環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

時代はバーチャル!プロジェクターとセンサーを利用した人体解剖モデル
1_20121111180402.jpg

 岐阜大学の研究グループは、バーチャル解剖模型を用いた頭部神経支配に関する医学教育素材を開発している。バーチャル解剖模型は、立体的な位置や構造を理解できるため、神経が幾重にも分岐した複雑な顔面神経の構造や表情筋の動きを理解するのに有効であると考えられているそうだ。

ソース:Interactive Virtual Anatomical Model - UniqueDaily.com
Interactive virtual anatomical model using a projector and sensors - DigInfo TV



 この人体模型には、位置と姿勢を検出するセンサが付いており、動かすと画像が一緒に付いてくる。これにより画像と物体を一体化させる。もうひとつのセンサーが付いた覗き窓から覗いている人にとってはこの物体の中に仮想物体が埋まっているように見える。他の人から見ると歪んで見えるが、覗き窓からみると運動視差立体視を伴って埋まっているように見えるという仕組みなのだそうだ。

1_20121111180710.jpg

2_20121111180709.jpg

3_20121111180709.jpg

4_20121111180708.jpg

☆俺には、この装置の価値がわからん!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.