環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ヤギの肺に空気を入れその動きを観察する実験映像
クリスマスプレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

1_20121202160038.jpg

 脊椎動物の器官である「肺」は、空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、老廃物である二酸化炭素を空気中に排出する役割を持っている。ヤギから取り出した肺に空気を送り込み、肺がどのように伸縮するのかを観察する実験映像が公開されていた。

ソース:Inflating Goat lungs - YouTube



 肺は無数の肺胞が集まってできており、呼吸で入った空気は気管を通り、枝分かれして気管支に入っていく。気管支はさらに枝分かれして最後には肺胞につながっていく。

 こちらは豚の肺の動きを調べる実験映像。ヤギとほぼ一緒だね。


肺のしくみについてもう少し詳しく知りたいお友だちは、以下のサイトを参考にするといいよ。

肺の呼吸
1_20121202160532.jpg

クリスマスプレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

☆タバコ吸わんだけってきれいな肺じゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.