近で偶然発見される(NASA)
1_20120722171830.jpg

 表面がマグマの海で覆われている可能性のある太陽系外惑星が、地球の「すぐそば」で偶然に見つかった。科学者にとって興味深いのは、ほぼ火星と同じというその大きさだ。この惑星は、地球より小型の惑星としてはこれまで見つかった中で最も地球から近い距離にあることになる。

ソース: 火星サイズの惑星、地球の間近で発見 ナショナルジオグラフィック
NASA - Spitzer Finds Possible Exoplanet Smaller Than Earth

 この惑星は、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡を使い、海王星ほどの大きさの別の惑星、GJ 436bを調査していた研究チームによって、ほぼ偶然に近い形で発見された。

スピッツァー宇宙望遠鏡
1_20120722172000.jpg

 この調査データの中に新たな惑星の存在を示すかすかな信号が見つかり、研究チームの所属するセントラルフロリダ大学(UCF)にちなんでUCF-1.01と命名された。

 GJ 436bとUCF-1.01はともに、主星の光量が周期的に落ちる現象を観測する中で発見されたものだが、これは惑星が恒星の手前を通過するトランジットによって起きているものと考えられる。 「見つかったのは地球より小さく、火星よりやや大きな惑星で、その距離は33光年と、少なくとも宇宙的なスケールでは地球のすぐそばと言っていい場所にある」現在はシカゴ大学に所属する惑星科学者ケビン・スティーブンソン氏は語る。

「トランジットが確認できた惑星の中では、最も近い距離にあるものの1つだ。非常に小さい惑星だが、ほかにもこうした惑星が存在する可能性がある」。

UCF-1.01のCG図
1_20120722172037.jpg

 大型の惑星は比較的見つけやすいが、こうした惑星はたいていが巨大ガス惑星で、固い地表や地球のような組成の大気は存在しない。そこで現在では、我々の知るような生命のすみかとなる可能性がより高い、小型惑星の発見に向けた調査が行われている。

Exoplanet UCF-1.01: A Molten World 33 Light-Years Away


 UCF-1.01は直径約8400キロで、その体積は地球の約4分の1ほどだ。また、その公転周期がわずか1.4地球日と極端に短いため、焼け焦げてしまいそうなほど主星に近い軌道を回っていることになる。

 ただし、この恒星系には、UCF-1.02と呼ばれる、第3の惑星が存在する可能性もあるという。もしかしたらそこは、地球と同じような環境で、生命体が存在している可能性がなきにしもあらずなわけで、今後の研究に期待したいところだ。我々が生きている間に。

☆NASAのHPでメール登録はやめましょう!めちゃめちゃきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.