環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

結局地球は温暖化なのか?寒冷化なのか?
くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_20130303181927.jpg

 地球はミニ氷河期に突入するとか、温暖化が加速しているとか、まるで正反対のような発表が相次いているのはご存じのことと思う。どちらが正しくて、どちらが正しくないというわけでもなさそうだ。

 CO2が増えているのは確実だという。1945年頃までは300ppmだったCO2濃度は戦後になって急増し、2000年には390ppmを記録している。気温の上昇も事実だ。地球温暖化への警鐘を鳴らし続け、2007年にノーベル平和賞を受賞したIPCC(気候変動に関する政府間パネル)」という巨大機関が発表した北半球の平均気温グラフを見てみると、確かに1000年前から気温は上がり続けている。

1_20130303182013.gif

 そしてまた、IPCCは、過去1000年の気温変化に、「人間のCo2排出量」の影響を加えて「2100年までの平均気温」をはじき出し、「最低で1度、最大で6度の上昇」と予測したグラフを作成した。現在の「地球温暖化」論の元ネタが、このグラフなのだ。

1_20130303182056.png

 しかし、アジア各国で自然災害を調査してきた長崎大学の小川進教授(工学、農学)は、このグラフの正当性を疑う。

 「このグラフは1000年前をスタートにしていますが、数万年もさかのぼれば、この数十年間の気温の上昇線より急角度の変動は、何回も現れるんですね。だから、現在の地球温暖化の原因が、人間のCO2排出のため“だけ”といえるのかは疑問です。ちなみに私はタイなどで『地球温暖化が原因』といわれた水害を調査してきましたが、それらの最大の原因は、水利施設の不備や、大工場の乱立による局地的温暖化だったりしたんですよ」

 確かに40万年前までさかのぼった気温変動のグラフを見れば、人間に関係なく現在よりずっと暖かな時期が、地球上には何度も存在している。さらに、20世紀における気温とCO2排出量の変化を並べてみると、人間が化石燃料をガンガン燃やしだす1946年以前から、すでに地球の温暖化は始まっていたことがわかる。

1_20130303182133.png

 そう考えると、地球の温暖化が原因とされる多くの問題も、数々の疑念があがる。例えば、ここ数年の都市部で起きている猛暑。しかし、これは「ヒートアイランド現象」の性格が強く、地球全体の温暖化とは別モノとして考えるべき話だ。

 さらに、南極の温暖化。「南極昭和基地」の今年1月の平均気温は、観測史上2番目に高い0.8度。しかし昨年9月は、観測史上4番目に低いマイナス23.2度だった。長期的な温暖化傾向はないといわれている。

 今年1月のカナダ環境省の衛星画像解析では、北半球の高緯度エリアでは10年間に20%の速さで積雪面積が縮小していることが確認された。しかし一方「ヒマラヤ氷河地帯」は、昨年4月のフランスによる調査でほとんど氷雪は減っていないとわかっている。via:shueisha

1_20130303182232.jpg

 地球の気候は、あまりにも複雑で簡単には予測するのは困難であろう。コメント欄で指摘していただいたように、素人が生半可な知識で挑むと見当はずれなことになってしまう。予測困難とはいえ、研究者らはありとあらゆるデータを元に解析したり、精度を上げる為の努力をおしみなく続けているわけで、それ故に様々な仮説が生まれてくるのだろうと思っている。

コメント欄で補足説明をいただいた。
気象と気候は別物であり、数年間のみの傾向や例外的に発生する気象現象は、気候の変動と強い関連はないとされているそうだ。あるスポーツチームが一年を通じて強いといっても、一試合一試合、あるいは数週間だけを見れば、やけに調子が悪いこともあれば、その逆もあるのと同じ事なのだそうだ。

 温暖化ガスの排出がどの程度温暖化に寄与しているのかという議論について、温暖化ガスのみによって温暖化が促進されているという見方がある一方で、温暖化ガスの寄与によって、地球自身が温暖化を抑えられる分岐点(tipping point)を超えてしまう(あるいはもう超えている)のではという学説もあるという。つまり、多少の温暖化が多少の影響を気候に与えるのではなく、多少の温暖化によって実際には大きな影響が引き起こされ、もはや元に戻ることができない、という可能性があるのだそうだ。この説を研究としてデータを出すことは難しという。

 全ての生き物に終わりがあるように、地球にも終わりはある。今から40-50億年後には太陽が最後の時を迎えると言われており、その時の太陽の膨張により地球は飲み込まれ、跡形もなく消滅してしまうか、公転軌道から外れどこかに飛ばされてしまうだろうと言われている。

 地球が誕生したのが、45億4000万年前(±5000万年) だそうだから、ちょうど人生でいえば中盤に差し掛かったところとも言える。地球もいろいろ大変なので、地球の恩恵を受けながらそこに住む我々も、地球をいたわってあげる心を持つことは悪いことじゃないと思うんだ。

YOUTUBE動画:温暖化?氷河期?


☆結局分からん。お決まりのパターンじゃ!

くだらない雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.