環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

20年以内に人類は不老長寿を実現するだろう(米科学者)
1_20120826201534.jpg

 先日、東京大学分子細胞生物学研究所が、胎児期にしか作られないとされていた脳内の神経細胞を、出生後のマウスで作り出すことに成功したという発表があった(ソース)。

 これにより、神経の再生医療実現へ向けてまた一歩大きく前進したわけだが、世界的に有名な米科学者、レイ・カーツワイル氏によると、20年後の世界はわれわれの想像をはるかに超えており、特に遺伝子とコンピュータ技術の進歩はめざましく、その中のひとつの変化として、科学者はとうとう「不老長寿」の夢を実現するだろうと著書、「The Singularity is Near」の中で述べている。

ソース:Immortality only 20 years away says scientist
科学者:20年以内に人類は不老長寿を実現

 カーツワイルは、「私は多くの科学者たちとおよそ20年以内に、私たちの身体の再生プログラムを可能にできると信じている。私たちは身体の中の石器時代からの遺伝子プログラムを停めて、逆行させることができるようになる。ナノ技術は私たちを永遠に長生きさせるだろう。最終的にナノロボットが赤血球に替わって、赤血球の数千倍の効率でその役割を果たすだろう。」と語る。

レイ・カーツワイル氏(61歳)
1_20120826201803.jpg

 カーズウェル氏の予言は荒唐無稽な話に聞こえる。だが、この予言はひとつの事実に基づいている。技術の進歩は幾何学的な勢いで加速している。彼は「現実的に、技術レベルが2倍に神秘するために必要な時間はドンドン短縮されている。もともと20年で成し遂げられていた技術の進歩が、今は10年、5年でできるようになる。その後、2年半、9ヶ月と加速していくだろう。」という。カーツワイル氏の計算によると、今ちょうど臨界点に近づいており、急激な技術進歩の加速段階を迎えるのだそうだ。

1_20120826201842.jpg

 「25年以内に我々は15分間息をせずにオリンピック・スプリントを行うことができるようになり、酸素なしで4時間のスキューバダイビングで潜ることができるだろう」、「ナノテクノロジーの進歩により精神的能力を拡張することで、数分で本を書くことができるようにもなる」更に夢のような話は続く。

1_20120826201917.jpg

 「我々がバーチャルリアリティモードに入りたい場合は、ナノボットが脳の信号をシャットダウンし、行きたい場所にいざなってくれる。バーチャルセックスは当たり前になるだろう。日常生活で必要とされることは脳内にホログラムでポップアップ表示される。」もうこうなったら人間は、いわゆるひとつのサイボーグ、ターミネーターとなるわけだ。

1_20120826201952.jpg

「私は人工手足や臓器に身を包み、サイボーグ世界を満喫できることを楽しみにしているんだ」とカーツワイル氏は語った。

☆バーチャルリアリティモードを経験するまでは絶対に死ねんねぇ~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.