環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

これが宇宙のリバイアサンか!太陽の170億倍、型破りの超巨大ブラックホールが発見される
プレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!

1_20121216162148.jpg

 ペルセウス座の方向に2億2000万光年離れた銀河「NGC1277」の中心で、質量が太陽の170億倍もある超巨大ブラックホールを発見したと、米テキサス大やドイツ・マックスプランク研究所などの研究チームが今月29日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 このブラックホールは、テキサス大学につくられたマクドナルド天文台やハッブル宇宙望遠鏡による観測成果で、ブラックホールの観測史上最大規模だそうだ。

銀河NGC 1277
1_20121216162234.jpg

 この銀河「NGC1277」の質量は太陽の1200億倍で、ブラックホールの質量はその14%を占める。ブラックホールの大きさも桁外れで、太陽系の一番外側にある惑星、海王星の公転軌道と比較すると、直径がその11倍もあるという。

Super-Giant Black Hole Discovered | Video


via:thenewstribejiji

 ブラックホールは、光さえも逃れることができないほど強い重力場を作る宇宙で最も強力な既知の力である。理論上の存在であり直接観測は成功していないが、特定のエリアにおいてブラックホールが存在すると想定される場合、理論的に予想される物質の運動に相当する宇宙ジェットや降着円盤、ブラックホールに吸い込まれていく物質が出すと理論的に予想されるX線は観測されていることから、ブラックホールの存在することはほぼ確実と多くの科学者からは見なされている

1_20121216162621.jpg

 生成過程としては、大質量の恒星が超新星爆発した後、自己重力によって極限まで収縮することや、巨大なガス雲が収縮することが考えられている。外部世界との境界は事象の地平面 (event horizon) と呼ばれる。超新星爆発後は、太陽質量の10倍から50倍のブラックホールが生成されると考えられているが、銀河の中心には太陽質量の×106から×1010倍程度の“超大質量ブラックホール” (super-massive black hole) が存在すると考えられている。(wikipedia

☆これが見つかったからちゅ~て、なんやねん!

プレゼントをお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.