環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

1951年に製造された重さ2.5トンのコンピュータ「WITCH」、61年の時を経て再び動き出す(イギリス)
クリスマスプレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

1_20121125221156.jpg

 原子力研究に使う目的で1951年に製造されたという、当時では画期的なコンピューター「WITCH」を、英国の博物館が修復を行い、再起動させることに成功したそうだ。

 現存していて動かすことが可能なコンピューターとしては、世界最古級だという。

 復元を成功させたのは、ロンドン北部バッキンガムシャー州にある英国立コンピューター博物館で、3年かけて「WITCH」の修復にとりかかり、今月20日に起動させたそうだ。


Harwell Dekatron / WITCH Reboot

 1951年当時、WITCHをはじめとし、世界に十数台のコンピューターが世界に存在していたが、その後同時代のコンピューターは廃棄されたり、解体して再利用されどんどん姿を消していった。その中でWITCHだけがそのままの姿で生き延びてきたという。さすが魔女(WITCH)と名付けられただけのことはある。

1_20121202112115.jpg

 WITCHは、原子力研究用としては1957年の時点で時代遅れになり、教育目的で73年まで利用された後、廃棄を待つ間、一時的に英国立コンピューター博物館が保管していたものを、2008-2009年に博物館のボランティアが「再発見」した。

 現代のコンピューターが「0」と「1」でデータを表現するバイナリという形式で情報を処理しているのに対し、WITCHでは「デカトロンバルブ」と呼ばれる小さな電球のようなランプが壁一面に並び、10進法で情報を処理している。プログラムは紙テープのパンチ穴を読み取る方式で、現代のコンピューターのようなキーボードやモニターも付いていない。

 しかしながら、古いSF映画のようにランプが点滅したり、印刷装置や読み取り装置がカタカタと音を立てたりする様子に、子どもたちや一般の来館者も感嘆の声を上げているそうだ。一周回って逆に新しい感じがするね。

via:boingboing,cnn

クリスマスプレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

☆昔のコンピューターって、こんな感じだったのか!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.