環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

魚の脳に写される視覚世界を可視化することに成功(国立遺伝学研究所)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130211100333.jpg

 国立遺伝学研究所川上浩一教授と埼玉大学中井淳一教授らの研究グループは、ゼブラフィッシュを用い、目を通して見た情報が脳へ伝わり、脳内の神経活動がどのように行われているのかを画像可視化することに成功したそうだ。

 今回の研究は、視覚から入る情報に基づいて動物が行動するとき、脳内の認知プロセスでどのような神経活動が生じているのかを明らかにしていくための手助けになるという。

 目から見た情報は、網膜に映った後さらに脳へとその情報が伝えられていく。視覚を認識する脳の領域には、視野全体に対応するように神経細胞が並んでいる。これは「視覚地図」と呼ばれるもので、このような脳の構築様式はヒトや魚など、視覚を持つ全ての動物に共通する特徴である。

 研究グループは、改良をくわえ高感度にした、カルシウム蛍光指示薬"GCaMP"を用いることにより、ゼブラフィッシュ稚魚の餌となるゾウリムシが、稚魚の視界の中で泳ぎ回るときの視覚地図上の神経活動の様子をリアルタイムで観察することに成功した。

神経が活発に活動している場所が光っているのがわかる youtube


 ゼブラフィッシュ稚魚の周囲を餌であるゾウリムシが泳ぎまわると、その動きは眼球の網膜上に投影され、さらに視神経の興奮を経て脳内に伝達され、脳(中脳視蓋)の神経細胞を興奮させる。その様子が、カルシウム蛍光指示薬GCaMPを用いたイメージングによりリアルタイムで蛍光シグナルとして観察された。 

ゾウリムシを追う視線に反応してフラッシュする脳内 youtube


 この研究結果は、米国科学誌「Current Biology」オンライン版に掲載された。
via:geekosystem国立遺伝子研究所プレリリース

☆東大の教授が人間についても同じようなこと言っとったけど、画像可視はまだだったのでしょうか?

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.