環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

眠りながら学習する時代がすぐそこに?睡眠学習の可能性にまた一歩近づいた(熊本大研究)
1_20121103181245.jpg

 先日、イスラエルのワイツマン科学研究所が、パブロフの犬」の実験で有名となった古典的条件づけにより、睡眠中の脳の働きを調べたところ、人が睡眠時に新しいことを学習することが可能であるということが明らかになったというニュースをお伝えしたばかりだが(ソース)、日本の熊本大学発生医学研究所の粂和彦准教授(50)と上野太郎研究員(31)が、脳内神経伝達物質のドーパミンが睡眠を抑制する神経回路をつきとめた。

「睡眠・覚醒」をつかさどる神経回路と、「記憶形成(学習)」に関わる神経回路が、それぞれ独立して働くことが判明し、これにより、眠りながら学習できる「睡眠学習」の可能性が新たに示された結果となった。

ソース:睡眠学習の可能性示す…熊大研究チーム : 健康ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
睡眠学習可能に?:眠り抑制と記憶形成の回路は別…熊本大- 毎日jp(毎日新聞)

 上野研究員らが調べたのは、ショウジョウバエの脳に約200個存在するドーパミン神経回路。上野研究員によると、ドーパミンは神経伝達物質の一種で、睡眠や覚醒、記憶形成に重要な役割を果たしている。

 睡眠は、記憶の定着を促す作用があることが知られているが、眠りながら新しい事を学習することは難しいと考えられてきた。学習時にドーパミン神経が活性化すると、活性化したドーパミン神経が覚醒も誘導し、目が覚めてしまうと考えられていたためだ。

1_20121103181529.jpg

 上野研究員らは、ショウジョウバエのドーパミン神経回路のうち、一部だけに刺激を与えた。その結果、

▽約200個のうち一部のドーパミン神経回路が「扇状体」と呼ばれる睡眠中枢を制御している
▽記憶に関わるドーパミン神経回路だけを刺激しても、睡眠に変化はない
▽睡眠に関わるドーパミン神経回路だけを刺激しても、記憶を形成する能力に変化はない

 ということが判明。睡眠や覚醒と記憶形成が別々に制御されることが確認できたという。

 医師でもある上野研究員は「睡眠学習の可能性にかかわる夢のある研究成果。睡眠の仕組みを解明することで睡眠障害に悩む人たちの治療などにつながればと思う」と話している。

 研究成果は14日の英科学雑誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」の電子版に掲載された。

☆何でも良いから、記憶力がほしい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.