環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ついに未知との遭遇を果たせるか?史上初、火星の岩を掘削採取(NASA)
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130224165837.jpg

 火星を探検するお仕事をしている、NASAの火星探査機ローバー「キュリオシティ」が、ついにというかいよいよ本気を出したようだ。火星の表面の岩にドリルで直径1.6センチ、深さ6.4センチの穴を掘り、穴の底から試料を採取したと、今月9日、NASAから発表があった。

火星での本格的な掘削は、1960年代に米露が火星探査を開始して以来、初めてだという。

キュリオシティがドリルで掘った直径1.6センチ、深さ6.4センチの穴
1_20130224170006.jpg

2_20130224170005.jpg

3_20130224170005.jpg

 NASAはキュリオシティのロボットアームの先に付いているドリルを使い、まず2日前に試験を実施。正常作動を確認し、8日に本番に挑んだ。

シミュレーション実験をするキュリオシティー
1_20130224170118.jpg

2_20130224170118.jpg

キュリオシティーに設置されているドリル
1_20130224170157.jpg

 今後、採取した試料を車体の分析装置に取り込み、かつて火星に存在したかも知れない生命の痕跡を求めて、慎重に化学的な成分などを調べる。
1_20130224170233.jpg

 火星は現在は乾燥しているが、数十億年前は水が豊富にあった。地表より下には、かつて湿っていた時代の証拠が未風化のまま残っていると期待される。

 ひょっとしてひょっとすると、未知なる生命体との遭遇を果たせるかもしれないね。解析結果を固唾をのんで待つことにしよう。

 関連動画:火星の表面に金属片らしきものが?


☆人類に害のあるものだけは、持ち帰らんといてね!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.